beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

ツヤのある肌、健やかな髪、丈夫な爪に最適なサプリメント

著者:ジェニー・リュー博士

この記事の内容 :


食物が体を作り、摂取された食物は肌、髪、爪に反映されやすいものです。糖分の多い加工食品食物を大量に摂ると、ニキビ肌や炎症性の肌を引き起こしやすく、肌の老化を早めてしまいます。体内で特定の ビタミン や ミネラルが不足すると、顔色が悪くなり、髪のツヤやコシがなくなり、爪がもろくなります。 

食事だけで最適な栄養状態を目指すのは、到底現実的ではありません。たとえ努力しても、特に仕事で忙しい毎日を送るほとんどの人には、日常的に推奨摂取量をクリアするなど困難なことです。私自身を含め、食事でこれらの要件をすべて満たすことができない方に、ビタミンやその他の栄養補助食品を毎日摂取して、健康全般はもちろん、肌、髪、爪の健康サポートに役立てるようお勧めします。

健康な肌のためのサプリメント

ビタミンC

ビタミンC は、全身と肌の健康に重要な栄養素です。ビタミンCは、皮膚のコラーゲン生成に欠かせません。 コラーゲン は、人体で最も多いタンパク質です。コラーゲンは、皮膚の他にも、筋肉、靭帯、腱、関節をサポートします。コラーゲンは、加齢と共に減少し、それが肌のたるみや大小のシワとなって現れます。 

ビタミンCは 抗酸化物質 でもあり、日光や環境を原因とする早期老化対策に役立ちます。ビタミンCは、体内で生成されない水溶性栄養素であるため、食事から摂取することが肝心です。優れたビタミンCの供給源として、レモン、オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類をはじめとする果物や、ピーマン、ブロッコリー、ケール、芽キャベツなど、多数の野菜が挙げられます。  

食事で推奨摂取量を補えない方は、ビタミンCのサプリメントを1日500〜1000mg摂取すると良いでしょう。水溶性のビタミンCは、尿中に排泄されるため、過剰摂取や毒性はごく稀なことです。

ビタミンE

ビタミンE も、 ビタミンCと同様に抗酸化性に優れた重要な栄養素です。実際、ビタミンCとEは、併用するとさらに機能が高まりやすくなります。ビタミンEは、日光や汚染物質によって生成されるフリーラジカルが誘発するDNA損傷防止を促進します。また、免疫系を強化し、血栓予防にも役立ちます。ビタミンE・C配合の局所製剤の多くは、日光のダメージに対処し、老化の兆候を遅らせる効果が期待できます。 

ビタミンEは脂溶性で、葉物野菜、 ナッツ類、アボカドといった食物の他、ヒマワリ油などの植物油に含まれています。脂溶性であるビタミンEは、ビタミンCほど簡単に代謝されません。蓄積と毒性を回避するため、ビタミンEのサプリメントは1日< 15mg(未満)に抑えることが大切です。

オメガ3脂肪酸

 オメガ3には多くの効能があります。オメガ3脂肪酸は体内で自然生成できない必須脂肪であるため、食物またはサプリメントから摂取する必要があります。脂肪酸は細胞膜の重要な成分であり、炎症対策を後押しします。脂肪酸は、一部の慢性疾患予防に関与することも考えられます。 

加齢と共に、慢性的な日光曝露と自然な老化過程により肌が乾燥し、くすんできます。オメガ3は、炎症制御と皮膚バリア修復を助けることで、皮膚の正常な機能を維持し、健康的なツヤのある肌に導きます。オメガ3は、湿疹や乾癬といった慢性皮膚疾患の改善に役立つこともわかっています。サケはオメガ3供給源の代表格ですが、 フィッシュオイルサプリメント を毎日摂取することは優れた選択肢と言えます。

プロバイオティクス

体内の微生物叢は、バランスの取れた健康な体を保つ上で重要な役割を果たします。多くの炎症性疾患において、善玉菌・悪玉菌間の不均衡がよく見られます。 

毎日 プロバイオティクスサプリメント を摂取することで、IBS(過敏性腸症候群)患者の膨満感減少と、湿疹などの慢性皮膚疾患患者に見られる炎症量の減少を図れます。アトピー性皮膚炎患者を対象とした臨床研究では、毎日プロバイオティクスを摂取した患者群は、対照群と比較してステロイド局所投与回数が減少したことが示されています。

