header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

目を保護するための最良の栄養素

4月 28 2017

北米では、白内障黄斑変性症などの知覚障害を引き起こす主な原因の予防や治療のために、栄養素が大きな役割を果たしています。いずれの症状においても、目の正常な保護メカニズムでは水晶体や黄斑へのダメージを防ぐことはできません。目の健康を維持、上記の病気を予防、これらの症状が見え始めた際に視覚機能を改善させるよう、特定の栄養素を摂ることは欠かせません。

特にベリー類・ブドウ類の極彩色の果物や、緑の葉野菜などの野菜をたくさん摂ることは、白内障や黄斑変性症のリスクを低めます。当初、目は抗酸化物質ビタミンミネラルをたくさん摂ることで保護されると考えられていました。ただしその後になって、ルテインゼアキサンチンリコピンフラボノイドのような非プロビタミンAカロチノイドなどの「本質的でない」食物成分が、白内障や黄斑変性症の発症に対し、ビタミンCビタミンEセレニウムなどの従来の栄養的抗酸化物質よりも多くの保護をもたらすことが判明したのです。

知覚障害の兆しがある場合は、医師によって適切に診断してもらう必要があります。まずは基本的な目の検査を行い、再検査を行う前に治療プログラムを最低6ヵ月行うことをおすすめします。症状が悪化しないまたは改善が見られた場合は、成功の証です。

目の健康を改善させる大切な栄養素の一部を見ていきましょう。

ルテイン

黄斑の健康に関わる大切な成分は、カロテン類のルテインゼアキサンチンです。これらのカロテンは、はっきりと見えるようにする網膜で酸化的損傷を負った部分に作用を施し、黄斑変性症を予防するための中心的な役割を果たします。黄斑変性症を持つ被験者が毎日10~15mgのルテインを摂取した某研究では、偽薬を渡された被験者に対し、グレア回復、コントラスト感度、視力など、視覚機能における様々な客観的計測値で大きな改善が見られました。3件の大規模な研究では、ルテインの摂取は白内障手術と逆関係があることが示されました。つまりルテインの摂取量が高ければ高いほど、白内障手術の必要性が減ったのです。ルテインは、白内障の形成を防止する以外にも、白内障を患う方の視覚機能を改善させます。

 ルテインが見つかる食べ物:緑の葉物野菜、ピスタチオ、エンドウ、キュウリ、セロリ

栄養的抗酸化物質

βカロテンビタミンCビタミンE亜鉛セレニウムなどの栄養的抗酸化物質は、目の健康に関わるとても大切な栄養素です。これら一つの栄養素に焦点が当てられる研究が多いなか、加齢性眼疾患研究(AREDS)グループの研究では、これらの栄養素を単独で摂るよりも組み合わせて摂る方が、より良い結果をもたらすことが確認されています。とは言え、単にビタミンCや亜鉛を摂るだけでも、目の健康を維持するための多大な効果があります。某研究で治験者がビタミンC サプリを10年以上摂り続けた際、ビタミンC サプリを摂らなかった方よりも白内障の形成率が77%低いことが見つかっています。

おそらく亜鉛は、目の健康に関して最も大切なミネラルです。これは網膜や視覚処理のメカニズムで本質的な役割を果たす成分です。白内障の9割以上のケースでは、亜鉛値の大幅な低下が見られています。また亜鉛は、黄斑変性症の予防にも関わります。151人の被験者が参加して2年間行われた二重盲検型のプラセボ対照試験では、亜鉛サプリメントを摂り続けたグループは、偽薬を与えられたグループよりも視力の低下が大幅に低いことが示されています。

 ビタミンCが見つかる食べ物:ピーマン、ケール、キウイ、パパイヤ、オレンジ、クレメンタイン、イチゴ

 亜鉛が見つかる食べ物:牡蠣、カボチャの種、ピーナッツ、カニ

フラボノイド豊富のエキス

ブルーベリービルベリー松樹皮またはブドウ種子などのフラボノイドが豊富なエキスもまた、目の健康の改善や、白内障・黄斑変性症の保護に大きなメリットをもたらします。これらのエキスは大きな抗酸化作用をもたらす以外にも、網膜への血液循環を改善、また、特に暗所での視力を高めるなどの視覚処理を改善させるプラス効果が示されています。目の健康をサポートするには、これらフラボノイドが豊富なエキスのうちの一つを150~300mg摂るようにします。

コエンザイムQ10(CoQ10)とアセチルLカルニチン

この二つの栄養素は、エネルギーの生成に重要な役割を果たします。車に例えた場合、細胞内のCoQ10はエンジンの点火プラグ、その一方でアセチルLカルニチンは燃料噴射装置ととても似ている作用があります。車がはじめにエンジンを点火させないと動かないように、体内の細胞はCoQ10やカルニチンがないと正しく作用しません。CoQ10やカルニチンは、細胞内でエネルギーを生成する部位のミトコンドリア内で主に作用します。体が自らCoQ10やカルニチンを生成することもありますが、多数の研究ではサプリメントによる多大なメリットが示されています。特に網膜内のミトコンドリアは、細胞の代謝から生じた有毒な副産物による損傷を受けやすく、この場合においてアセチルLカルニチン(吸収性が非常に高いカルニチン)とCoQ10の重要性が高まります。アセチルLカルニチン(200mg)、オメガ3脂肪酸(EPA:460mg、DHA:320mg)、CoQ10(20mg)を組み合わせた某二重盲検試験では、黄斑変性症の初期段階において視覚機能や黄斑の変化で改善が見られています。また48件中47件のケースでは、病気の進行が止まりました。

魚油

 動脈硬化(アテローム性動脈硬化症)と目の健康には強い関係があります。魚油に含まれるオメガ3脂肪酸は、アテローム性動脈硬化症と同様、黄斑変性症のような目の病気の予防で大きな役割を果たします。目の健康を十分にサポートするための魚油サプリメントの推奨摂取量は、二つの重要なオメガ3脂肪酸とされるEPA・DHAをおよそ1,000mg摂るようにします。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症