header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex
checkoutarrow
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
健康

2017年のサプリメント トップ11

12月 29 2017

 エリック・マドリッド医学博士著

「1オンスの予防は1ポンドの治療に値する」- ベンジャミン・フランクリン(1706-1790)

この記事には以下が含まれます。

世界中の人々が、健康や健康な生活、予防薬への注力を選択しています。その結果、サプリメントの販売が盛んになりました。2017年には、世界で1,330億ドル以上の栄養補助食品が販売されました。2022年には、世界的な売上高が2,200億ドル以上に達すると予測されています。

US News and World Reportの報告によると、米国だけで、処方薬の副作用によって毎年12万8千人が死亡していると推定されています。処方薬の使用による合併症により、米国で270万件の急患案件が発生し、ヨーロッパやアジアでは数百万人以上にも上ります。薬剤の危険性に関する懸念から、より多くの人々がより自然なアプローチを好み、選択しています。質の高い製造業者と信頼できる小売業者から、評判の良いサプリメントを選ぶことが重要です。

ビタミンD

過去10年間にわたる何千例もの研究で、ビタミンDの摂取の最適化による健康への利点が示されています。これらの研究によると、血液中のビタミンD濃度が高い人は、心臓発作、乳癌、大腸癌、多発性硬化症、1型および2型糖尿病高血圧、および他の健康合併症のリスクが低いと報告されています。  

晴天の日が年に300日以上の私の南カリフォルニア州の医療診療所では、患者の5分の4(80%)が、血液レベル30 ng / ml(75 nmol / L)以下で要治療とされるビタミンD不足を患っています。  

この欠乏がよく見られる理由は、毎日必要とされる15〜20分間太陽光に当たり、顔、腕、脚を紫外線にさらす人がほとんどいないからです。世界の人々の90%もが、この不足を患っています。肌の色素沈着の原因となるメラニンをより多く持つ人々は、ビタミンDを生成するために最大30分間太陽光に当たる必要があります。65歳以上の人もまた、皮膚の弾力性の変化により、ビタミンDを生成するためにより多くの時間屋外で過ごす必要があります。

血液中のビタミンD値の低下は、以下の疾患リスク上昇と関連しています。

推奨用量:成人は毎日2,000IU~5,000IU。子供は1,000 IU~2,000 IUのビタミンD。ビタミンDの健康効果についてより詳しく読んでみましょう。

プロバイオティクス 

プロバイオティクスとは、腸管を健康に保つために意図的に消費される、健康な細菌や酵母を表す用語です。しばしばリーキーガットとして顕現する不健康な腸は、多くの健康上の問題に関連しています。問題のある食べ物を避け、腸に優しい食べ物を食べることで不健康な腸を修復することが重要です。  

プロバイオティックサプリメントはバランスを回復する上で重要な役割を果たします。 時に有益な細菌を腸に取り込む必要があります。健康な細菌の例には、乳酸菌およびビフィズス菌などがあります。健康な酵母であるアスペルギルス‐ボウファルディは、腸管の微生物の多様性回復に役立ちます。食生活の変更は、腸の健康改善のためにできる最も重要なことです。食事をするとき、腸内細菌も一緒に食べているのです。

推奨用量:ラクトバチルス/ビフィドバクテリウムのプロバイオティックサプリメントは、1日1回または2回、またはラベルに記載の通りで、50億から1000億ユニットを含みます。アスペルギルス‐ボウファルディは1日50億ユニットです。

マグネシウム 

マグネシウムは、人体における350以上の生化学反応に関与する重要な鉱物および酵素補因子です。緑色の葉物などのマグネシウムが豊富な食品を十分に摂取することが重要です。多くの場合、食事だけでは十分ではなく、サプリメントが必要です。

特定の投薬はマグネシウム欠乏のリスクを高ます。これらの薬物には、酸還元剤(すなわち、オメプラゾール、パントプラゾール、ラニチジン)および利尿剤の水薬(すなわち、フロセミド、トリアムテレン、ヒドロクロロチアジド)が含まれます。

