現セッション中の設定が更新されました。アカウント設定の変更をセッション後も適用するには、マイアカウントをご確認ください。
国設定および言語設定は、マイアカウントにていつでも変更することができます。
checkoutarrow
JP
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

キネシオロジーテープを使って運動習慣を維持

ジェイク・ボリー

関節の痛みや不快感は、特に適切に対処されていない場合、ジムや運動習慣の中で問題になることがあります。どんな種類の痛みでもトレーニング、運動習慣の発展、日常的な体の動きに悪影響を与えかねないのです。

関節痛や不快感があるからといって必ずしもケガをしているわけではありませんが、体が正常に動いていないことを示しているかもしれません。しかし、体の動き方を見て正してくれるトレーナーを見つける以外に何ができるでしょうか?このような場合、キネシオロジーテープをお勧めします。

キネシオロジーテープとは?

キネシオロジーテープは、体をサポートして動かせるように特別に設計された運動用のテープです。特別な粘着剤が付いていることが多く、長い間体に付けたままにできます。テープ自体は、ナイロン、綿、合成繊維、布などの素材を混ぜて作られることがよくあります。

キネシオロジーテープは運動中に軽い関節痛を緩和したい場合に使える便利なものです。運動と関節の健康をサポートし、回復を促進するように特別に設計されています。

キネシオロジーテープのメリット

キネシオロジーテープは、動き、回復、安定性という3つの面でメリットをもたらします。軽い関節の痛みの緩和に役立ちますが、テープだけではケガを癒すことはできないことに注意しましょう。

動きを改善

キネシオロジーテープの最大のメリットは健康的な動きをサポートすることです。テープは皮膚に軽い刺激を与え、貼りつけた方向に皮膚を引っ張ります。皮膚が軽く引っ張られることにより、この刺激(キネシオロジーテープ)と精神的・神経筋的なつながりが生じます。このつながりにより、関節にとってより健康的な動きをするように体が促されます。

このテープは、最適な動きをすることを体が思い出せるように使用することができます。例えば、キネシオロジーテープを背中に貼るとテープが貼っている部分が引っ張られるため、より良い姿勢を自然に維持する効果が期待できます。姿勢をサポートするためにテープを背中の真ん中や腰に貼ることができます。

回復を促す

2番目にご紹介するのはもっと重要なメリットで、キネシオロジーテープがどのように回復を促進できるかをご紹介します。キネシオロジーテープが皮膚を軽く引っ張ることにより、その下にある筋肉組織への血流が良くなると考えられています。これにより、痛みがある辺りに血流が増加するために回復が促されると言われています。

例えば、激しい足の運動をした日には四肢筋にキネシオロジーテープを貼り、その部分の血流を促すようにすることができます。血流を促進することによって、筋肉が回復するために必要な栄養素の輸送がサポートされます。キネシオロジーテープは、肩、腕、背中や、痛みを感じる部分ならどこに貼っても回復をサポートすることができます。

安定させる

最後にご紹介するキネシオロジーテープのメリットは、関節の安定性が促進・サポートされるということです。具体的な説明に入る前に、テープ自体が関節を安定させるのではなく、関節の安定性を自然に向上させる体への刺激として作用するということをまず理解してください。

キネシオロジーテープは皮膚に軽いサポートを提供しますが、実際の関節の安定性はキネシオロジーテープが体に与える緊張力から来ています。この緊張力により、テープを貼った関節をより安定させる信号が脳に送られるのです。

例えば、足首の安定性を改善するテープを貼ることがよくあります。この場合、テープは関節を安定させるために機能しているのではなく、このテープがあることで体がサポートを強化する精神的な作用があるのです。テープが皮膚に軽く触れているため体の自己受容性感覚と意識が高まるので、関節が自然に安定する効果が期待できます。

キネシオロジーテープを使って健康的な動きを促進

キネシオロジーテープは、ケガをして痛みを伴う関節を瞬時に治療するものではありません。このテープは、健康的な運動パターン、回復、関節の安定性を促進するように設計されています。軽い関節痛があったり、不適切に動くクセを正す必要があったりする場合にはキネシオロジーテープをお勧めします。さらに、「The Journal of Nutrition」の2006年の研究では、必須アミノ酸の長期的な補給は、サルコペニアの影響や筋肉の減少を遅らせるのに役立ったことが示唆されました。

運動

バルキング(筋肉増量)時の進み具合を管理する方法

運動

自宅でのトレーニングをサポートするサプリメント10選

運動

ヘビーなトレーニングセッションの前後に摂りたい食品について筋トレコーチが解説