header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
運動

ホエイプロテインと血糖

8月 2 2017

ホエイプロテインの摂取は、空腹を軽減し、満腹感を促進し、減量プログラムにおいて非常に役に立つことが示されています。減量中のホエイプロテインも、脂肪のない体を維持することが示されています。

ホエイプロテインを利用するための最良の方法の1つは、食事の前または食間に摂ることです。研究によると、食前に少量のホエイプロテインを消費することで、食事後の血糖コントロールを改善することが示されています。トロント大学の研究者による研究は、この有益な効果の根底にあるメカニズムをより明確に定義しています。

ホエイプロテインの利点:

ホエイプロテインは、同様の量の他のタンパク源よりも、食後の血糖上昇をより効果的に抑止することが示されています。この効果の一因として、ホエイプロテインが、膵臓のインスリン分泌を増加させることがあります。しかも、ホエイプロテインは生理活性ペプチドも含み、胃内容排出、食欲調節および血糖調節に役割を果たす、コレシストキニン(CCK)およびグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)などの消化管ホルモンの放出を増加させます。

その他のホエイプロテインの利点:

  • ホエイプロテインは、どのタンパク質よりも生物価が最も高い。
  • ホエイプロテインは、筋肉組織に直接代謝され、運動中に最初に使用される分岐鎖アミノ酸(BCAA)の豊富な供給源です。
  • ホエイプロテインは、必須アミノ酸であるロイシンの優れた供給源です。研究によると、ロイシンの量が低い食事の人と比較して、ロイシン量が多い食事の効果を得ている人は、無駄のない筋肉が多く体脂肪も少ないことが示されています。分離乳酸タンパク質は、分離大豆タンパク質分離物よりもロイシンが約50%多いです。
  • ホエイプロテインは、溶けやすく消化しやすいタンパク質で、体内に効率的に吸収されます。

食後の血糖値を下げる

食後の血糖値を低下させるホエイプロテインの作用機序をより完全に特定するために、健常若年男性に、ホエイプロテイン(10および20g)、ブドウ糖(10および20g)または水(対照)をそれぞれ与えました。アセトアミノフェン(1.5g)を各食前摂取前投与に添加して胃内容排出を測定しました。

アセトアミノフェン、ブドウ糖およびβ細胞ならびに消化管ホルモンの血漿濃度を、食事前(ベースライン)および予め設定したピザ(12kcal / kg )の食事の前(0〜30分)ならびに後(50〜230分)のインターバル時に測定しました。ホエイプロテインは、対照およびブドウ糖10gと比較して、食前胃内容排出速度を遅らせ、食前にブドウ糖を摂るよりも低い食前血糖値およびC-ペプチドを誘導しました。ブドウ糖は、ホエイプロテインとは異なり、食事前の血糖値を上昇させました。ブドウ糖と比較して、ホエイプロテインは、食後のGLP-1およびペプチドチロシン‐チロシン(PYY)が高く、インスリン濃度は低く、インスリン分泌および抽出率は変化させませんでした。

結論として、ホエイプロテインは、食事前のブドウ糖よりも、平均血漿グルコース値、インスリン値およびC-ペプチド値が低く、GLP-1およびPYY濃度は高くなりました。これらの効果は、ホエイプロテインが、インスリン依存性とインスリン非依存性機序の両方で食後の血糖値を低下させることを示しています。

その他の効果:

ホエイプロテインは単独でも効果的ですが、革新的な食物繊維基質PGXと併用するとより良い結果が得られます。ホエイプロテインと同様に、PGXはGLP-1の有意な増加を生じることが明らかになっています。GLP-1の合成注射剤型の研究では、ヒトにおいて有意な体重減少が生じました。ほとんどの人々に満腹感を与え、食物摂取量が減少するためです。PGXは自然に同様の効果を生み出すようです。PGXは、GLP-1の血流への放出を刺激するだけでなく、消化管全体を通過するので、腸管内のL細胞であるGLP-1を産生する細胞数を増加させることも示されています。この機序は、満腹感に対するPGXの長期的な効果を説明しています。

参考:

Akhavan T, Luhovyy BL, Panahi S, et al. Mechanism of action of pre-meal consumption of whey protein on glycemic control in young adults. J Nutr Biochem. 2014 Jan;25(1):36-43.

運動

California Gold Nutritionのスーパーフードが入った運動後のスムージー

運動

減量に役立つ10のヒント

運動

ワークアウト後の回復時間を縮める方法