カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
紹介コードで買い物: MIT9501
登録日:
November 08, 2016
iHerbのお客様
評価 #1379
75
私のレビュー
私のレビュー 1-10 件/合計 76
並び替え:

乳化剤不使用。というか旨い。しかしけっこう甘い。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Dec 05, 2016 に掲載 | 認証済の購入

普段、乳化剤不使用の古典的な製法のチョコレートしか食べない(ほぼスイス製になる)。 しっかり原材料が明記されていないせいでこちらで売ってる「The Tea Room」(アメリカ)のチョコを買ってしまい、乳化剤のねっとりわざとらしい口当たりに閉口、改めてその不味さを認識した。 現時点ではこちらの「Alter Eco」(スイス)と「Vivani」(ドイツ)以外、乳化剤不使用のチョコレートはiHerb で扱っていないように見える。 これはビターにもかかわらず乳脂肪も入っており 「ビターなミルクチョコ」または「ちょっとだけミルキーなビターチョコ」的な位置だが、 ビターチョコにしては甘みが強過ぎ、そうでなくても甘さが立ちすぎて若干後口に残る気はする。 が、とにかく口溶けが素晴らしい。口に含んで内心「うお〜っ!」、その名に恥じないスペシャルな口溶け。 カカオの香りとコクとミルクの混合、口溶けがあいまって、これだけでガナッシュ的なスイーツを食べている感じ。 ビター系は口溶けが悪くなりがち(そのため大概の安物ビターチョコレートには乳化剤、さらにココアバター以外の植物性脂肪がたっぷり添加されている)、乳脂肪で滑らかさを出しているにしても乳化剤不使用でこの口溶けは特筆だし、このメーカーの他のシリーズにも大いに期待できる。 他レビュアーさんが「地球食(第3世界ショップ)」のチョコレート(スイス製)の滑らかさを引き合いに出しておられるが、全く同感。 内装にあるカカオ生産者さんのお写真が同一のような気がするので、製造元が同じなのかもしれない。 自分には甘さが前に出過ぎているのが少々難だが、ベルベットの口溶けと香り高さに☆5

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

恐らくなにがしかの外来の菌(酵母)で発酵しています。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Jun 06, 2017 に掲載 | 認証済の購入

かなり蜂蜜ヲタクです。野生種蜜蜂の蜂蜜も複数食べたことがあります。 こちら、届いてしばらくして開けましたがキャップがほとんど閉まっていない状態で表面は白く結晶化、下は茶色く、やや気泡が入った状態で結晶化していました。 味ですが、花の香りは皆無でやや味噌くさい香り、明らかに何らかの外来の菌(酵母)によって発酵している風味です。 生蜂蜜が発酵で気泡が入りクリーミーに白濁するものはよくあります(こちらの「ホワイトハニー」の名称も本来そこから来ていると思います)が、あくまで外来の関係無い菌によるものではないので「花の香りは損なわれていません」。これがどの段階で紛れ込んだ菌によるものなのかは判りませんが、とにかく完全に花の香りを消すほど酷い風味です。 蜂蜜は収穫のタイミングによって水分含有量が違い(蜂が集めてきた花の蜜はもっとゆるい状態、それを羽ばたきで蒸発・濃縮させて貯蓄するので、濃度が上がった時に収穫したほうがドロリとして甘く、糖度も上がって発酵しにくい)、こちらは野生の蜂の巣からハニーハンターが収穫していますから養蜂のように管理した状態で時期を見計らってというわけではないので、諸条件で様々な状態のものになり得ることは了解できます。 「気持ち悪い。棄てました」という低評価がありますが、糖度の高い蜂蜜はほぼ腐りませんし、そこまで神経質になる必要は無い状態(発酵程度)のものでした(水分が多すぎる状態で収穫したもの=濃縮されたものよりカサは増えますから、非・良心的な養蜂家のしゃばしゃばに水っぽい蜂蜜=日本の蜂蜜に多いです、は雑菌が繁殖して腐る場合があります。そうなると「発酵」とは呼べず「腐敗」になります。菌の作用には変わりありませんが人が食べて害か無害かの差です)。 しかし、とにかく「味はかなり悪い」です。自分はあくまで「美味しい蜂蜜」が好きなので、「ワイルド・ローハニーだから」の付加価値だけで美味しくない蜂蜜を選択する嗜好は無いです。実際、今まで食べたワイルドハニーでこんな味噌臭く発酵した風味のものはありません。それぞれの花の香りがするものです。 何に重きを置いて選択するかは人それぞれだと思います。これを全否定はしませんが、リピートは無いです。 (時期によって状態の良いものが入るのかもしれませんが、バクチするつもりもないです)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