健康な髪と爪のためのサプリメント

ビタミンD

ビタミンD は、紫外線に当たると皮膚で産生される脂溶性ビタミンです。ビタミンDには、骨の健康促進、炎症の調節、髪の健康など、多数の生物学的効果があります。ビタミンDは、腸内細菌を調整することで自己免疫疾患の調節にも関与する可能性があることが研究で示されています。 

広範囲に及ぶびまん性脱毛症患者や毛髪が痛みやすい人は、ビタミンD欠乏症であることが多いものです。日光に当たるだけでビタミンDを十分合成できている人は稀です。しかも、皮膚がんや老化リスクがあるため、習慣的な日光曝露はお勧めできません。ビタミンDは、サプリメントと食物から摂取するのが一番というわけです。ビタミンDが豊富な食物には、脂肪の多い魚、大豆食品、卵黄などがあります。ビタミンDサプリメントの推奨摂取量は、平均的成人で1日800〜1000 IUです。

ビオチン

ビオチン は、栄養素をエネルギーに変換するために体が必要とする水溶性のビタミンB7です。ビオチンは、特に妊娠中や授乳中の女性を中心に、毎日の身体機能に欠かせません。 

ビオチンは、丈夫で健康な爪と髪の維持にも重要な役割を果たします。ビオチンが正確にどう機能するのかは不明です。ビオチンは、皮膚、髪、爪の構成要素であるケラチンを強化することがわかっています。ビオチンのサプリメントが育毛を改善し、もろい爪を丈夫にする可能性があることが臨床研究で示されています。 

ビオチンのサプリメントを毎日摂取したところ、産後脱毛症からの回復が見られました。他のビタミンや亜鉛などのミネラル配合のサプリメントをお勧めします。 亜鉛 は、フリーラジカルによるダメージ対策として有用であり、ビオチンと同様に、細胞代謝や免疫の他、炎症予防にも不可欠です。

ニキビ肌用サプリメント

ニキビは、私の患者の間で最も多い症状です。ニキビは、10代の若者だけに出るわけではありません。 20代、30代、40代、場合によってはそれ以降でもニキビに悩まされるケースがあります。 

女性のホルモンニキビは、時に厄介なものです。頬から顎にかけて、さらには首筋にまで、根の深い吹き出物が現れ、その間、悪化することもあります。最も効果的な治療法は、ホルモン炎症に対処する処方薬ですが、これは誰もが耐性を持つ療法ではありません。そこで、薬剤に頼ることなく、ニキビのない肌の維持に役立つ自然療法を2つご紹介しましょう。

スペアミント

スペアミントの抗アンドロゲン効果はよく知られています。スペアミントは、抗炎症性と抗菌性も備えています。スペアミントは、月経周期中に増加するホルモンを調節します。これらのホルモンが皮脂腺を刺激すると、最終的に月経前後の根深い嚢胞性ニキビ発生につながります。カップ1杯の スペアミントティー を1日2回飲むことで、ホルモンニキビの改善に何らかの効果があることが臨床研究で示されています。

ターメリック(ウコン)

インドで人気の高い ターメリック は、過去何世紀にもわたって薬用として使用されてきました。 クルクミン は、ターメリックから単離された活性化合物で、抗酸化作用、抗炎症作用、抗発がん作用が特徴です。これまで最も研究されているスパイスの一つであるターメリックは、実験室研究で多くの有望な結果が示されています。クルクミンは、ニキビの原因に関与する重要な細菌であるプロピオニバクテリウム属を阻害する可能性があることも示されています。ニキビに加えて、ターメリックは乾癬や湿疹の他、老化対策にも効果が期待できます。スキンケア製品やマスクなどの局所製剤では、皮膚を刺激したり黄色く染まるおそれがあるため、ターメリックの粉末状サプリメントを毎日摂取することをお勧めします。スムージー、カレー、紅茶にもターメリックを加えると良いでしょう。これは、食事に 抗酸化物質 を追加する簡単で効果的かつ多目的な方法と言えます。

最高の肌、髪、爪は、スキンケアやヘアケア製品などより、食事と栄養の賜物であることをお忘れなく。体に良い食事と運動習慣を合わせ、セルフケアとストレス緩和に十分な時間を費やすことで、明確な考え方、健康な体、輝く肌を確保できるでしょう。

美容

強い皮膚マイクロバイオームを支える4大抗酸化物質

美容

ニキビ(アクネ)に対処するためのとっておきのアドバイス

美容

植物ステロールとは?この成分でみずみずしく、ふっくらとした肌を手に入れましょう!