マグネシウム欠乏の一般的な副作用には以下のような症状があります。

推奨用量:マグネシウムキレート(アスパラギン酸マグネシウム、クエン酸マグネシウム、リンゴ酸マグネシウム)は、毎日125mg〜500mgを服用する必要があります。軟便が起こる場合は、投与量を減らしてください。酸化マグネシウム製剤も取ることができまずが、吸収率は同様ではありません。

オメガ3魚油

オメガ3必須脂肪酸は、主に、特にエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)から構成されています。 栄養学ジャーナルの2014年の研究によれば、大部分のアメリカ人はオメガ3の精油の消費が十分ではありませんでした。 この栄養素は、魚(サバ、タラ、サーモンが一番豊富)、クルミシアシード亜麻の種子大麻の種子納豆を含む様々な食品源に含まれています。

Future Scienceの2017年の研究は、オメガ3油が心臓病を引き起こす炎症を軽減できると報告しています。アテローム性動脈硬化症の2017年の研究は、血液中の高オメガ3レベルは、心臓病による死亡を30%減少させる可能性があると報告しています。

製薬企業は、トリグリセリドレベルを50%低下させるとの実験結果がある医薬品等級の魚油を製造し販売しています。 しかし、非医薬魚油カプセルは、その費用のほんの一部で同じ効果をもたらしてくれます。

推奨用量:毎日オメガ3魚油1,000~4000 mg。

ウコン/クルクミン

クルクマ・ロンガ(Curcuma longa)とインディアン・サフラン(Indian saffron)とも呼ばれるウコンは、多くの場合その抗炎症抗酸化、消化の健康の効用を目的に消費されるショウガ科の根系植物です。ウコンに含まれる化学物質であるクルクミンは、万能とも言える健康上の効用をもたらすと考えられています。多くの人たちが過去4,000年間にわたり栄養増強のスパイスとしてウコンを使用してきた一方、ウコンは医学において重要な役割を果たしてきました。現在、多くの一般的な病気、怪我、および慢性疾患の代替治療アプローチとして使用法が研究され続けています。ウコン/クルクミンの詳細をご覧ください。

以下の症状に使用されます。

一般的なウコンの摂取方法は、お茶として飲んだり、ある種の皮膚症状のための粉末として使用したり、またカプセル形態で摂取します。

クルクミン/ウコンサプリメントは、通常、1日500mg、または500mgを1日3回まで服用します。

ビタミンC

ビタミンC、またはアスコルビン酸は、重要なビタミンです。 米国の人々を研究したThe American Journal of Clinical Nutritionの2009年の血液検査に基づく調査によると、6歳以上の人たちの7%以上にビタミンCが不足していました。調査対象となった半数以上は最適量以下の摂取量でした。喫煙者はビタミンCレベルが低くなります。またビタミンCは、動脈および皮膚の主成分であるコラーゲン形成において重要な役割を果たします。各種研究は、ビタミンC量の多い食品を含む食生活が心臓に良いと報告しています。Journal of Nutritional Biochemistryの2017年の研究では、ビタミンCが豊富なローズヒップが、心臓病の前駆症状であるアテローム性動脈硬化症を予防するのに有用であると報告しています。局所ビタミンCは、顔のしわにも有用であると報告されています。

推奨用量:1日500mgから2,000mgまでのビタミンCカプセルまたはビタミンC粉末。 局所用ビタミンCは、皮膚保護の指示に従って使用して下さい。

スピルリナ

スピルリナは一般的にスーパーフードだと考えられています。青緑色藻類のグループに属す消化のいい栄養補助食品で、丸薬または粉末の形態で手軽に摂取することができます。スピルリナは、科学者がシアノバクテリアと呼ぶ細菌の一種、特にアルスロスピラ・プラテンシス(Arthrospira platensis)に由来します。  

