header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

大規模な教育的取り組みでも低下するビタミンDレベル

4月 26 2017

複数の研究が、北米の一般住人の50%以上はビタミンDの血中濃度が低いことを明らにするとともに、多くの慢性的な変性疾患の主要発現要因になっていると考えられている、ビタミンD欠乏症が非常に一般的になっていることを示す研究が、現在、ますます増えています。事実、ビタミンD欠乏症は、世界中の多くの一般的な疾患と考えられており、ビタミンDの補給は、健康改善、疾患の低減、そして長生きに最も費用効果の高い方法と考えられています。ビタミンDが不足している人は、がん、心臓血管疾患糖尿病喘息および多発性硬化症などの自己免疫疾患のような多くの疾患の死亡率が2倍高く、リスクも倍増します。ヒトゲノムには、活性ビタミンD3に対する2,700を超える結合部位があります。それらの結合部位は、事実上ヒトの全ての既知の主要疾患に関与する遺伝子の近くにあります。

背景情報

ビタミンDは、実際にはビタミンよりも「プロホルモン」のほうが多くなります。日光に反応する皮膚の化学的反応によって、私たちは体内でビタミンD3を産生します。このビタミンD3は、肝臓、その後は腎臓によって、活性形ホルモン1,25-ジヒドロキシビタミンD3に変換されます。

最適な投薬量を決定する理想的な方法は、25-ヒドロキシビタミンD3つまり25(OH)D3に対し、簡単に利用することができる血液検査が必要です。最適な健康状態のためには、血中濃度は50〜80 ng / mLでなければなりません。1日あたりわずか600 IU(1日の日光暴露20分)で最適な水準を達成できる人もいますが、1日あたり10,000 IUが必要な人もいます。人がどの範囲にいるかを判断する唯一の方法は、試験することです。多くの医師は現在、患者のビタミンD状態を定期的にチェックしています。

ビタミンD欠乏症の危険因子

太陽光への不十分な暴露-屋内での仕事や遊び、外出時に衣服や日焼け止めで日光を遮る、高緯度の土地に住んでいる人。

高齢者-外出の不足、紫外線への反応が鈍い皮膚により、高齢者はリスクが高くなります。

黒い肌–アフリカ系アメリカ人において、ビタミンD欠乏およびそれに関連する疾患の高い発現率が広く知られています。アフリカ系アメリカ人は、皮膚のメラニン含有量が高いため、ビタミンD欠乏のリスクが最も高くなっています。

肥満–脂溶性のビタミンDは脂肪組織に捕捉されるので、その利用用途が妨げられます。

新しいデータ

ビタミンDの摂取と補給の増加を推し進める、大規模な公衆衛生教育の取り組みにもかかわらず、カナダの研究は、6歳から79歳の人でビタミンDのレベルは劇的に低下し、2年間で6.2%減少したことを明らかにしました。ビタミンD血中濃度25(OH)D3を50 nmol/L以上を十分な値、カットオフ値とすると、32%はこの水準を満たすことができませんでした。

この研究には重要な知見がいくつかありました:

カナダ人の34%のみがビタミンDを含むサプリメントを摂取しましたが、サプリメントを服用している人の大部分がカットオフ値を超えており(85%)、対してサプリメントを摂取していない人は(59%)でした。

カナダ人の約40%が冬にはカットオフ値以下であったのに対し、夏は25%でした。

体重超過または肥満であった小児および成人は、一般的に、正常または体重が標準以下の人よりも平均ビタミンD血中濃度は低かったです。

研究者はその低い理由を提示していませんが、日光の回避の増加によるものと考えられています。しかし、肥満の増加率が関係している可能性もあります。

この結果は、2009年8月から2011年11月までの調査および血液測定から収集されたCanadian Health Measures Survey(CHMS)のサイクル2から得たものです。過去の研究によって、米国のビタミンDレベルは、一般的にカナダ人のレベルを反映していることが明らかになっています。

参考:

Janz T, Pearson C. Vitamin D blood levels of Canadians. Statistics Canada Catalogue no. 82-624-X. Available online at http://www.statcan.gc.ca/pub/82-624-x/2013001/article/11727-eng.htm

健康

消化器を健康にする4つの方法

健康

ストレスを和らげる最良のハーブ

健康

睡眠以外にも効果的なメラトニン