運動を考えるとき、筋肉の構築や、エアロビクス機能を高めることについて考えることが多いものです。しかし、ストレッチの力を過小評価することがあります。定期的な運動プログラムの一部として柔軟性を高めることは重要です。ストレッチで最も素晴らしいと思うことの1つは、1日を通して短時間で頻繁に行うことができることです。

ストレッチは、全身の柔軟性を高めるだけでなく、精神状態エネルギーレベル、健康全般に驚くほどの効果があります。体に柔軟性があると、日々の作業がより簡単になります。ストレッチは、バランス、可動域、血液の循環を改善することができます。ストレッチは関節を柔軟にし、筋肉をほぐします。柔軟性があれば、怪我を防ぐこともできます。おそらくストレッチの最も重要な効果の1つは、ストレスを解消することでしょう。

1日中体を動かさず座っていると不調の原因となり、がんなどさまざまな病気のリスクを高める可能性があることを覚えておいてください。実際、アメリカがん研究協会によると、1日に1〜2分の休憩をとるだけでがんリスクが軽減するようです。ストレッチは、一日を締めくくり、多くの組み合わせた動きを毎日の運動に加える素晴らしい方法です。ストレッチは、お金もかからず、簡単に行える素晴らしい運動の1つです。

ストレッチについて覚えておくべきヒントをいくつか紹介します

  1. ストレッチは痛みを伴うものではないので、柔軟運動中無理をしないようにしましょう。軽い筋肉の伸びを感じる程度にします。
  2. ストレッチはやさしくゆっくり行いましょう。ストレッチを急に行ったり力を込めたりしないようにしましょう。
  3. ストレッチの時は息を止めないでください。自由に深く呼吸しながら行いましょう。
  4. 頻繁に行いましょう。運動に関係するストレッチに加えて、一日を通してそして夜寝る前に、定期的にストレッチを行う必要があります。運動でストレッチをするときは、筋肉を温めた後や運動を終えてからゆっくりとストレッチを行ってください。
  5. ストレッチの前、最中、後に水をたくさん飲みましょう。水はすべての体の組織を水和させ、ストレッチ運動の効果を最大化させます。

ストレッチはパフォーマンスを向上させる方法として長年アスリートが行ってきました。しかし、研究により、ストレッチは広範な健康上の利益をもたらすことも明らかになっています。補助的なサポートのために、コラーゲングルコサミンのような関節のサプリメントも検討できます。補足情報については、医師に相談してください。毎日の運動にストレッチをぜひ取り入れましょう!