スピルリナには、タンパク質、ビタミン、ミネラル、植物栄養素の完全な供給源が含まれています。さらにスピルリナには、抗炎症および抗酸化特性があります。栄養状態を最大化したい人は、手始めにスピルリナを追加すると良いでしょう。以下のような効用があります。

推奨用量:スピルリナはサプリメントとして使用することができ、多くのメーカーが錠剤またはパウダの形で販売しています。ラベルの指示に従って摂取します。粉末製剤は、食品に添加に最適です。スピルリナパウダーを使用する場合は、スムージーに加えたり、パンケーキミックス、ブラウニー、ワカモレ、ポップコーンまたは自家製パンに追加することをお勧めします。 スピルリナの詳細をご覧下さい。

コエンザイム10 

コエンザイムQ10(CoQ10)は、細胞の動力源であるミトコンドリアの健康に重要な役割を果たします。心臓はすべての器官の中で最も活動量が大きいので、その代謝要求を満たすために最も多くのCoQ10を生成し、必要とします。したがって、心疾患の患者においては、より多くのCoQ10を摂取量するのが効果的です。

他の14種類の研究を再検証した2017年の研究は、CoQ10の利点を報告しています。 その結果では、CoQ10を服用した人がうっ血性心不全の合併症で死亡する可能性は31%低いことが示されました。

メディカルサイエンスモニターの2014年の研究では、50mgのコエンザイムQ10を1日2回摂取すると、処方スタチン薬により引き起こされる筋肉痛の軽減に効用があることが分かりました。これと対立する他の研究もあります。コエンザイムQ10はまた、LDL(悪い)コレステロール、トリグリセリドおよびLP(a)血中濃度を低下させることがあります。

推奨用量:1日2-3回、CoQ10~100 mg。

SAMe

米国でSAMe、またはSAM-eとしても知られるS-アデノシル-L-メチオニン、ヨーロッパでのアデメチオニン(AdoMet、SAM)は、世界中で人気のあるサプリメントです。

この物質は1952年、イタリア出身のジュリオ・カントーニにより発見されました。 これは、アミノ酸メチオニンとミトコンドリアで作られたATPエネルギー分子(アデノシン三リン酸)から、血液中で自然に作られます。SAM-eは、最終的にドーパミンとセロトニンとなる脳化学物質にメチル(CH3)基を寄与します。これらの神経伝達物質は両方ともうつ病の症状を予防するのに非常に重要で、脳の最良のパフォーマンスをサポートします。

SAM-eは、アスピリン、Coumadin、clopidogrel(Plavix)を服用している人で出血リスクが高まる可能性があるため、サプリメント服用前に医師に相談してください。研究によると、SAMeの効用は次の通りです。

  • 関節痛の緩和
  • うつ病症状の緩和
  • 強力な抗酸化物質である血中グルタチオンレベルを高める
  • 肝臓の毒素や化学物質を解毒する(デトックス詳細をご覧ください)
  • 酸化ダメージからのDNAの保護に有用
  • 体内の炎症を軽減する(炎症の詳細をご覧ください)
  • 免疫システムの保護
  • の保護
  • ホモシステインレベルを低下させる

コラーゲン補助製品

筋肉、骨、皮膚および腱は、主に人体内で最も豊富なタンパク質の種類であるコラーゲンで構成されています。コラーゲンは、人体内の全タンパク質の30〜35%から構成されています。コラーゲンタンパク質は結合組織としても知られており、皮膚の安定化や関節の動き、柔軟性の維持に関与しています。さらにコラーゲンは皮膚に弾力を与えます。研究によると、コラーゲンの補給には次のような多くの効用があります。

オンラインで入手可能な経口コラーゲンサプリメントの様々な形態があります。ウシ(牛)由来のものもあれば、海洋(魚)由来のものもあります。

推奨用量:コラーゲンカプセルとコラーゲンパウダー1日3,000~5,000 mg。また、コラーゲンの強度と生成の最適化に役立つため、1日に1,000~2,000mgのビタミンC摂取を検討してください。

