checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

コーシャソルトの由来とその呼び名がついた背景

3月 30 2018

ところで、コーシャソルトはというのは本当にコーシャ食品なのでしょうか?

コーシャソルトの名前の由来については少し誤解が広まっています。コーシャソルトはユダヤ教の教えに従って肉を料理する時に使われます。肉をコーシャにするにはまず肉を水に浸け、それから粗塩で揉みます。粗塩は粒が大きいため、食卓塩のように完全には溶けません。粗塩はその後、1時間ほど肉に付着させたままにして、できる限り肉の血を吸収させます。その後、血を吸収した塩は洗い流されます。

肉をコーシャにする時に使われるこの粗塩は、基本的に誰もが市場で買えるごく一般的な粒が大きめの塩です。コーシャ処理で使うこのタイプの塩がユダヤ人コミュニティで人気なので、ついには「コーシャソルト」というニックネームで呼ばれるようになったのです。これが本当の歴史です。

塩は中立的な食べ物なので、コーシャ処理に使われる塩はたいていユダヤの戒律にもとづくコーシャ食品の基準を満たします。しかしながら、個々のコーシャソルトが本当にユダヤの戒律に従っている食品かどうかを確かめたいという方はパッケージの裏を見てOUOKKOF-KStar-KCRCなどの信頼できる機関からコーシャ認定を受けているかをチェックしてみてください。多くの場合、このタイプの塩はコーシャ・パラベに分類されています。パラベとは製品が肉や乳製品が使われていない材料で作られているということを意味します。

コーシャソルトは肉にコーシャ処理をしたり、ユダヤ人コミュニティで使われたりするだけではありません。たくさんの料理人が野菜からパスタ、じゃがいもに至るまで様々な食材の味付けに使っています。料理中にコーシャソルトを一つまみ入れるのはとても簡単です。コーシャソルトは他のタイプの塩に比べて遅く溶けます。マリネや塩漬け用の塩水、揉み込み用スパイス、漬物などにもご使用ください。

栄養

このスーパーフードで炎症に対処し、腸の健康を改善

栄養

栄養たっぷりで食欲をそそる究極のスナック盛り合わせを作りましょう

栄養

よりヘルシーでおいしい食事の決め手となる3つのスパイス