beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

子供に野菜をもっと食べてもらうには

8月 16 2019

By チェリリン・チェッキーニ医学博士

子供にもっと野菜を食べてもらうにはどうしたらよいかと小児科医の私に助言を求めてくる親御さんは少なくありません。子供に野菜を食べさせようとしたら反抗してもっと食べなくなった、という結果になって困っている場合もよくあります。そのため、子供に野菜を食べさせることを完全に諦めたり、その努力を怠ったりする方もたくさんいます。

果物はもともと甘いので問題なく食べる子供は多いようなので、まずはこの食品グループから始めるとよいでしょう。しかし、これにも問題がないわけではありません。たとえば、バナナなどの特定の果物の味が嫌いな子供がいたり、ブラックベリーなどは大好きという子供もいたりします。また、果物の食感や種(ストロベリーやキウイなど)が嫌いな子供もいますが、そうでない場合もあります。できるだけ多くの種類の果物を与えるようにすると、子供が好むものが把握できるようになります。

私は、食事の時間を楽しくするためにできるだけシンプルで手軽な方法を親御さんに教えるようにしています。ここでは、野菜はおいしいものであることを子供にわかってもらう新しいアプローチをご紹介します。

1.スパイスを活用!

スパイスを使えば、バターやチーズなどの不健康なものを加えて栄養価を台無しにすることなく味がおいしくなります。私が好きな一つの特別な製品はこちらです:イタリアンシーズニング。また、パプリカヒマラヤピンクソルトガーリックパウダーターメリックなどのオーガニックのスパイスもお勧めします。このようなスパイスをちょっと加えるだけで、子供がもっと野菜を食べるようになるかもしれません。

2.子供に任せる

子供、特に幼児は状況を自分でコントロールしたがります。そのため、子供に3種類の野菜を出し、その中から一つ選んでもらうと食べるかもしれません。スライスまたはさいの目切りにしてはどうでしょう?ご飯パスタなど他の食品と混ぜ合わせると食べるでしょうか?野菜をパスタなどの他の食品と混ぜると、食事に栄養素をさらに加えることができる絶好の機会となります。例えば、栄養酵母をすりおろしチーズの代わりに使うと次の成分を強化できます:タンパク質とビタミンB群。これをローストベジタブルなどに振り掛けると、なんでもおいしくなります!

3.前に拒否されたものをもう一度出す

初めて出された野菜を拒否する子供は多いですが、数日後にもう一度出すと食べてくれることも多いのです。子供が一度拒否した食品を再び出すと、その味が実際に好きかどうか判断できるようになります。また、野菜の調理方法(蒸したりグリルしたり)を変えるだけで、最初に拒否したものでも食べてくれる場合もあります。食事の中で食べさせたい色々な野菜を出してすべてを拒否されてしまった場合でも、こうすることで子供がその野菜を食べ始めることもあるのです。もう一つの良いアイデアは、グリーン食品やスーパーフードを果物と野菜が両方入ったスムージーに加えることです。色々な風味にまぎれて野菜が入っているかどうか子供にはわかりませんが、食べていることに変わりはないので果物と野菜の食品グループの栄養素を両方摂取できているのです。スムージーにはかなり多くの種類があり、子供に好かれやすいものです。

4.料理のお手伝いをしてもらう

子供に料理を手伝ってもらうと、野菜などの新しい食品を食べさせやすくなります。子供たちはアクティビティに参加することを好むので、料理を手伝ってもらって新しい食べ方を見せると、子供も抵抗なく食べるかもしれません。お兄ちゃんやお姉ちゃんが野菜を食べているのを見せることで、幼い子供も食べてくれることがあります。

中には選り好みが激しい子供もいるので、適切な栄養素が摂取されていないとご心配な場合は、かかりつけの小児科医に食習慣について相談してみましょう。デイリーマルチビタミンは、特に偏食がちな子供でも適切な栄養素を摂取できる効果的な製品です。オーガニック、グルテンフリー、ゼラチンフリーのマルチビタミンをお勧めします。色々な風味の製品が市販されているので、お子様の好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

希望を捨てないで!色々な果物や野菜の味や食感を知ったあとで食べるのを拒否する子供も多いですが、新しい食べ物を試すことを好む場合もあります。これは子供が成長するに従ってよく見られることです。スパイスを使って異なる味にしたり、異なるお皿や調理方法などを試したりすると、子供が興味を持って食べてくれるようになります。できる限り子供自身で選べるようにしたりお料理を手伝ってもらったりして、健康的な食生活を送れるようにしましょう。

栄養

アンチエイジングに欠かせない12種類の基本食品

栄養

これらのミールプレップの定番をパントリーに常備しましょう

栄養

6通りのビーガンチーズボールレシピで、理想的なスナックプラッターの出来上がり