header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

冬のお肌のお手入れのヒント

12月 27 2017

アラン・M・ダットナー博士著

の乾燥は、寒い季節になるとよく出てくる問題です。空気がより冷たく乾燥していくにつれて、自然に皮膚を潤してくれる皮脂(油)が少なくなるのは普通のことです。乾燥の他の原因には、日光から 摂取するビタミンDの減少や、冷たい風による顔への刺激などがあります。屋内では、室温が上がるにつれて空気がより乾燥し、密閉された家ではカビや毒素への暴露が起こり、その両方が肌の問題につながります。

秋冬に発生する可能性のある他の問題には、ふけのひび割れ、湿疹の悪化などがあります。一部の人々はさらに、皮膚が粉をふいたり、肌や髪の色つやが落ちたり、皮膚にひび割れや痛みが起こることもあります。乾燥した肌へのダメージの多くは、正常な表皮(皮膚)のバリアが破壊され、皮膚の水分が蒸発し、刺激物やアレルゲンがより容易に入り込むことで起こります。

寒冷な気候がもたらす皮膚ダメージから身を守るにはいくつかの方法があります。これらの対策には、身体の内側と外側の両方からできることが含まれます。

寒い季節には入浴を控えめに

おそらく、乾燥を防ぐ最も重要な方法は、入浴またはシャワーの時間を短めにしたり、頻度を減らしたり、お湯と石鹸を控えめにすることです。入浴するときは、オイルを多めに追加した石鹸を使用して、皮膚の表面に潤いを残すようにしてください。

正しい保湿液を使う

入浴後、湿った肌にクリームやオイルで潤いを与えることが不可欠です。どんな製品を使用していても、肌がまだ濡れているか湿っているときに付けて、潤いを閉じ込めることが重要です。

湿疹になりがちな場合は、セラミドを含む製品がバリアの回復に役立つかもしれません。 肌により多くの栄養を与えるための抗酸化物質を含む様々な皮膚修復クリームがあります。

をほぐすクリームを選ぶときは、その成分に注意を払うことが重要です。すべてのクリームには、油と水を混ぜておくための洗剤と、バクテリアや真菌の繁殖を防ぐ防腐剤が含まれています。これらの成分は、特に敏感になっている、または炎症を起こしている皮膚に付けると、芳香剤および他の成分と共に一部の人にアレルギー反応を引き起こすことがあります。多くのクリームには同様の成分が含まれているため、肌が許容できるものと許容できないものを把握するためには、何らかの調査が必要になることがあります。一般的に言えば、クリームで避けるべき成分は次のとおりです。

  • DMDMヒダントインのようなホルムアルデヒド放出剤
  • イミダゾリジニル尿素
  • クオタニウム-15
  • パラベン

敏感肌の人は、既製品のクリームではなく純粋なオイルを使用する方が、刺激なくしっとりさせることができます。皮膚の水分補給のために数時間ごとに再塗布する必要があります。オイルが濃いほど皮膚に長く留まり、効果を発揮し続けます。蜜蝋およびシアバターで濃さを増したオリーブ油は、長期間持続する適用方法の2つの例です。  

肌が1つのオイルにネガティブな反応を示したら、別のオイルを試すといいでしょう。アレルギー反応は、抗体から即時に、またはリンパ球による反応では遅れて現れます。あまり一般的でないオイルの中には、それらの特性によるだけではなく、以前触れたことがないためにアレルギー反応経歴を持つ可能性が低いので、重宝します。

保湿におすすめのオイルをいくつか挙げてみます。

内側からの乾燥肌対策

寒い季節には乾燥肌に対抗するために、食事中に飲むものに加えて、1日に少なくともグラス4杯の水を飲むことが大切です。食生活にオメガ3を加えることもまた、皮膚の潤いを保つのに役立ちます。

皮膚からの油分が少なくなる寒い時期には特に、を洗いすぎると色つやが悪くなることがあります。フケと脂漏性皮膚炎に悩む人は、この時期にそれが悪化することがあります。オメガ3魚油、または亜麻仁の摂取は、乾燥した肌と髪の両方に効果を発揮してくれるかもしれません。亜麻仁にはオメガ3油であるα-リノレン酸が含まれており、ドイツで行われた小規模研究では、皮膚バリア機能の多くの面を改善することができました。オメガ3必須脂肪酸は抗炎症性であり、皮膚バリアを保護してくれるので、多くの炎症性皮膚疾患の改善に役立つ可能性があります。頻繁にげっぷをしたり、妊娠を計画していたり、出血の問題がある場合は、オメガ3を服用する前に医師に相談してください。

寒い季節のスキンケアは、習慣の変化に繋がり、ダメージを受けた皮膚に刺激を引き起こす可能性のある製品もあるため、厄介かもしれません。内側から働きかける製品と外側から働きかける製品の適切なバランスを見つけることで、皮膚バリアの破壊から起こる炎症変化の周期を防ぎ、秋冬の間に外見を磨くことができるでしょう。

参照:

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21088453
ヒアルロン酸でお肌に栄養補給
美容

ヒアルロン酸でお肌に栄養補給

肌へのローズヒップオイルの8つの効果
美容

肌へのローズヒップオイルの8つの効果

毒素からお肌を守るヨーグルトとターメリックのフェイスマスク
美容

毒素からお肌を守るヨーグルトとターメリックのフェイスマスク