beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

骨スープの健康へのメリットとは?

7月 24 2018

人類の黎明期から、骨のスープは滋養あるものとして使われてきました。慎ましい生活を強いられ、動物丸ごとを使う必要があった時代には、骨スープは生命の特効薬でした。今日、世界中のほとんどの料理では、魚や牛肉のストックやブイヨンが毎日の料理の主なベースです。ブイヨンおよびストックは、ソース、蒸し煮、スープおよびシチューで使用されます。最高級レストランでも家庭でも、骨を煮出す巨大な鍋がコンロの上に鎮座しています。

ほとんどのブイヨンおよびストックは、通常の骨スープよりも骨に対する肉の割合が高くなっています。例えば、典型的なチキンスープまたはストックは、骨だけでなく、チキン全体を含んでいます。同様に、牛肉のストックとブイヨンはレシピの中で肉だけでなく骨も使用します。一方、骨スープは、屠殺後にごく少量の肉が残った状態の骨だけで作られます。また、通常のブイヨンおよびストックは、煮出す時間が骨スープよりも短くなっています。骨スープの場合は8時間から24時間煮出すのに比べて、ブイヨンやストックは45分から2時間後には出来上がります。肉のストックは、煮出す前に骨を炙って作られますが、これは骨スープの準備でも行われます。肉のブイヨンやストックは色が薄めで、美味しくより繊細な風味を持ちます。骨のスープは色が濃く、濃厚で非常に風味が強いです。骨は微量ミネラルゼラチンコラーゲンを放出します。おそらく料理の終わりには、骨はすべての栄養素を放出しきって粉々になっているでしょう。

骨スープの作り方とは?

手作りの骨スープは作るのが簡単で経済的なだけでなく、美味しくて栄養価も高いです。骨のスープは、水にワインのような酸を加えて、数時間にわたって骨を煮るだけで作れます。オーガニックで草を食べて育った動物の高品質の骨を使うことが重要です。そうすることで、スープは最高の栄養価を持つでしょう。コラーゲンの量が最も多いのは膝関節、足、大腿骨ですが、どの部分の骨や靭帯でも作れます。ほとんどのレシピには、ミネラルビタミンの量、また風味を増すための様々な野菜が含まれています。ニンニクタイムベイリーフローズマリーオレガノなどのハーブやスパイスはお好みで加えてください。骨や他の成分がゆっくりと長時間煮詰められることが不可欠です。そうすれば、すべてのタンパク質ミネラルコラーゲン、および他の栄養素が骨から放出され、体内で吸収されやすくなります。

骨スープを飲むメリット

骨のスープを飲むメリットのリストは長く多岐に渡ります。健康な骨スープには、19種類以上の必須および非必須アミノ酸が身体が吸収しやすい形態で含まれています。また、結合組織や皮膚の健康に必要な大量のコラーゲン、消化機能を助け、免疫システムを強化し、健康な脳をサポートする栄養素が含まれています。

天然コラーゲンが骨の間のクッションのための潤滑剤として働くため、骨スープは関節を保護するのに役立ちます。コラーゲンはまた、骨強度を高め、維持するための構成要素の1つです。骨スープに見られるコラーゲンのもう一つの利点は、エラスチンの形成を助け、若々しい肌の色合いやすべすべの見た目を維持するのに役立つことです。

ゼラチンは、消化管の内層の修復を補助することが証明されています。健康な腸は、人々が食品への過敏性を克服し、プロバイオティクスの成長を促進するのに役立ちます。骨スープは腸に良い影響を及ぼすため、これが免疫系に大きな影響を与えます。

骨スープを料理に取り入れる様々な方法

骨スープはそれ自体をお茶のように飲んだり、スープとして食べたりしても美味しいです。骨のスープとひと掴みのパスタを使って素早く手軽にスープを作ることができます。コメキノアなどの穀物を調理する際に、水の代わりに骨のスープを使用してみてください。メリットがプラスされ、風味に溢れたおいしいリゾットまたはシチューになります。こうしたよくある用途に加えて、骨スープはスムージーやグミのような美味しいおやつにすることもできます。冷蔵庫に作り置きのスープが入っていれば、普通の料理を手軽に栄養価が高く風味豊かにすることができます。

様々なお手軽骨スープ

自家製スープを作る時間がない人や、高品質の食材が手に入らない人のために、すぐに使える製品がたくさんあります。骨スープは、様々な風味の粉末形態で簡単に入手可能です。容器からすくい取って食べ物や液体に混ぜるだけ、という簡単さ。お湯に1スクープを加えてお茶として楽しんだり、朝のコーヒーと置き換えてみてください。甘いものでも塩味でも、スムージーの栄養価を大いに高めてくれるでしょう。チョコレート、フレンチ・バニラ、シナモン・リンゴ、またはピーナッツ・バター骨スープのスムージーはどうですか? おいしそうですね! 塩味のオプションがもっと欲しければ、チキン、ビーフ、七面鳥、ターメリック、コーヒー味などもあります。また、外出先でも簡単に利用できる使い切りパックもあります。一杯の骨スープがあれば、不健全で退屈なランチは必要ありません。

骨スープで作れるレシピ

自家製であれ、手軽なパウダー状のものであれ、骨スープの新しい用途を探している人には、美味しいレシピは無限にあります。

骨スープのプロテイン・モカファッジ・スムージー

材料:

作り方:

  1. 大型ブレンダーにすべての材料を入れます。
  2. 滑らかになるまで混ぜます。必要に応じて液状成分を足してください。

ラズベリーと骨スープのグミ

材料

  • 液状の骨スープ 2/3カップ
  • ゼラチンパウダー 大さじ3と1/3
  • オーガニックハチミツ 大さじ2
  • 冷凍ラズベリー 1カップ
  • レモン汁 1/2カップ

作り方:

  1. 小さな鍋の中で骨スープに粉末ゼラチンを加え、低温でゆっくりと温めます。
  2. ゼラチンが溶けたら、ハチミツを混ぜます。
  3. 冷凍ラズベリーとレモン汁をミキサーに入れ、滑らかになるまで高出力で混ぜます。
  4. ラズベリーとレモンのミックスを骨スープに加え、完全に一体化するまで低熱で混ぜます。
  5. 鍋を火から下ろし、混合物をシリコン型に注ぎます。
  6. 型を冷蔵庫に入れ、20分間、または固まるまで待ちます。
  7. 型からグミを抜いて、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します。
栄養

アンチエイジングに欠かせない12種類の基本食品

栄養

これらのミールプレップの定番をパントリーに常備しましょう

栄養

6通りのビーガンチーズボールレシピで、理想的なスナックプラッターの出来上がり