header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

アンチエイジングの年代別ベストアドバイス

1月 3 2018

著:アラン・M・ダットナー(MD)

歳を重ねるごとにスキンケアの方法を変えていく必要があります。20代向けの製品やケアの方法は、40代向けのものとはかなり異なります。この記事では肌が直面する問題を年代別に見ていくので、どれだけ日光を浴びても良いのか、どのような方法で肌の潤いを保つべきかなど、ご自身の年齢に合ったスキンケアの方法がよくわかります。年齢に適した方法を選べば、肌の美しさをさらに長い間保てるチャンスが高まります。

20代のスキンケア

20代の人には20代特有の肌のトラブルがあります。10代の時に始まったニキビの問題が未解決の人もいます。アクティブな人は太陽の下で長時間過ごすことが多いでしょう。また、老化現象が肌にまだ現れないので、予防対策など考えたことがない人もいます。

ニキビで悩む20代の人には、砂糖、高GI食品、ジャンクフードなどを減らすことをおすすめします。また、肌を乾燥させ過ぎないよう気を付けることも大事です。オイリー肌で黒ニキビがあるのなら、定期的に微粒子入りの スクラブで洗顔をして毛穴の詰まりを取り除いてみてください。処方箋薬が必要でない程度のニキビであれば、ビタミンA配合のナチュラル製品が、ニキビができやすいオイリー肌の毛穴の詰まりを取り除くのに効果的です。クレイマスク、クレイ成分配合のニキビ治療製品、抗菌効果があるエッセンシャルオイル、ナイアシン配合クリームなど、患部に塗るニキビ用ナチュラル製品もあります。また、消化器官の問題が解決すると、ニキビの問題も解決することがあります。

年を取ってから肌のダメージが現れるのを防ぐために、日焼けをしないようにすることが重要です。屋外で過ごす時間が多いために日焼けが避けられない場合は、過度な肌の露出はできるだけ控え、肌が赤くなってひりひりするような日焼けは絶対しないよう気を付けてください。直射日光が当たる場所を避けたり、日光を通さない服を着たり、帽子をかぶったり、日陰がある場所を選ぶのが、日焼け予防として第一にすべきことです。次段階の予防策として、天然原料を使った日焼け止めも欠かせません。新しい日焼け止め製品にはビタミンやハーブが原料の抗酸化剤も含まれています。また、経口の抗酸化サプリの服用でも肌の保護が可能です。(注:長時間日光を浴びる場合、サプリだけでは日焼け予防は不十分です。)

入浴のし過ぎや刺激の強い石鹸を避け、乾燥肌の場合は入浴後の肌に湿り気がまだある時に保湿を行ってください。つけ心地が一番良いのはクリームですが、オイルや軟膏は原料の数が少なく、保存料を使う必要もなく、アレルギーを起こす可能性が低いです。以下のようなオイルがおすすめです。

30代のスキンケア

30歳を過ぎると、日光によるダメージや自然な老化がもたらす肌の変化が見られるようになります。顔だけでなく、首下の胸元にも注意を払ってください。この2つのエリアが直射日光に長時間さらされる体の部分で、ダメージがまず初めに現れる部分でもあります。日焼け止めやスカーフなどでカバーすれば、何年も若返って見えます。

色素が集中して沈着した部分が現れることもありますが、これは避妊薬や妊娠が原因である場合が多いです。日焼け止めクリームや帽子でしっかりと日焼け止め対策を行うことが大事です。一般的に炎症緩和として使われる抗酸化ビタミンやサプリを塗ったり飲んだりしても、ある程度の効果が見られます。

目の下にクマができ始めることがあります。睡眠不足、腎臓へのストレス、季節特有のアレルギーなどで起こるので、原因を突き止めることが重要です。アレルギー源を避けたり、空気洗浄機を利用したり、食物アレルギー対策を行ったり、ケルセチンイラクサのサプリを服用すると、埃・花粉アレルギーが原因の目の下のクマを改善できるかもしれません。

妊娠や長時間立っていることが原因で静脈瘤やクモ状静脈ができることがあるので、脚のチェックも続けてください。少しの間心臓より上に足を上げたり、着圧ソックスを履いたり、ビタミンCセイヨウトチノキバイオフラボノイドなどのサプリを服用するのが効果的だと言われています。この種のサプリと色とりどりの野菜や果物が豊富な食生活を組み合わせれば、顔や足に浮かぶ毛細血管の見た目が薄くなるとも言われています。

顔や目の周りの保湿も重要です。アルファ・ヒドロキシ酸などのフルーツ酸が配合されているクレンザーを使えば、古い角質が除去されて顔の色が良くなります。

40代のスキンケア

屋外で過ごすことが多い人は、40歳を過ぎると首下の胸元のエリアのダメージが目立ち始めることがあります。このエリアの保護には、スカーフだけでなく日焼け止めクリームも使うことが重要です。内服用・外用の抗酸化剤には以下のようなものがあります。

ビタミンA、レチノール、処方薬のレチノールで、皮膚の厚みが増し、角質が除去され、軽い浮腫が起こるので、皮膚に張りが出て細かなシワが目立たなくなります。ヒアルロン酸をごく少量皮膚に吸収させると、加齢が原因で失われた天然のヒアルロン酸の代わりとなり、保湿剤の役割を果たします。

50代以降のスキンケア

40代を過ぎると、老化とホルモンの変化によって皮膚の中にあった伸縮性の高い繊維組織やコラーゲンが失われますが、それでも肌の張りはまだかなりある状態です。40・50代を過ぎたら、この張りのキープが重要ポイントです。線維芽細胞を刺激してコラーゲンの生成を継続させるために、顔に豊かな表情を作ったり、顔のエクササイズに励んだりしてみてください。特に皮膚の真下にある筋肉を引き締める作用があるペプチドや、コラーゲン形成を促すペプチドが役立ちます。良質のたんぱく質亜鉛などのミネラルの摂取も、コラーゲンの生成に欠かせません。若返り効果があるクリームには、コラーゲン生成を手助けする効果が期待される銅ペプチドが含まれています。

60歳を過ぎると手にシミができたり加齢の兆候が見られるようになりますが、これは若い時に受けたダメージによるものです。サイクリング、ゴルフ、カヤック、ガーデニングなどのアウトドアのアクティビティが好きな方は、手袋をはめればスポーツなどの衝撃から手を保護できるだけでなく、手の甲の紫外線対策にもなります。多種多様な天然植物エキスやその他の製品を数か月間使用すると、シミが薄くなります。梶の実や桑の実のエキス甘草エキス、ベアベリーから採れるアルブチン、コウジ酸などが挙げられます。

それぞれの年代で、以下の要因の組み合わせが原因で肌が変化します。

  • 老化
  • 日光や放射線によるダメージ、またはその他の酸化によるダメージ
  • 炎症
  • 化学物質中の毒性の蓄積
  • 物理的ダメージ
  • 感染症
  • ビタミンミネラル の不足
  • 家族歴

このような要因に対する積極的な予防策を実行すれば、70代になっても若々しく健康的なを保てるチャンスが高まります。

美容

お肌に現れる兆候を解読する

美容

簡単な自家製チョコレートトリュフのレシピ3つ

美容

滑らかで健康的な肌を作るシアバター