checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

激しくではなく賢く運動するためのフィットネスのアドバイス

著者: ジョーイ・サーマン

記事の内容:


一般的な健康やフィットネスに関する質問や、「より良い健康のため」に摂るべきサプリはどれかという質問がたくさん寄せられます。世間に出回っているウェルネスのトレンドは数多くありますが、これだけ大騒ぎする価値があるものと、実は大したものではないものを見分けるのは困難です。  

 

テクノロジーがエクササイズを行う方法を変える主な要因で、運動パフォーマンスにおける食物摂取の役割について新しいことが次々と発見されていますが、いくつかの栄養素はまさに、スーパースター的存在であるということが証明されました。

 

これからご紹介するアドバイスでコツが分かれば、2020年の今年こそエクササイズの効果がしっかりと得られるようになります。このアドバイスは単なるトレンドではありません。

ワークアウトがさらに厳しく、賢く、短くなります

ウェアラブル技術の人気は上昇を続けています。また、代謝テストや体脂肪スキャナやテストや心拍変動テスト(心拍の間隔を計測)などで、健康の計測可能な要素が数値化できるようになりました。

 

入手できる健康データの種類は増え続けていくにつれ、ワークアウトの個人向けカスタマイズもさらに進んでいます。できるだけ長い時間できるだけ激しく行うというのがこれまでのワークアウトに関する常識でした。このアドバイスに従って過度にトレーニングを行うこと、すなわち酷使によってケガや内分泌かく乱(ホルモンのバランスの乱れ)をはじめとする、良くない結果を招くことになります。最新のワークアウト方法でも懸命なエクササイズが推奨されていますが、各個人の身体に適した強度で効果的なエクササイズをすべきだとアドバイスされています。  

例えば、様々なデバイスを使って心拍変動を追跡してみてください。前日のワークアウトから体がどれだけ回復したのかを把握するのに役立ちます。身体回復が済んでいないと心拍変動の数値は低いままです。つまり、けがを防ぐために休日を設けたり、ヨガや軽度のウエイトトレーニングといった普段より軽いエクササイズを行ったりするべきということになります。

 

このようなデータは驚くほど便利ですが、自分の感覚も頼りにすることもお忘れなく!自分の感覚で体調をチェックして、必要があれば体を休ませてあげてください。

フィットネスと全般的な健康に役立つベストサプリ

バランスの良い食生活のメリットは誰もが知っていることで、体に必要なものをすべて摂取するために色とりどりの様々な食品を食べるようアドバイスされています。このアドバイスにおける問題点は、実行が非常に難しいことです。ほとんどの人には、最適な健康状態を保つために必要なものを、何から何まですべて入手するための時間もお金もありません(私もその一人です)。これが理由でサプリの助けを借りています。

 

どのサプリにも独自の健康メリットがあることは良く知られるようになりましたが、フィットネスにも好影響をもたらします。私がクライアントにサプリを勧めると、私自身はどのサプリを摂っているのか知りたいといつも言われます。これから紹介する4種類が私のサプリリストの上位を占めています。

マカの根

 マカ はアンデス山脈で育てられているアブラナ科の野菜で、ケール、キャベツ、ブロッコリーなどの仲間です。ペルー料理によく使われ、味がかなり強烈なのが特徴です。個人的には料理に使いたくない野菜ですが、エキスやカプセルのサプリでならマカを摂取できます。ちなみに、マカの根を求めてペルーへの旅に出る必要はないのでご心配なく! 

 

摂取の理由はご存じでしょうか。お答えします。

まず、マカが運動パフォーマンスに好影響を与えるということが研究で示されたのが、理由の一つです。精力増強の効果もあるそうで、さらに、フラボノイドが含まれており、うつの感情や不安感の軽減効果を期待できます。マカの血圧を下げる効果に関する研究も行なわれました。 

アシュワガンダ

アシュワガンダ は中東、アフリカの一部、そしてインドに分布している常緑低木で、よくインドの朝鮮人参とも呼ばれています。何百年もの間薬用植物として使われていて、馬の匂いが名前の由来です。「アシュワ」は馬を意味します。

 

インドのアユルヴェーダ医学の重要な薬草の一つと見なされていて、関節炎、便秘、不眠症、ヘビの咬み傷など、幅広い種類の病気やけがの治療に使われています。アメリカでは不安神経症の治療によく使われますが、研究ではアシュワガンダのフィットネスに対する効果も示されています。筋肉の量と強度の増加と体脂肪の減少が期待できると考えられているからです。