砂糖入ってるよ

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Dec 10, 2016 に掲載 | 認証済の購入

初めは穀物の甘味か〜、ふむふむ旨いね、と食べていたが、 「なんか甘すぎね?」後口に残る甘さがヘビーになってきてパッケージ見ると「Cane Suger」 おいおい砂糖入りのスナックはなるべく避けてるんだよチェックしたはずなんだけどとこちらのページ見ると 「evaporated cane juice」物は言いようだな、というか見落としたわ。日本語表記ぷりーず。 味は良いよ。他のアメリカ製スナックより塩気適度でゴマの風味が効いててうまい。 ただ、食べていると甘さがしつこくなってくる。 (昔砂糖中毒で10年かけて白砂糖・黒糖を含め完全に断った。今は緩くしているが、身体的にも味覚的にも量は摂れない) 日にチョコレートひとかけとかで満足する人間にはバリバリ食べるスナックに砂糖はキツい。 砂糖入ってなかったら完璧なのに。もったいないなー。したら売れないのか。 (別の商品でも、ここのページには「evaporated cane juice」とあっても実際の製品には「Cane Suger」とあるものに当たった。「ナチュラルさを演出して砂糖使用を誤魔化しているのか」とも勘ぐる。後で調べたが、米国の「evaporated cane juice」は日本の三温糖や粗製糖にあたる商品で売られているものらしく、そのまんま読むと「濃縮サトウキビ汁」だが実際は未精製糖(日本での表記は黒糖)ではないらしい。詳しい実情は知らないが、とにかく、これやもう一つの表記違いの商品の砂糖は明らかに精製されている=黒糖のような色や雑味は全く無く、後口に残るシャープでキツい精製糖の甘み。今後は「evaporated cane juice」とあってもだまされず、なるべく避けようと思う)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

乳化剤不使用だと思ったんですが。。。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Nov 22, 2016 に掲載 | 認証済の購入

普段は乳化剤不使用の古典的な製法のチョコレートしか食べません(必然的にほとんどスイス製になります)。 こちら、原材料をざっと見て「レシチン(乳化剤)」が入っていないようなので購入。 しかし口に入れると、例の安物の乳化剤入りチョコレートのまったりとしたわざとらしい口当たり。 改めて原材料をよく見て「やられた」と思いました。 主原料が「オーガニックチョコレート」(つまり、ここの会社でカカオバター、カカオマスから一から練り上げたチョコレートではなく、出来合いのチョコレートが主原料。これの原材料は明記されていない)、そして最後に注意書き的に「大豆&スパイス」とあります。 原材料のどこを見ても大豆製品は見当たらず、主原料のオーガニックチョコレートに「大豆レシチン(乳化剤)」が入っているとしか考えられません。 何より口当たりがモロに乳化剤入りのチョコレート(大嫌い)。ちょっとこれは無いなと。 嫌らしい口当たり以外でも、スパイス(特にクローブ)が効きすぎ、カカオのコクはあってもカカオの風味はほとんど飛んでいてありません。 酷評すれば、スパイスメインの甘い茶色い脂の板という感じ。はっきり言って、不味いです。 現時点では、こちらのサイトには箱書きにはある「SOY & SPICES」が省かれています。当方の見落としではありませんでした。 iHerbさんには、製品にダラダラ書かれているアピールの文言の翻訳より、原材料の「正確な」日本語訳を載せて欲しいです。 (掲載写真の箱書きには書かれていないようですが届いたものには明記されています。ちなみにこちらはアメリカ製です)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

濃い?コク?香り?あまり無いけど。。。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Dec 04, 2016 に掲載 | 認証済の購入

