Whole30ダイエットは、体内の毒素排出をお手伝いする場合があります。

このダイエットは、2009年にスポーツ栄養士のダラス・ハーツイッグとメリッサ・ハーツイッグが開発した、30日の栄養プログラムです。パレオダイエットに似ているものの、砂糖、アルコール、穀物類豆類大豆、乳製品を摂らずに自然食品の摂取に重点が置かれている点においては、厳しめのプログラムです。

Whole30ダイエットの裏には、特定の食品群が健康やフィットネスにマイナス効果を与えるかもしれない点に対する根拠があります。慢性的な痛み皮膚の問題、消化器の病気、季節性アレルギーなどの症状は特定の食べ物の消費と関連性がある一方で、何が起きているのか把握されません。食事から砂糖、穀物類、乳製品、豆類など、特定の食べ物を30日間摂らないようにすることでこのダイエットの支持者は、これらの食べ物がもたらす可能性のある効果から体を癒すことができます。このダイエットの筆者は、食べ物を変えることで味覚、食欲、食習慣に変化をもたらすため、当プログラムが支持者の生活を変えると主張しています。

このダイエットの支持者は、肉、魚、卵と共に豊富な野菜、一部の果物、豊富な天然油、ハーブスパイス・香辛料を適度に摂るようにすすめられています。自然食品や、少ない材料で作られたレシピが強くすすめられています。

食べてはいけない食べ物のなかには加工食品や、天然のメープルシロップハチミツを含むすべての甘味料があります。たとえ加熱されたとしてもアルコール、すべての穀物類、豆類、乳製品、カラギーナン、MSG、亜硫酸塩は禁じられています。また市販のスナックやトルティーヤ、さらには認可された成分が含まれる市販品であったとしても避けるようにします。ダイエットの支持者は30日間の間、体重を測らないように促されています。