現セッション中の設定が更新されました。アカウント設定の変更をセッション後も適用するには、マイアカウントをご確認ください。
国設定および言語設定は、マイアカウントにていつでも変更することができます。
checkoutarrow
JP
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

2021年に常備したい自然健康食品トップ12

著者:カーリー・ビギンズ博士、自然療法医

この記事の内容:


新しい年は、新たなスタートを切る節目でもあります。言うまでもなく、健康は全体的なウェルネスへの第一歩です。健やかな生活を応援する自然健康食品は数多くありますが、本当に良いものを選ぶとなると迷ってしまいます。

でも、ご心配なく。ホリスティック医師が厳選した自然健康食品リストが、ご家族の皆さんにぴったりの製品を選ぶ手間とストレスを解消します。

健康全般

全体的な健康は、十分な栄養、正常な消化、必須の常備薬といった基本から始まります。これからご紹介する自然健康食品は、一年を通してバランスのとれた健康を維持する上で強い味方となってくれるでしょう。

1. マルチビタミン

毎日の栄養に不可欠なビタミンやミネラルが不足している場合、その不足分を補うには良質なマルチビタミンが欠かせません。これらのサプリメントは、男女問わず、1日の必要最低摂取量を確保するのに最適です。マルチビタミンは、カプセル数錠で手軽に栄養補給したい方にぴったりのサプリメントです。1日2カプセル飲むだけの便利な総合サプリメントが多数販売されています。

2. オメガ + CoQ10

天然魚(非養殖)由来の良質なフィッシュオイルCoQ10が配合されたサプリメントは、心臓の健康をサポートする抗酸化作用に優れています。この強力な組み合わせは、細胞エネルギーをサポートする他、体が必要とする高エネルギー需要にしっかり応えます。

3. マヌカハニー

マヌカハニーは、ニュージーランドに自生するマヌカ(低木)の花に受粉するミツバチによって作られます。マヌカハニーが他のハチミツと一線を画すものは、抗菌作用の源とされる有効成分のメチルグリオキサールです。抗ウイルス・抗炎症作用の他、マヌカハニーは強力な抗酸化作用があることでも知られています。古くから虫歯予防を補助するとして用いられてきたマヌカハニーは、歯周病、胃潰瘍、喉の痛み、過敏性腸疾患対策にも役立つことが示されています。

中でも注目すべきは、2007年、マヌカハニーが創傷治癒製品として米国食品医薬品局(FDA)に承認されたことです。また、この特殊なハチミツは火傷患者の痛みを和らげ、組織の再生を促進することが研究で示されています。さらに、マヌカハニーは糖尿病性足潰瘍の治癒を促すことも報告されています。

4. 食物繊維

食事で十分な量の食物繊維を摂ることは、スムーズなお通じにつながり、過敏性腸症候群(IBS)の症状管理にも役立ちます。食物繊維は、IBSに伴う下痢、便秘、腹痛などの予防にも有効と考えられます。

IBSと診断された方はもちろん、そうでない方も、効果の高いプレバイオティクスが含まれた食物繊維のサプリメントで水溶性繊維を食事に取り入れることで、消化器系の健康サポートが楽になります。ほとんどの方は、この分野で何らかのメリットが期待できるのではないでしょうか。

5. ヘンプシード(麻の実)

マグネシウム、リン、カリウムマンガン鉄分を豊富に含むヘンプシードは、細胞の健康とウェルネスに必要なミネラルのバランス維持を助けます。サラダ、スムージー、シリアル、ヨーグルトなどに大さじ3杯ほど加えるだけで、ヘンプシードの効果を存分に活かすことができます。

6. 丈夫なふしぶしサポート

大半の疾患、不調、不快感の原因は炎症にあります。ふしぶしの健康に特化したサプリメントを取り入れて、日常生活による摩耗から骨・関節を保護することで、不調を予防しやすくなります。特にお勧めしたいのは、消化および肝臓解毒を助けるクルクミンの吸収力が強化されたサプリメントです。

世相を反映するもの

以下の製品は、全世界の健康状態に加え、オンラインによる仕事や娯楽が定着しつつあるニューノーマル(新しい日常)を踏まえて厳選されたものです。2020年は誰もが多くの課題を突きつけられた一年となりましたが、ここでご紹介する自然食品は、2021年に向けて特に役に立つものばかりです。