「おいしい!おいしい!コクがある」という評価にあおられて買ってみたんですが、 アンバー程度を期待したんですけど、ダークカラーでも色の割に香りやコクはびっくりするほど薄いです。 日本でまずまずのお値段のオーガニックのミディアムクラス(もっと色が薄い)買ってるほうがはるかに風味が良くて美味しい。 うーん、「質より量」って感じ。オーガニックに免じて評価甘くしようかと思いましたが、 ちょっと他の方の評価が甘すぎるので、本当に美味しいものを求めている方向けに厳しめにします。 正直、美味しいメープルシロップのレベルでは全く無いです。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

低糖。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Jan 27, 2017 に掲載 | 認証済の購入

「ハイカカオでヘルシーッ!!!」とかには全く興味が無いので純粋に味覚だけの話、 チョコレートは多少甘い方が美味しいと解った(甘過ぎるのは苦手だが)。 ここのメーカーの『ダークベルベット』のほうがはるかに美味しい(口溶けも比較にならないぐらい良い)。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

(珍しく)気に入った。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Mar 09, 2017 に掲載 | 認証済の購入

パッケージ写真では巨大なスティック状パフに見えるが、実物は◯ルビーの◯ッポロポテト。堅さ(カリカリ)も味もそっくり。 ◯ッポロポテトは日本製スナックの例に漏れず化学調味料・砂糖類たっぷりのジャンクな味付けだが、こちらは「塩・塩化カリウム(ナトリウムを目の敵にしているアメリカが、塩化ナトリウム=食塩の代替に使っているのか、味に深みを出すためか)・海塩」のみで砂糖も不使用。iHerb取り扱いスナックでも砂糖類は言うに及ばず酵母エキス等の怪しげな調味料を使っているものは多い。 「塩辛い」というレビューがあるが、届いたものは極薄味(米国製は個体差が激しい)、塩化カリウム由来だろうかすかな苦味があり、塩だけの味付けではないちょっとあとを引く感じがするがあまり気にならない。 カラフルな野菜由来の色と、色ごとに違った野菜の風味を楽しめる(セロリの香りが強いので、嫌いな人は要注意)。「ポテトチップスの半分の油」と謳っている通り、油気が少なくあっさりしているのも良い。 とにかく砂糖や怪しい調味料が使われていない比較的素直な味は好感触。そこそこ値段はするが、量も相当多い。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

水分が多いココナッツバター

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Oct 03, 2017 に掲載 | 認証済の購入

「クリームココナッツ」とあるので「ココナッツクリーム(ココナッツミルクの濃いバージョン)」と勘違いしている方が多いようですが、全く別物。 こちらはどちらかというと「水分の多いココナッツバター」。「ココナッツクリーム」は「油分の多いココナッツミルク」であってバターのような固形分は入っていません。 12×6×3cmの手のひらサイズの紙箱の中にビニール袋に入ってる状態。 固体分と液体が分かれてますが、気温25℃現在では容器に移して混ぜるとドロリとしてます。 見た目も食べた感じもゆるいココナッツバター。オイル分というより水分が多いようで、コオナッツバターより口当たりも香りも軽め。オイル>バター>これの順でヘビーさが薄れます。個人的に上質のエクストラバージンココナッツオイルでも胸焼けがひどく、ココナッツバターでは胸焼けがほとんど無いんですが、これはさらに軽く、パンケーキやトースト等にバター代わりに使うには、これが一番テクスチャー的にも使いやすいです(ココナッツバターには固形分がボソボソしたものと、なめらかなものがありますが、これは中間くらい。少しザラリとしています)。バターにはオイルにはほとんど無い甘みがありますが、これもふんわりと甘い。総合的にオイルよりこういったバタータイプの方が風味が豊かだし色々使い道があります。お値段と品質を考えても◎。 (ココナッツバターは常温保存可能ですがこちらは「冷蔵しろ」とあるものの冷蔵=カチカチに固まってしまいます。バクチで常温放置したところ、10日目くらいですが、腐敗してません。夏場や諸条件では未知ですけど、自分は常温で早めに使い切ろうと思います)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

