header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

ビール酵母と栄養酵母の違い

8月 29 2017

ビール酵母と栄養酵母の違いを知ろう。

不活性酵母は、単細胞の菌類で栄養価が満点です。ビール酵母と栄養酵母はともにサッカロミセス・セレビシエの一種で、健康食品専門店で普通に販売されていますが、両者は風味と栄養の面で大きな違いがあります。

ビール酵母はビール醸造の過程で生まれる副産物です。大麦麦芽の上で増殖し、この大麦麦芽がビール酵母に独特の苦みを加えます。ビール酵母はまた、サプリメント用としても独自に生産されています。この酵母には、ビタミンB群、タンパク質、クロム、セレンが豊富に含まれています。ビール酵母と栄養酵母の栄養面での一番の違いは、ビール酵母には微量元素のクロムが含まれるが、ビタミンB-12が含まれないということです。

ビール酵母は、天然のノミ忌避剤としてペットフードにふりかけて使用することもできます。脱苦味ビール酵母の楽しみ方はさまざまで、ポップコーンにふりかけたり、ヨーグルトに混ぜたりすることも可能です。また、味を隠すために、フルーツや野菜スムージーに加えても良いでしょう。

他方、栄養酵母は副産物ではなく、通常はサトウキビやテンサイ糖蜜の上で育ちます。栄養酵母はビール酵母に比べてマイルドで、ナッツのような風味が特徴です。この種の酵母には、ナイアシン、葉酸、亜鉛、チアミン、セレンが豊富に含まれています。また、ビタミンB-12を加えて栄養価を高めることが可能で、ビタミンB-12不足に陥りがちなビーガンの方にとって重要な栄養剤となります。

そのナッツのような独特な風味のおかげで、栄養酵母はビーガンの方にとって、パルメザンチーズ等の粉チーズの代用品として人気があります。また、パスタやポップコーンにかけて食べる方もたくさんいます。栄養酵母はまた、サンドウィッチ用の自家製ピーナッツバタースプレッドを作るのにも適しています。作り方は、ピーナッツバターが3にハチミツが2の割合で混ぜ、濃厚なスプレッドになるよう十分な酵母を加えます。

栄養

生産性を高めて自然にエネルギーを生じさせる4つの食べ物

栄養

コーヒーの代わりにエネルギーを素早く高める5つの天然代替品

栄養

アップルサイダービネガーが健康にもたらすメリットとそのレシピ