header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

マグネシウムの10の使用法

9月 6 2017

マグネシウムは体内の個々の細胞内の濃度の点でカリウムに次ぐ物質です。マグネシウムの機能は主に多くの酵素を活性化することにあります。

マグネシウム欠乏症は、アメリカ人、特に高齢者や月経前期間中の女性に極めて一般的です。欠乏症はマグネシウムの吸収を低下させたり、分泌を増加させることがあります。その要因には 高カルシウム摂取、アルコール、手術、利尿薬、肝臓病、腎臓病、経口避妊薬の使用が含まれます。

マグネシウム欠乏の徴候および症状には、疲労、精神錯乱、過敏性、衰弱、心臓障害、神経伝導や筋肉収縮の問題、筋肉痙攣、食欲不振、不眠、ストレスなどが含まれます。

以下は10のマグネシウムの主要な用途です。

喘息および慢性閉塞性肺疾患 (COPD)

マグネシウムは気管支平滑筋の弛緩を促進するため、結果として気道が開き呼吸が容易になります。静脈内マグネシウムは、急性喘息発作およびCOPDの急性炎症を止めるための、十分に実証された臨床的に容認された尺度です。残念ながら、長期の経口マグネシウム補給は、喘息やCOPDの治療において完全に評価されているものではありません。

注意欠陥障害 (ADD)

マグネシウム欠乏症はADDの要因となっている可能性があります。 予備試験では、マグネシウムを与えることでADDの児童の多動は減少しました。この研究では、低マグネシウム(赤血球、髪、血清のマグネシウム値を測定)の50人のADDの児童に1日あたり200 mgのマグネシウムを6カ月間投与しました。その他の25人のマグネシウム欠乏であったADDの児童と比較して、マグネシウム補給を与えられた児童は、多動行動の有意な減少を示しました。

循環器疾患

マグネシウムは、心臓の正常な機能に不可欠です。心臓病および脳卒中の予防におけるマグネシウムの役割は、一般的に認められています。さらに、マグネシウム補給が広範囲の心臓血管疾患の治療に有効であることを実証する研究があります。

狭心症

マグネシウム補給(ほとんどの研究は静脈内投与を使用)は、冠状動脈の痙攣またはアテローム性動脈硬化で狭心症に役立つことが示されています。狭心症におけるマグネシウムの有益な効果は、心臓内のエネルギー生産を改善する能力に関連します。 冠状動脈の拡張や心臓への酸素の送達の改善、末梢血管抵抗の減少、心臓への需要の減少、 血小板が凝集した血餅の形成の阻害、心拍数の改善などがあります。

心臓不整脈

マグネシウムは、1935年に心臓不整脈の治療において価値があることが最初に示されました。60年以上経った今、心房細動、心室早期収縮、心室頻拍、重度の心室性不整脈を含む多くのタイプの不整脈にマグネシウムが有益であることを示す多数の二重盲検研究が現在行われています。

うっ血性心不全

うっ血性心不全(CHF)は、心臓が効果的に血液を送り出すことができない症状です。CHFは高血圧、心臓弁の障害、または心筋症の長期的な影響が主要な原因となっています。 マグネシウムレベルは生存率と直接相関すると示唆されています。ある研究では、正常レベルのマグネシウムのCHF患者はマグネシウムレベルがより低い患者の45%~42%の割合と比較し、71%~61%の1~2年の生存率を有していました。マグネシウム補給はCHFに独自の利益をもたらし、さらにCHF - ジギタリス、利尿薬や血管拡張薬(ベータブロッカー、カルシウムチャネル遮断薬など)の従来の薬物療法によって引き起こされるマグネシウムの枯渇も予防します。

高血圧

人口調査ではマグネシウムの摂取量が多いほど血圧が低くなるという数多くの証拠があり、研究者は高血圧治療におけるマグネシウム補給の効果の調査を行っています。二重盲検試験の結果は混在しており、血圧降下効果が非常に良好であったものと、それほど良好ではなかったものがありました。 利尿薬を服用していたり腎臓から放出される酵素のレニンが高レベルである場合、マグネシウムは最終的にアンジオテンシンの生成とアルドステロンの放出につながります。これらの化合物は血管を収縮させ、血圧を上昇させます。マグネシウムによる血圧低下の程度は一般的には控えめなものです(収縮期および拡張期共に10mmHg未満)。

糖尿病

マグネシウムは、インスリンの分泌や作用において中心的な役割を果たすことが知られています。糖尿病や耐糖能障害患者を対象とした複数の研究では、マグネシウムに効果があることが示されています。マグネシウム補給(通常400〜500mg /日)はインスリンの応答と作用、耐糖能、赤血球膜の流動性を改善します。さらにマグネシウム濃度は通常糖尿病患者では低く、重度の網膜症の患者では最も低くなっています。糖尿病患者はマグネシウム要求量が高く、その必要性を満たすには食事補給が必要です。

