checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

乳製品不使用のカシューナッツヨーグルトのヘルシーでおいしいメリット

1月 2 2019

乳製品由来のヨーグルトを食べるのが心配な人は、ナッツ由来のヨーグルトに簡単を代わりに使ってみましょう。カシューナッツプロバイオティクスで作る自家製ヨーグルトはヘルシーでおいしい上に、数分で作ることができます。

ヨーグルトのメリットは、おいしくてお腹が満たされるだけでなく、多用途でもあります。しかし、ヨーグルト製品の多くには乳製品が含まれているという欠点があります。良質の乳製品不使用のヨーグルトを見つける簡単ではありません。なぜなら、プロバイオティクスの味と濃度を的確に得るのは難しいからです。あまり質の良くない製品をお店で買う代わりに、ご家庭でも簡単に作ることができます。この記事では、カシューナッツヨーグルトの栄養上のメリットと、ご家庭での作り方をご紹介します。

ナッツで作られた乳製品不使用のヨーグルトを選ぶ理由

ヨーグルトを日常的に食べる人は少なくありません。タンパク質と脂肪が豊富に含まれるヨーグルトは軽食としても優れているだけでなく、他の食品に加えるのにも適しています。しかし、従来のヨーグルトは発酵乳から作られているので、倫理的または健康上の理由から牛乳を飲まない人は通常ヨーグルトを食べることができません。

ヨーグルト製品の多くはヘルシーに見えますが、乳製品が含まれているので実際は汚染物質がたっぷり入っています。酪農場では牛乳の生産量を増やすために牛にホルモンを与えることがあります。これらのホルモンは乳製品に入り込み、正常な人体機能に害を与える可能性があるのです。また、牛乳には牛に与えられる飼料に含まれる農薬や薬に含まれる抗生物質も入っている可能性もあります。これらの種類の毒素は、人体に有害なレベルにまで蓄積することがあります。

たとえオーガニックでグラスフェッドの乳製品を飲んでいるとしても、基本的な栄養素によって問題が生じることがあります。乳製品に含まれる脂肪の量は、心臓血管系に問題を引き起こす可能性があります。乳製品由来のヨーグルトには飽和脂肪が多く、動脈の詰まりや心臓の問題の原因となる可能性もあります。乳製品は、幼い動物を育てるために使われるものなのでインスリン様成長因子が多量に含まれており、成人が定期的に飲むと問題を引き起こすことがあります。高濃度のIGF-1は、前立腺癌、乳癌、糖尿病のリスクの増加に関連しています。乳製品は人の健康に問題がある上に、動物の権利を守りたい人にとっては問題かもしれません。牛を倫理的に扱う農場も一部ありますが、乳製品の大半は工場式農場で製造されています。

乳製品由来のヨーグルトは、健康や倫理的理由に関心がないとしても、多くの人々にとっては最良の選択肢とは言えません。乳製品に含まれる乳糖を適切に消化するのが難しい人も少なくはありません。乳糖を処理するための遺伝子がない人は、乳製品を食べるとガス、痙攣、排便で困難な状態になることが多いのです。このため、牛乳は最も一般的なアレルゲンなのです。

これらの理由から、乳製品を含まないヨーグルトを好む人が多いのです。ヨーグルトの優れた代替品は、ナッツで作られたヨーグルトです。カシューナッツには乳製品に似たとても穏やかな風味があります。乳製品由来のヨーグルトと同様に、ナッツ由来のヨーグルトは脂肪やタンパク質の理想的な供給源です。植物由来の不飽和脂肪が含まれるので、より健康的な脂肪とタンパク質の供給源として使用できます。これは、ケトン食ダイエットパレオダイエットの食事をしようとしている人の場合は特に役立ちます。

プロバイオティクスを食事に含めるメリット

市販されている乳製品不使用のヨーグルト製品はたくさんありますが、そのすべてにプロバイオティクスが含まれている訳ではありません。プロバイオティクスは人体に有益な生きた微生物の一種です。その中にはビフィズス菌や乳酸菌など多くの種類があります。プロバイオティクスは他の形態の細菌とは異なり、腸内に存在する間は積極的に健康を促進します。プロバイオティクスの主なメリットは、悪性細菌に対処できることです。プロバイオティクスは腸内に生息し、有害な細菌が抑制なく成長するのを止めます。

