checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

女性の健康 :プロバイオティクスと腸

10月 30 2019

著者:エリック・マドリッド医学博士

この記事の内容 :


平均的な人間には約10兆個の「ヒト細胞」が存在すると推定されていますが、人体はほぼ100兆個の細菌の宿主でもあります。つまり、人体の内側や表面にあるヒト細胞より、細菌や酵母細胞が10倍も多いということです。これら無数の善玉菌は、人体の気道や生殖管の他、皮膚にも見られ、重要な保護的役割を果たしますが、その大部分は腸内に存在します。これらの細菌を有益な状態に保つことは、腸の健康維持のための鍵であり、女性の全体的な健康とウェルネスに不可欠です。 

腸に問題があると思われる女性に多い健康状態 :

  • 酸逆流
  • 過敏性腸症候群
  • 不安
  • うつ病 
  • 膣症 

人は、いかにして体内の善玉菌に害を与えているのか

  • 抗生物質の使用・乱用
  • 制酸薬
  • 糖分の多い食事
  • 単純炭水化物の多い食事
  • 加工食品やジャンクフード摂取
  • 農薬曝露
  • ストレス
  • 座りがちな生活習慣

腸の健康を改善する方法 

腸の健康改善のために心がけたいちょっとした生活習慣が多数あります。例えば、賢い食品選び(発酵食品、プレバイオティクス食品など)や定期的な運動は、健康な腸内微生物叢の維持に役立ちます。ストレスホルモン値が上昇すると有益な腸内細菌が死滅するため、日々のストレスの悪影響を減らす方法を見つけることも腸には効果的です。わずか16時間から48時間以上のファスティング(断食) が消化器系を休ませ、腸の健康維持を助けることも研究で示されています。  

発酵食品・飲料を摂取

  • ケフィアドリンク(自家製ケフィア作りのスターターキットをご用意しています)
  • ザワークラウト
  • 昆布茶
  • キムチ
  • テンペ – 発酵大豆食品 
  • 味噌 
  • キュウリのピクルス
  • 納豆   

プレバイオティクス

プレバイオティクス食品には、オリゴ糖(オリゴは「少数」の意)と呼ばれる特殊な糖質が豊富に含まれています。腸の健康な細菌はこれらの特殊な糖を食べることで、腸の多様な微生物確保を促進します。本質的に、オリゴ糖は体がプロバイオティクス すなわち善玉菌を作るための「食物」です。プレバイオティクスサプリメント で、腸の健康改善も期待できます。

健康な腸で改善する健康状態

消化問題 

2000年以上前に、ヒポクラテスは「すべての病は腸に始まる」と説きました。今日、私達はこの古代の医師の真理を身にしみて実感しています。女性が直面する一般的な消化問題には、酸逆流、腹部膨満、便秘、下痢の他、時には大腸炎や全体的な結腸炎症も含まれます。消化問題がある人は、不安、うつ病、反復感染、さらには自己免疫疾患のリスクが高くなりがちです。 

消化不良

消化不良は、多くの女性が日常的に感じる胃の不快感です。消化不良は、胸焼け、酸逆流、または胃食道逆流症(GERD)を伴うことがあります。これは、主として胃に、場合によっては喉にも、酸のような灼熱感を引き起こします。消化不良は、胃炎も原因となる場合があります。プロバイオティクス が有効と考えられます。

消化不良の症状 :

  • 胃痛または膨満感
  • 腹部膨満
  • 喉に感じる酸
  • 急性または慢性の咳
  • 喘息の症状(酸が肺に噴出するため)

2018年に行われた二重盲検ランダム化プラセボ対照研究では、プロバイオティクスであるビフィズス菌が、胃関連症状の緩和に役立つ可能性があることが示されました。なお、2015年の研究でも同様の結果が示されています。2007年の研究では、発酵乳ケフィアが、潰瘍を引き起こす細菌ヘリコバクターピロリ(ピロリ菌)に感染した患者の酸逆流の症状を軽減するのに役立つ可能性が示されました。 