 

アシュワガンダには関節炎の症状に効果がある抗炎症物質が含まれているとも言われています。また、記憶力の改善や、「ストレスホルモン」とも呼ばれているコルチゾールの減少に貢献するのではないかとも考えられています。

ロディオラ

次に挙げる薬草を探しに、ヨーロッパやアジアの寒い山へ向かう必要はありません。この薬草のアダプトゲン(トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブ )は身体がストレスに適応するのを助ける役割があると考えられている物質で、 ロディオラロゼア と呼ばれています。ストレスの軽減、運動パフォーマンスを高めるためのエネルギー補給、さらには脳機能のパワーアップなど、ロディオラには数多くの効用があります。エキスや錠剤やパウダーの形でロディオラを摂取できます。

 

ある研究では、慢性疲労症候群の患者100人にロディオラを投与した結果、慢性のストレスや疲労の症状が軽減されたと示されました。被験者は8週間の間1日1回400㎎のロディオラを服用しましたが、生活の質、ストレス、疲れ、集中力に改善が見られたと報告されています。

良い食生活と十分な運動にもかかわらず睡眠に問題がある方は、ロディオラのサプリでよく眠れるようになるかもしれません!睡眠の質に対するロディオラの効果についての研究がいくつか行われました。そのうちの学生を対象にした研究では、プラセボを摂取したグループと比較して、アダプトゲンを摂取した学生は精神疲労の経験が少なく、パフォーマンスが高く、モチベーションの向上が見られ、テストの点数がアップしたと報告されています。

 

運動のパフォーマンスを高めたいですか。ロディオラが役に立つかもしれません。人間が被験者のいくつかの研究では、イベントやワークアウトの前に摂取した際のロディオラのメリットが示されました。ロディオラのサプリは自覚的運動強度の効果を制限する働きがあると考えられています。つまり、疲れを感じずにさらに長時間さらに激しいエクササイズができるようになるかもしれません。ボーナス効果ですね!

フェヌグリーク

グリークと言ってもギリシャ由来ではありません。インド料理によく使われるお馴染みのスパイスです。 フェヌグリーク は様々な症状の治療に使われる植物で、塗り薬としても販売されています。

 

では、なぜフェヌグリークのサプリを摂取すべきなのでしょうか。母乳の量を増やすために使われることが一番多いですが、運動にも効果があると考えられています。いくつかの研究では、増強、身体組成の改善、炎症の軽減、回復のサポートなどが期待できる効果として挙げられています。

 

男性向けのテストステロン増強薬を実際見たことはあるでしょうか。原材料にフェヌグリークが含まれているものがほとんどです。大学生の年齢の男性を対象にした研究では、このハーブには増強効果だけでなく総合的なテストステロンレベルを上げる効果もあったと示されています。また、血糖値の調節、炭水化物耐性の向上、さらにはコレステロール値の安定化などのメリットが期待できるとも報告されています。

 

私のテクノロジーとサプリのリストにあるものをご紹介しました。ぜひお試しください。 

本当に大事なのは常に実行すること

フィットネスや食生活のブームではなく、長寿につながる全体的な健康づくりに役立つと、しっかり証明されたことに注目するよう心がけるようにしてください。

 

では、何に注目すべきでしょうか。日常生活の中でいつも活動的でいられるようにしてみましょう。毎週2~3日ウエイトトレーニングを行ったり、ご家族や親しい人たちと速いペースのウォーキングをしたり、ヨガや瞑想のクラスに通ったりしてみてください。また、加工食品や追加的な砂糖が含まれている食品を避けたり、しっかりと睡眠をとるようにもしてください。このようなことをいつもしっかりと実行すれば、 気分も見た目もよくなり、改善に必要なエネルギーを得られるようにもなります。

 

皆さんの健康をお祈りいたします。

 

参考文献:

  1. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1046/j.1439-0272.2002.00519.x
  2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4411442/
  3. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24931003
  4. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11194174
  5. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25857501
  6. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23439798
  7. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28219059
  8. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10839209
  9. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4590898/
  10. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21261516
  11. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21116018
  12. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11370345
  13. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19781622
  14. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26609282
  15. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2978122/
  16. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4980935/
運動

新米ママに役立つフィットネスのヒント6つ

運動

膝の痛みですか?違和感の緩和にお勧めしたい5つのステップ

運動

医師による天然ファットバーナー総合ガイド