疲労

マグネシウム欠乏症は慢性疲労症候群(CFS)に類似した慢性疲労などの症状をもたらすことがあります。慢性疲労やCFSを経験している多くの患者は赤血球のマグネシウムレベルが低いことが判明しています。 CFS患者の二重盲検試験では、マグネシウム補給によりエネルギーレベルの改善、感情状態の改善、痛みの軽減が改善されていることが示されています。このような最近の研究は慢性疲労に苦しむ患者に対する1960年代の臨床試験の結果を裏付けるものとなっています。初期の研究では経口マグネシウムとアスパラギン酸カリウムを使用し、約3000人の患者のうち75%〜91%が治療中に疲労の軽減を経験しています。対照的に、プラセボに反応する患者の数は9%〜26%でした。有益な効果は通常4〜5日後に顕著に表れましたが、時には10日かかることがありました。 患者は通常4〜6週間治療を継続しました。

線維筋痛

線維筋痛は慢性的な筋骨格痛や疲労の一般的原因とみなされる、最近認められた障害です。ある研究では300mg~600mgのマグネシウム(リンゴ酸マグネシウム)を毎日補給すると、圧痛点の数や重症度が大幅に改善されることが実証されました。

腎臓結石

マグネシウムは尿中のカルシウムの溶解度を増加させるため、腎臓結石の形成を防ぎます。食事によるマグネシウムの補給で腎臓結石の再発予防に重要な効果があると言われています。ビタミンB6(ピリドキシン)と併用することでさらに大きな効果が認められると言われています。

偏頭痛および緊張性頭痛

低マグネシウムレベルが偏頭痛と緊張性頭痛の両方を引き起こすというかなりの証拠があります。低マグネシウムの患者に対するマグネシウム補給の二重盲検試験では、優れた結果を生むことが示されています。

妊娠 (妊娠中毒症、早産、その他の問題)

RDAの妊娠中のマグネシウムの推奨摂取量は280mgから350mg /日に増加しています。妊娠中のマグネシウム欠乏症は、子癇前症(血圧の上昇、体液貯留、尿中のタンパク質欠乏に関連する重篤な状態)、早産、胎児の成長遅延と関連しています。経口マグネシウムを妊婦の食事に追加することで、これらの合併症の発生率を有意に低下させることが示されています。 

月経前症候群

月経前症候群(PMS)の原因としてマグネシウム欠乏症が示唆されています。マグネシウムは単一で有効であることが示されていますが、ビタミンB6やその他の栄養素と組み合わせることでより良い結果を達成することが可能です。いくつかの研究では、PMS患者に高用量のマグネシウムとビタミンBを含むマルチビタミンとミネラルサプリメントを投与した場合、マグネシウム単独での試験で得られた結果と比較し、PMS症状がより改善されることが示されています。

利用可能な形態:

マグネシウムは複数の異なる形態で入手可能です。吸収に関する研究では、特にクエン酸塩、グリシン、アスパラギン酸塩、リンゴ酸塩に結合した場合、マグネシウムが容易に経口で吸収されることが示されています。 塩化マグネシウム、酸化物、炭酸塩のような無機形態のマグネシウムは一般によく吸収されますが、より高い用量の摂取で下痢を引き起こす可能性が高くなります。

注意と警告:

重篤な心臓病や腎臓疾患が発生している場合は、マグネシウム補給の前に医師に相談してください。

潜在的な副作用:

通常マグネシウムは非常に良好に許容されます。 特に硫酸マグネシウム(エプソムソルト)、硝酸塩、塩化物マグネシウムの補給により、便のゆるみを引き起こすことがあります。

薬物の相互作用:

マグネシウムの状態に悪影響を与えると思われる多くの薬物が存在し、最も顕著なものには多くの利尿薬、インスリン、ジギタリスがあります。

食物の相互作用:

マグネシウムとカルシウム、カリウム、その他のミネラルとの間には広範な相互作用があります。他のミネラルを高用量で摂取するとマグネシウムの摂取量が減少し、逆も同様です。高カルシウムの摂取やビタミンDで強化された乳製品の高摂取は、マグネシウム吸収の低下をもたらします。ビタミンB6は多くの酵素系でマグネシウムと共に作用します。

標準的な用量:

通常の推奨されるマグネシウムの摂取量は推奨摂取量 (RDA)と同量であり、成人男性は350mg /日、成人女性は280mg /日である。 多くの栄養専門家はマグネシウムの理想的な摂取量は体重(6 mg /体重1kg)に基づくべきであると主張しています。 50kgの体重の推奨摂取量は300 mg、68kgの場合は420 mg、90kgの場合は540 mgとなります。

過剰摂取:

通常過剰摂取は下痢を引き起こします。過剰摂取の場合は次のことを行ってください。過剰摂取をした人が意識不明の状態であったり痙攣を起こしている場合はすぐに救急車を呼んでください。病院には容器を持参してください。過剰摂取をした人の意識がある場合は、地域の毒性コントロールセンターもしくは医療機関に連絡してください。毒性コントロールセンターはトコンシロップ(処方箋なしで薬局で購入可能)を使用して嘔吐をするよう指示することがあります。そのような指示がない場合は嘔吐を意図して引き起こさないでください。

健康

消化器を健康にする4つの方法

健康

ストレスを和らげる最良のハーブ

健康

睡眠以外にも効果的なメラトニン