プロバイオティクスが多く存在するために腸内細菌のバランスが適度に取れていると、胃腸の不快感がかなり発生しにくくなります。胃や腸は適切に食物を消化して毒素を排出することができるのです。プロバイオティクスをよく摂取する人には、膨満感、下痢、お腹がゴロゴロと鳴るなど、消化不良の徴候があまり出ません。

食物不耐性や消化器系の問題がある人は、プロバイオティクスを食生活の一部にすると役立つことが多いのです。プロバイオティクスは、一部の人には肥満や消化器系の問題の原因となる乳糖などのアレルゲンの消化に役立ちます。潰瘍性大腸炎、炎症性腸疾患、クローン病などの症状がある人は、プロバイオティックスのサプリメントを摂取すると症状の管理に役立つことがあります。

ほとんどのプロバイオティクスは腸に有益ですが、その効果は体全体でも感じることができます。いくつかの研究によると、乳酸を産生するプロバイオティックス細菌はコレステロールを分解し、コレステロール値と血圧を全体的に低下させるのに役立つことが示されています。また、プロバイオティクスは免疫系を強化し、体が摂取するあらゆる細菌に対処するにも役立ちます。他の研究では、プロバイオティクスを補給すると体内のストレスホルモンの濃度が低下するので、うつ症状の軽減にも役立つことが示されています。

プロバイオティクスは健康の増強に有用なだけではありません。これらの小さくて便利な細菌は、食品に加えて味を良くすることもできるのです。ナッツ由来のヨーグルトは、プロバイオティクスを追加しないと単なるナッツバターのような味になってしまいます。プロバイオティクスの培養物はヨーグルトの中でゆっくりと成長するので、ヨーグルト特有の酸っぱさが生じるのです。

乳製品不使用のプロバイオティクス入りヨーグルトの作り方

このレシピは完成まで2日かかることがありますが、ほとんどの時間はヨーグルト内でプロバイオティクスを発酵させるのに費やされます。必要なのは5つの材料のみ、というとてもシンプルなレシピなので、実際の手作業には数分しかかかりません。サイリウムの殻がヨーグルトにとろみを加え、プロバイオティックスが酸味を加えるので、ヨーグルトは単なるカシューナッツバターのような味にはなりません。そして、優しい風味ながら濃厚でクリーム状のヨーグルトができあがります。

材料:

作り方:

  1. 大きめのボウルにカシューナッツを入れ、カシューナッツの表面から2.5センチほどの温かいお湯を加えます。少なくとも8時間、できれば一晩そのまま浸します。
  2. サイリウムの殻を½カップの水に浸し、カシューナッツと一緒にミキサーに入れます。
  3. ミキサーに½の水とメープルシロップを加えます。
  4. カシューナッツがクリーミーで滑らかになるまでミキサーにかけます。
  5. カシューナッツをボウルに入れ、プロバイオティクスのカプセルを開けて中身をカシューナッツに加えます。しっかり混ざるまで優しくかき混ぜます。
  6. ボウルを布で覆い、温かく暗い場所に置きます。
  7. 少なくとも24時間そのままにします。24時間経ったらヨーグルトの味見をします。最初は少し酸っぱく感じますが、そのままにしておくと酸っぱさがなくなっていきます。お好みに応じて、ヨーグルトは48時間までそのままにすることができます。
  8. 食べる時になるまで冷蔵してください。
  9. 盛り付けてお楽しみください。

自家製ヨーグルトのおいしい食べ方

できあがった自家製ヨーグルトを楽しむには、たくさんの方法があります。ヨーグルトにハチミツや自家製ジャムをかけるとおいしい軽食として召し上がれます。ヨーグルトの塊をオートミールの上に添えたり、スムージーに加えてタンパク質を朝食に加えても良いでしょう。より凝ったレシピには、カシューヨーグルトをロールドオーツ、新鮮なベリー、刻んだダークチョコレートとレイヤー状に配置すると、パフェのできあがり。このヨーグルトはあまりに甘くないので、甘いもののレシピ以外にも多くの使い道があります。少量のヨーグルトをカレーソースに混ぜ入れると濃厚なクリーム状になり、スパイスやレモン汁を混ぜ入れるとピリッとした味の野菜ディップソースになります。

栄養

インターミッテント・ファスティング超入門

栄養

週末のバーベキューにぴったりな5つのベジタリアンレシピ

栄養

ホルモン調和のためのタンパク質