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)は、男性より女性に多い症状です。IBSは一般に、腹痛、痙攣、腹部膨満が特徴です。 患者の多くは、便秘または下痢に苦しみ、中にはその二つを合わせた症状が見られる場合もあります。 

IBS患者には、リーキーガットおよび複数の食品過敏症が見られるのが普通です。IBS患者は通常、原因となる食物を回避することで改善します。一般的な食物トリガーには、乳製品、小麦またはグルテンを含む食品、大豆、トウモロコシの他、人工甘味料が含まれる場合もあります。 トリガーを排除しても改善しない場合は、プロバイオティクス nの効果が期待できそうです。 

健康な腸で改善する心理状態

不安

一般的な不安は、全世界で1億人以上の女性が抱える問題です。その症状は、多くの患者を衰弱させるほど深刻なものです。一般的な症状として、集中力の低下、記憶問題、持続的な懸念、睡眠困難などがあります。不安を感じる人がうつ病の兆候を示すことも珍しくありません。急性不安発作の最中は、症状が重篤で、非常に恐ろしい状態になることもあるため、多くの女性患者が救急医療機関を受診することになります。 

パニック発作の症状 :

  • 胸痛
  • 動悸
  • 息切れ
  • 主に手、時には足の筋痙攣
  • 切迫した破滅感

ニュージーランドの2017年の研究では、ラクトバチルス 菌株が、新生児のいる女性に多い、産後の不安症状の軽減に役立つ可能性があることが示されました。 

2019年の二重盲検プラセボ対照試験では、プロバイオティクス と抗不安薬の効果が、抗不安薬のみの効果と比較研究されました。その結果、プロバイオティクスと薬剤を服用した被験者は、プロバイオティクスを服用しなかった被験者より不安症状が少ないことが示されました。 

うつ病

うつ病は、生きる喜びの喪失感や悲しみといった感情を伴う気分障害です。うつ病にかかると、心身ともに非常に衰弱することがあるため、社会的引きこもりや薬物乱用、さらには自殺に至る場合もあります。 あらゆる年齢や社会階級・経済的階級で発生し得るうつ病は、世界中で多数の女性が罹患しています。うつ病は、未解決かつ対処困難な問題となった辛い経験や幼少期のトラウマに起因することが多いものです。ただし、明白な原因がなくてもうつ病が生じることがあります。原因が何であれ、医療専門家の助言を仰ぐことをお勧めします。 

食事や腸の健康に加えて、リーキーガットを解消することも、感情的な不安を抱える女性の気分向上に重要な役割を果たします。 American Journal of Clinical Nutrition誌の2015年の研究では、糖分の多い食事を摂取した閉経後の女性は、うつ病リスクが高いことが実証されました。過剰な糖分は健康な腸内細菌を抑制し、有害細菌の増殖を促進することがわかっています。2002年の研究でも、糖分の摂取量とうつ病発症との関連性が裏付けられました。最後に、2014年の研究では、ダイエットソーダを含む甘味飲料の摂取がうつ病リスクを高め、コーヒーの摂取がうつ病リスクを低下させるという結論に達しました。

Nutrition誌に発表された2016年の二重盲検プラセボ対照研究では、プラセボ錠剤と比較してプロバイオティクス がうつ病の症状を軽減するのに役立つ可能性があることが示されました。Nutrients誌の2016年のメタ分析研究でも、うつ病の症状を軽減するプロバイオティクスの効果が示されました。ニュージーランドの2017年の研究では、ラクトバチルス菌株が産後うつ病の症状軽減に役立つ可能性があることが示されました。

膣の健康には健康な腸が有効と考えられます

女性は、膣の健康に影響を及ぼすさまざまな疾病に罹患する可能性があります。それには、イースト菌感染症の他、膣のディスバイオーシス状態である細菌性膣炎が含まれます。これらの疾患は、十代以降の女性に罹患するおそれがあります。