‌‌‌‌7. 健康な体づくりサポート

植物エキスの独自ブレンドを配合した免疫サポートサプリメントを栄養習慣に加えてみてはいかがでしょうか。免疫力を高める効果で知られるウコギ属(Eleutherococcus)や、免疫向上作用が研究されているカラマツアラビノガラクタン(Larch Arabinogalactan)など、あらゆる健康基盤を支えるハーブがお勧めです。

また、日本人に馴染み深いマイタケ(舞茸)は、自然免疫系と適応免疫系のサポートに役立ちます。同様に、アストラガルス(和名:キバナオウギ)、緑茶オリーブの葉なども、自然の力で免疫力を高めてくれます。

‌‌‌‌8. パソコンやスマホによる疲れ目の緩和

電子機器の画面を長時間見つめて疲れた目にはホメオパシー療法が最適です。会議や離れた家族との会話をはじめ、動画やライブなどの配信により、様々なオンライン活動が増える中で、目には相当な負担がかかっているはずです。

これらはすべて天然成分でくっきりをサポートする製品で、目に良くない血管収縮剤は使われていません。その働きは、疲れ目を抑えようとする体の自然な力を刺激することで、眼精疲労の緩和を促すというものです。

9. 椎茸パウダー

主に温暖湿潤気候の東アジアに分布する椎茸は、日本の方々にはお馴染みのキノコです。栄養価の高いこのキノコには、タンパク質をはじめ、消化酵素プレバイオティクスアミノ酸、フラボノイドなど、健康全般への効果に優れた栄養素が豊富に含まれています。

2021年には、免疫力向上とコレステロール降下が図れる椎茸を積極的に取り入れることをお勧めします。

‌‌‌‌10.アシュワガンダ

古来、健康的なストレス反応をサポートするために使用されてきたアシュワガンダは、2021年のバランス維持に期待できるアダプトゲンハーブです。アシュワガンダ(学名 Withania somnifera)は、精神を落ち着かせ、エネルギーレベルと集中力を高めるのに役立ちます。

この他にも、血糖値やコルチゾール(ストレスホルモン)値を下げながら、不安や抑うつ気分を抑える可能性があることは特筆すべきでしょう。

‌‌‌‌11. ブラックエルダーベリー(学名 Sambucus、和名ニワトコ)

ブラックエルダーベリーは、フラボノールとアントシアニン(いずれもポリフェノールの一種であるフラボノイド類)が豊富に含まれており、強力な抗酸化作用と鎮静効果が特徴です。複数の研究でエルダーベリーエキスを2日間摂取したところ、筋肉痛、発熱、鼻づまり、頭痛といったインフルエンザに伴う症状に有意な効果が見られました。ブラックエルダーベリーには抗ウイルス作用があることも知られていることから、感染予防に毎日摂取する他、風邪やインフルエンザの症状が現れた場合は用量を増やして摂取すると良いかもしれません。

さらに、ブラックエルダーベリーシロップにエキナセアとアストラガルスを配合し、美味しい果実の風味を生かして免疫力を高める子供向けの製品も販売されてます。

‌‌‌‌12. 大人のためのプロバイオティクス

健康な免疫反応は腸から始まります。見落とされがちなのですが、良質なプロバイオティクスを摂取して善玉菌の増殖を後押しすることは、免疫の健康維持において実は非常に重要な要素なのです。研究によると、プロバイオティクスを摂取することで、Tリンパ球やIgA産生細胞のような特定の免疫細胞の生成が促進される可能性があります。

他の研究では、プロバイオティクスが呼吸器感染症の発症リスクと重症度を低下させ、罹患期間を短縮させることがわかっています。その上、メンタルヘルス、心臓、消化器、アレルギーへの効果も加わり、プロバイオティクスはまさに2021年必須の自然健康食品と言えるでしょう。

以上12種類の自然健康食品を備えておけば、安心して2021年を迎えらることでしょう。このリストを参考に、体の内側から健康とウェルビーイングを向上させましょう。

参考文献:

  1. Niaz K, Maqbool F, Bahadar H, Abdollahi M. Health benefits of Manuka Honey as an essential constituent for tissue regeneration. Curr Drug Metab. 2017;18(10):881-892. doi:10.2174/1389200218666170911152240
  2. Yaghoobi R, Kazerouni A, Kazerouni O. Evidence for clinical use of honey in wound healing as an anti-bacterial, anti-inflammatory anti-oxidant and anti-viral agent: A review. Jundishapur J Nat Pharm Prod. 2013;8(3):100-104. doi:10.17795/jjnpp-9487
  3. Kamaratos AV, Tzirogiannis KN, Iraklianou SA, Panoutsopoulos GI, Kanellos IE, Melidonis AI. Manuka honey-impregnated dressings in the treatment of neuropathic diabetic foot ulcers. Int Wound J. 2014;11(3):259-263. doi:10.1111/j.1742-481X.2012.01082.x
  4. He J, Giusti MM. Anthocyanins: natural colorants with health-promoting properties. Annu Rev Food Sci Technol. 2010;1:163-187. doi:10.1146/annurev.food.080708.100754
  5. Porter RS, Bode RF. A review of the antiviral properties of black elder (Sambucus nigra L.) products. Phytother Res. 2017;31(4):533-554. doi:10.1002/ptr.5782
  6. Tiralongo E, Wee SS, Lea RA. Elderberry supplementation reduces cold duration and symptoms in air-travellers: A randomized, double-blind placebo-controlled clinical trial. Nutrients. 2016;8(4):182. Published 2016 Mar 24. doi:10.3390/nu8040182
  7. Mirjalili MH, Moyano E, Bonfill M, Cusido RM, Palazón J. Steroidal lactones from Withania somnifera, an ancient plant for novel medicine. Molecules. 2009;14(7):2373-2393. Published 2009 Jul 3. doi:10.3390/molecules14072373
  8. Vyas AR, Singh SV. Molecular targets and mechanisms of cancer prevention and treatment by withaferin a, a naturally occurring steroidal lactone. AAPS J. 2014;16(1):1-10. doi:10.1208/s12248-013-9531-1
  9. Day RC, Bradberry SM, Sandilands EA, Thomas SHL, Thompson JP, Vale JA. Toxicity resulting from exposure to oven cleaners as reported to the UK National Poisons Information Service (NPIS) from 2009 to 2015. Clin Toxicol (Phila). 2017;55(7):645-651. doi:10.1080/15563650.2017.1306070
  10. Zota AR, Aschengrau A, Rudel RA, Brody JG. Self-reported chemicals exposure, beliefs about disease causation, and risk of breast cancer in the Cape Cod Breast Cancer and Environment Study: a case-control study. Environ Health. 2010;9:40. Published 2010 Jul 20. doi:10.1186/1476-069X-9-40
  11. Slaughter RJ, Watts M, Vale JA, Grieve JR, Schep LJ. The clinical toxicology of sodium hypochlorite. Clin Toxicol (Phila). 2019;57(5):303-311. doi:10.1080/15563650.2018.1543889
  12. Papakonstantinou E, Roth M, Karakiulakis G. Hyaluronic acid: A key molecule in skin aging. Dermatoendocrinol. 2012;4(3):253-258. doi:10.4161/derm.21923
  13. Simpson RM, Meran S, Thomas D, et al. Age-related changes in pericellular hyaluronan organization leads to impaired dermal fibroblast to myofibroblast differentiation. Am J Pathol. 2009;175(5):1915-1928. doi:10.2353/ajpath.2009.090045
  14. Preethi KC, Kuttan G, Kuttan R. Anti-inflammatory activity of flower extract of Calendula officinalis Linn. and its possible mechanism of action. Indian J Exp Biol. 2009;47(2):113-120.
  15. Faria RL, Cardoso LM, Akisue G, et al. Antimicrobial activity of Calendula officinalis, Camellia sinensis and chlorhexidine against the adherence of microorganisms to sutures after extraction of unerupted third molars. J Appl Oral Sci. 2011;19(5):476-482. doi:10.1590/s1678-77572011000500007
  16. Carson CF, Hammer KA, Riley TV. Melaleuca alternifolia (Tea Tree) oil: a review of antimicrobial and other medicinal properties. Clin Microbiol Rev. 2006;19(1):50-62. doi:10.1128/CMR.19.1.50-62.2006
健康

マリン(海洋性)コラーゲンをお勧めする理由

健康

一度は耳にしたことはあるβカロテンとその5大効能について

健康

ペクチンの4大効能