香りが弱い。

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Sep 30, 2017 に掲載 | 認証済の購入

『Pure Indian Foods』の発酵ギーが美味しかったので、あれはプラスチックボトルが不満だったし、こちらはガラス瓶、期待して購入してみたんですが、圧倒的に『Pure Indian Foods』の発酵ギーのほうが香りが馥郁として豊か。美味しすぎてむさぼるように消費したんですけど、比べたらこっちは香り半減、「発酵」とは謳ってないからこんなもんなんでしょうか。上品とは言えるので、発酵ギーの香りが「クサい」とか言う方もいらっしゃようなので、そういう方には良いんだと思います。私はこれっきり。リピートするにしてもプラボトルとは言え断然『Pure Indian Foods』発酵ギーです。次はインド産発酵ギーをトライします。ただ、パッケージデザインは秀逸なので、この瓶に気に入りの発酵ギーを入れ替えようと思います。 ★★★『Pure Indian Foods』発酵ギーよりかなり黄味が強い色でした。

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

梱包がひど過ぎる(商品の評価以前の問題)+食味について追記

iHerbのお客様 さんによる投稿。 Dec 03, 2016 に掲載 | 認証済の購入

無造作に投げ込んでいるだけ。重いものも砕けやすいデリケートなものも関係無し。 チップスの袋がぺしゃんこ、カレーペーストの箱が押しつぶされ、一番下にクラッカーの袋(無論砕けている)。。。 これは透明な窓から見える部分が「全部粉末状」で呆然。 クランチ?パウダーだけど? 掲載写真とは別物の状態。 日本的な過剰包装は要らないけど、最低限、品物(食べ物)に対する敬意はあるべきだと思う。 日本で取扱があまり無い(あっても高い)まともな食材が多いから継続して使いたいと思ったが、今後の利用は考える。 普通「開けたら嬉しい」ものだが、ここからの荷物を開けると混沌とした投げやりな仕事振りと実際に被った損害を見て非常に気分が悪くなる。 (欧米から取り寄せはかなりしている。特にデリケートなものは英米圏でも極丁寧な梱包で届く。ここはAma◯◯USA並みの最低ランクの梱包) 追記:基本、味のバランスは良いと思うが、甘過ぎる(当方、10年かけて脱・砂糖中毒、黒砂含め完全に断った。現在緩めてはいるが、甘味を量は摂れない。特に精製糖の舌に残るくどい甘さには過敏。白砂糖を常用している世間一般の人とは「甘さ」に関する感度はかけ離れてはいるだろう)。 このページの表記には、原材料に「evaporated cane juice」とあり、煮詰める前の黒糖のようなものかと想像していたが、 商品パッケージには「Cane Suger」とあり、見た目(全く茶色くなく綺麗な白い見た目)も食べた甘味のキツさも未精製糖とは到底思えない。 米国の砂糖類表記事情に疎いので簡単に調べてみたが、意外に日本の砂糖表記の方が厳密らしく、「サトウキビを直接煮詰めたもの(一切精製していないもの)」しか日本では黒糖とは言えないのに対して、米国はかなりアバウトで様々な呼び名で「ブラウンシュガー」が存在しているらしく、「evaporated cane juice」は具体的には日本の三温糖や粗製糖に当たるもので市販されており、未精製糖というわけでは全くないらしい(三温糖や粗製糖を健康に良いと勘違いしている日本人は多いがアメリカ人もそのようだ)。 とにかく、見た目的にも後口に延々と残るくどい甘さにしてもかなり精製されている砂糖であるのは確か。 この商品以外でもiHerbのページ上では「evaporated cane juice」とあっても製品には「Cane Suger」とあるものに当たった。「表記でナチュラルさをかもし出して砂糖使用を誤魔化している」ように見えなくもない。 今回のことで勉強になった(今後「evaporated cane juice」とあっても「未精製のサトウキビ汁」と勘違いしないで積極的に避けることができる)。 その他の食味は、ペカン・ドライアップルの量は極少なく、シナモンもほのかなので、グラノーラは上品な美味しさがあっても全体に物足りない。そして、白砂糖を含む精製糖を避けている人には確実に甘さはとがってキツい。 (余談だが、70年代のヴィーガン・コミューンのクッキングブックを見て、動物性は一切避けても植物性の白砂糖は山のように使うレシピには驚いたのもだ。それを思い出す、典型的な「アメリカのヘルシー食品」だと感じた)

ご意見をお寄せいただきありがとうございます!

1-10 件/合計 76

1 2 3 4 5