ホエイプロテインパウダー

ホエイプロテインは、日常的に運動する人々が使用する一般的なサプリメントであり、減量したい人の場合は食事代用品として頻繁に使用されています。

ホエイプロテインには以下のような効用があります。

サプリメントは健康的なライフスタイルを促進します

市場には多くのサプリメントが出回っています。どれを摂取するべきか避けるべきかを決めるのは難しいかもしれません。この記事で取り上げたのは、最も人気のあるサプリメントです。果物や野菜が豊富に取り入れた健康的な食生活は、健康の促進と長寿のための重要な要素です。サプリメントは通常、代謝システムが多量の栄養素を必要とする場合に、バランスのとれた食生活で摂取できる量よりも多くの栄養素を必要とする場合に推奨されます。健康に食べて、健康に考えて、健康になってください!

参照:

  1. Navarro VJ, Barnhart H, Bonkovsky HL, et al. Liver injury from Herbals and Dietary Supplements in the US Drug Induced Liver Injury Network. Hepatology (Baltimore, Md). 2014;60(4):1399-1408. doi:10.1002/hep.27317.
  2. Papanikolaou Y, Brooks J, Reider C, Fulgoni VL. U.S. adults are not meeting recommended levels for fish and omega-3 fatty acid intake: results of an analysis using observational data from NHANES 2003–2008. Nutrition Journal. 2014;13:31. doi:10.1186/1475-2891-13-31.
  3. Bäck M. Omega-3 fatty acids in atherosclerosis and coronary artery disease. Future Science OA. 2017;3(4):FSO236. doi:10.4155/fsoa-2017-0067.
  4. Atherosclerosis. 2017 Jul;262:51-54. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.05.007. Epub 2017 May 6.
  5. Am J Clin Nutr. 2009 Nov;90(5):1252-63. doi: 10.3945/ajcn.2008.27016. Epub 2009 Aug 12.
  6. Heart Advis. 2015 Oct;18(10):10.
  7. J Nutr Biochem. 2017 Jun;44:52-59. doi: 10.1016/j.jnutbio.2017.02.017. Epub 2017 Mar 21.
  8. Al-Niaimi F, Chiang NYZ. Topical Vitamin C and the Skin: Mechanisms of Action and Clinical Applications. The Journal of Clinical and Aesthetic Dermatology. 2017;10(7):14-17.
  9. Lei L, Liu Y. Efficacy of coenzyme Q10 in patients with cardiac failure: a meta-analysis of clinical trials. BMC Cardiovascular Disorders. 2017;17:196. doi:10.1186/s12872-017-0628-9.
  10. Skarlovnik A, Janić M, Lunder M, Turk M, Šabovič M. Coenzyme Q10 Supplementation Decreases Statin-Related Mild-to-Moderate Muscle Symptoms: A Randomized Clinical Study. Medical Science Monitor : International Medical Journal of Experimental and Clinical Research. 2014;20:2183-2188. doi:10.12659/MSM.890777.
  11. Suksomboon, N., Poolsup, N. and Juanak, N. (2015), Effects of coenzyme Q10 supplementation on metabolic profile in diabetes: a systematic review and meta-analysis. J Clin Pharm Ther, 40: 413–418. doi:10.1111/jcpt.12280
  12. Amirhossein Sahebkar, Luis E. Simental-Mendía, Claudia Stefanutti, Matteo Pirro, Supplementation with coenzyme Q10 reduces plasma lipoprotein(a) concentrations but not other lipid indices: A systematic review and meta-analysis, Pharmacological Research, 2016, 105, 198
  13. J Am Coll Nutr. 2017 Oct 31:1-11. doi: 10.1080/07315724.2017.1344591. Benefits of Whey Protein [Epub ahead of print]
健康

ブラックコホシュと女性の健康

健康

断食の効果

健康

ヨガの効果を高める方法