header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

耳鳴り – 自然療法による対処法

9月 20 2017

耳鳴り はキーンとする音や轟音、カチカチ音などが 常に聞こえる状態を指します。米国だけでも何百万もの人が症状を訴えているほど、非常に一般的です。重度の耳鳴りが発生している場合は、聴覚、就労、睡眠に問題がある可能性があります。耳鳴りの原因には、聴力損失、大音量や薬品の影響(特に、バリウム型薬物[ベンゾジアゼピン類]、アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド系抗炎症薬)などが挙げられます。耳鳴りはアレルギー、高血圧や低血圧、腫瘍、心臓や血管、顎や首の問題などの健康問題の症状としても発生することがあります。

自然療法による耳鳴りの治療

耳鳴りの最も簡単な治療は、原因を特定しそれを除去することにあります。大音量の騒音や音楽、スキューバダイビング、その他の原因に長期間さらされていることが原因で耳鳴りが発生している場合は、治療するのがより困難になります。いくつかの研究ではマグネシウムの補給(1日あたり3〜150mg)がこのような症状に効果がある可能性があることを示しています。効果があると示されている自然療法には次のものがあります。

  • 亜鉛 亜鉛の補給(1日20〜30mg)は、耳鳴りの多くの原因となっている亜鉛欠乏症の患者の耳鳴りを軽減または排除することができます。
  • イチョウエキス イチョウエキス(GBE)による二重盲検試験の結果は矛盾したものとなっています。最近耳鳴りを発症した人は、少なくとも3年間耳鳴りの症状があった人と比べ、GBEに反応する可能性が高いという結果が出ています。この場合の 用量は240〜320mg /日でした。
  • ビタミンB12 耳鳴りを発症している患者の約半分にB12の不足が見られました。B12のレベルが低い人々の多くで、B12のメチルコバラミン形態が与えられることで耳鳴りが完全に解決しています。毎日3000-5000 mcgを1ヶ月間摂取し、その後維持量として毎日1000 mcgに減らします。

耳鳴りに対するメラトニン

メラトニンは最近耳鳴りに効果があると考えられている自然製品です。オハイオ州立大学の耳鼻咽喉研究所で実施された最も詳細な調査では、慢性的な耳鳴りを患う成人61人に3mgのメラトニンまたはプラセボを毎晩30日間与えた後1ヶ月の空白期間を与え、その後他の治療 に移行しました。その結果として、メラトニンが慢性的な耳鳴りの患者の症状の強度および睡眠の質で統計学的に有意な低下が見られました。メラトニンは、より重症かつ両耳で症状が発生していたり、騒音曝露歴を有する男性において最も効果が顕著でした。

研究者は、メラトニンによる耳鳴り治療の理由の1つとして睡眠の質の改善を挙げています。耳鳴りの原因として処方睡眠薬の副作用があることを考えると、これは興味深い事象です。その他の証拠もメラトニンが内耳機能の改善に役立つ可能性があることを示唆しています。例えばメラトニンは、抗生物質や化学療法剤などの様々な薬物によって引き起こされる内耳損傷に対する保護効果があることが示されています。ある研究では、メラトニンはビタミンCEグルタチオンN-アセチル - システインを含む抗酸化物質の混合物よりも薬物の内耳副作用を制限するのに、最大150倍有効であることが示されています。薬物がしばしば耳鳴りの原因となっていることを考えると、副作用として耳鳴りがある薬物を服用している場合、内耳機能を保護して耳鳴りを予防する目的でメラトニンを服用する必要がある可能性があります。

メラトニンとビタミンB12

ビタミンB12は適切なメラトニンの生成や作用に必要な物質です。研究者は血液中のメラトニンまたはB12のいずれかが低いことが、耳鳴りに関連していることを見出しています。メラトニンとB12の両方のレベルが低い場合、その関連性はさらに強くなります。

耳鳴りは加齢によるビタミンB12レベルの低下に関連する唯一の症状ではありません。複数の研究ではビタミンB12のレベルが年齢とともに低下し、ビタミンB12の欠乏は65歳以上の40%に発生していることが判明しています。この欠乏は食物摂取量の減少の結果も考えられますが、B12吸収を促進する因子として知られる化合物の分泌が低下している可能性が高いと考えられています。ビタミンB12のレベルの低下はどの年齢においても問題となりますが、特に高齢者には神経機能および精神的能力に著しい障害をもたらす可能性があります。ビタミンB12レベルが低くなっている場合、多くの高齢者にとって耳鳴りは様々な症状の氷山の一角であるということも考えられます。 

王立ベルギー耳鼻咽喉科学会が発表したある研究では、様々な急性・慢性の医学的疾患が見られた100人の老人の外来患者のビタミンB12の血中濃度を調査しました。この研究ではビタミンB12欠乏のボーダーラインとなる、B12レベルが148 pmol/L以下の患者11人、レベルが148~295 pmol/Lの患者30人、そして296 pmol/L以上の患者59人を対象としました。最初の測定後、患者は3年間追跡されました。 148 pmol/L未満のB12レベルの患者は治療され、コバラミン濃度の低下の分析には含まれませんでした。初期のB12レベルがより高い患者の年間平均低下率は18 pmol/Lであり、初期B12レベルがより低い患者の年間平均低下率は28 pmol/Lとはるかに大幅な結果が出ています。

これらの結果は、高齢者のビタミンB12欠乏症の検査として、血液中のビタミンB12レベル(血清コバラミン)の測定またはメチルマロン酸の尿中排泄量の測定が有意であると示唆するものです。 さらに65歳以上の高齢者、または全年齢の菜食主義者はビタミンB12、メチルコバラミンの活性型を毎日1000〜3000 mcg摂取することが推奨されています。注:この高用量は、吸収を支援する内因性因子の必要性を迂回します。

ビタミンB12は複数の形態で利用可能です。最も一般的な形態はシアノコバラミンとヒドロキソコバラミンですが、これらの2つの形態は体内でメチルコバラミンに変換されなければならず、シアノコバラミンやヒドロココバラミンをメチルコバラミンに変換する能力が低下することが多くなります。動物の老化に関する検査では、メチルコバラミンは寿命の有意な増加をもたらしたものの、シアノコバラミンでは効果がありませんでした。メチルコバラミンは、シアノコバラミンよりも臨床試験においてより良い結果をもたらしているため、ビタミンB12の特定の効果を期待する場合は常に最良の形態であるべきと考えらています。

最終コメント

資金が投入されていないこともあり、耳鳴りに関連する食事の要因の研究はあまり行われていません。ですが、英国のバイオバンクの資料調査の新しい研究は、英国在住の40〜69歳の成人に対する大規模な研究であり、いくつかの興味深い手がかりを提供しています。生活習慣、騒音暴露、聴覚、人格などの要因を制御した状態で、長期間に渡る慢性的な耳鳴りは魚の消費によって減少しています。これは魚油の補給が効果をもたらす可能性を示唆しています。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症