女性の健康な細菌のバランスが崩れて、カンジダ・アルビカンス菌の異常増殖を引き起こすと、イースト菌感染症にかかりやすくなります。その症状には、膣のかゆみ、赤み、炎症、白色のおりものなどが含まれます。抗生物質の使用後や、糖分の多い食事の人および糖尿病患者に多くみられる膣内イースト菌感染症は、4人中3人の女性が生涯に少なくとも一度は罹患するものです。 

細菌性膣炎は、特定の細菌であるガードネレラ膣炎が膣管で異常増殖すると発生します。研究によると、プロバイオティクスのサッカロマイセス・セレビシエおよびサッカロマイセス・ボウラディイは、経口摂取することで膣の健康への効果を発揮し、細菌性膣炎感染の予防に役立つと考えられます。ある2014年の研究では、ラクトバチルス・プロバイオティクスの菌株の効能も期待でき、別の2014年の研究では、女性の健康へのプロバイオティクスの効果が裏付けられ、有害物質は確認されなかったとの結論が出されました。   

参考文献 :

  1.  J Dairy Sci. 2018 Jun;101(6):4830-4841. doi:10.3168/jds.2017-13803.Epub 2018 Mar 21. (Bifidobacterium helps gastric symptoms)
  2.  J Dairy Sci. 2007 Jun;90(6):2630-40. (Probiotics on symptoms of those with h. pylori)
  3. Slykerman RF, Hood F, Wickens K, et al.Effect of Lactobacillus rhamnosus HN001 in Pregnancy on Postpartum Symptoms of Depression and Anxiety:A Randomised Double-blind Placebo-controlled Trial. EBioMedicine. 2017;24:159–165. doi:10.1016/j.ebiom.2017.09.013
  4. Nutr Neurosci. 2019 Sep 13:1-7. doi:10.1080/1028415X.2019.1598669. [Epub ahead of print]
  5. Westover AN, Marangell LB.A cross national relationship  between sugar consumption and major depression?Depression  and Anxiety. 2002;16:118 –120
  6. Gangwisch JE, et al.High glycemic index diet as a risk factor for  depression: analyses from the Women’s Health Initiative.Am J Clin Nutr. 2015;102:454 – 463. 
  7. Depress Anxiety. 2002;16(3):118-20.
  8. Guo X, et al.Sweetened Beverages, Coffee, and Tea and  Depression Risk Among Older US Adults.PLoS ONE. 2014;9:e94715
  9. Nutr Neurosci. 2019 Sep 13:1-7. doi:10.1080/1028415X.2019.1598669. [Epub ahead of print]
  10. Huang R, Wang K, Hu J. Effect of Probiotics on Depression:A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials. Nutrients. 2016;8(8):483.Published 2016 Aug 6. doi:10.3390/nu8080483
  11. Slykerman RF, Hood F, Wickens K, et al.Effect of Lactobacillus rhamnosus HN001 in Pregnancy on Postpartum Symptoms of Depression and Anxiety:A Randomised Double-blind Placebo-controlled Trial. EBioMedicine. 2017;24:159–165. doi:10.1016/j.ebiom.2017.09.013
  12. Sabbatini S, Monari C, Ballet N, et al.Saccharomyces cerevisiae-based probiotic as novel anti-microbial agent for therapy of bacterial vaginosis. Virulence. 2018;9(1):954–966. doi:10.1080/21505594.2018.1464362
  13. Lett Appl Microbiol. 2014 Jul;59(1):93-8. doi:10.1111/lam.12249.Epub 2014 Apr 9.
  14. J Low Genit Tract Dis. 2014 Jan;18(1):79-86. doi:10.1097/LGT.0b013e31829156ec.
健康

初乳 - このスーパーフードは赤ちゃん専用ではありません

健康

N-アセチルシステイン(NAC)とメンタルヘルスについての研究でわかったこととは?

健康

子供達のための健康的な夜の習慣