header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

マカの驚くべき力

2月 26 2018

自然界の驚くべき現象の1つは、植物や動物の環境への適応能力です。それは植物の薬効に関連し、活性化合物の組成は、地理、高度、気候および他の要因に大きく影響されることがあります。これらのストレス要因は、しばしば植物が生き延びるため、内部での保護因子の形成に繋がります。多くの場合、これらの化合物はまた、ヒトの健康を改善する上で大きな効果を発揮します。

植物内の化学組成の異なる発現をもたらすこうした環境的影響の好例は、ペルーマカLepidium meyenii)です。アブラナ科のこの魅力的な一員はカブの近しい親戚ですが、一般的なアブラナ科の野菜とそれを一括りにすることは、その健康上の効用に対する侮辱と言っても過言ではありません。他のアブラナ科の野菜にも、健康を改善してくれる各種作用があることを前提としても、です。ここで大事なのは、マカは特別であり、その特別さが崇敬に値する、という点です。

マカの基礎知識

マカはペルーとボリビアの北部プナ地域に生息しています。その標高はおおよそ11,000〜14,000フィートで、樹木線のすぐ上に位置していますが、恒久的に雪の帽子を被っています。マカは世界で最も高い標高で育つ食用作物です。しかしプナ地域は、標高を抜きにしても作物にとって非常に困難な環境です。一年中、凍結温度から15℃までの範囲で気温の変動があります。降水量に関しては、干ばつの際ですら、湿度はかなり高いままです。その結果、成長期を含めて霜が頻繁に発生します。ここで重要なのは、これらの環境ストレス要因のすべてが、ペルーマカのユニークな化学組成に行き着くという点です。

マカは約15cmの高さに成長する小さな植物です。そのカブ状の根は収穫時に直径約2.5cmから8cmほどになります。この根こそが、エネルギー、スタミナ、生殖能力を高める特効のために、何千年もの間、貴重な財産とされてきました。プナの人々にとって、それは依然として貴重な食糧です。

マカには刺激的な味があります。刺激的というのは、それが持つ強く、苦い味を記述するための控えめな言葉です。しかし、甘さもあります。それは興味深く変わった味であり、生育条件の変化によって味の違いがあります。またマカの形状も異なり、その化学組成や用途も様々です。この根は3つの基本的な色グループに分けられます。

  • 黄色いマカは、ペルーで収穫されるマカ全体の約60%を占めています。これは、すべてのマカ製品の中で最も一般的に使用され、最も研究が進んでいます。エネルギーを高め、集中力とホルモンバランスを高める働きをします。  
  • 赤いマカは年間収穫量の約25%を占め、すべてのマカ粉末の中で最も甘い味わいです。研究により、全種類のマカの中で最高の植物化学値を有することが分かっています。ホルモンバランスを整える効果と骨の健康作用のために、女性にとって最も効果的なタイプとみなされています。
  • 黒いマカはすべてのマカの色の中で最も希少で、年間収穫量の約15%を占めています。研究によると、黒いマカは特に筋肉増強、持久力、精神集中、性欲増進といった効能から、男性にとって最も効果的であることが分かっています。

マカの栄養学と植物化学

乾燥させた粉末状のマカは、特にカルシウムマグネシウム亜鉛カリウムなどの鉱物の栄養密度が高くなっています。また、約13〜16%のタンパク質を含み、必須アミノ酸が豊富です。繊維(8.5%)、炭水化物(59%)、遊離脂肪酸(2.2%)も豊富です。その優れた栄養構成の他にも、さらにエキサイティングなのはマカの植物化学物質です。ユニークな化合物が多数含まれていますが、まず重要なのは、アブラナ科の野菜はすべて、グルコシノレートとして知られている化合物を含むことで名高い、という点です。これらの化合物はケール、キャベツ、ブロッコリーなどに含まれる有益な抗癌剤であり、ホルモン代謝にも好影響を与えます。マカのグルコシノレートは、ベンジルグルコシノレートという独特のものであり、グルクロンセオリンはその作用にとって特に重要な役割を果たします。

マカはまた、マカミドと総称されるいくつかのユニークなアルカロイドを含み、マカリジンおよびマカエインを含んでいます。アルカロイドは一般に速効性化合物です。これらのマカのアルカロイドは、視床下部、下垂体、副腎、および他の内分泌器官における中央制御機構に作用を発揮します。マカの強壮効果の多くは、これらの貴重な化合物に由来する可能性が高いとされています。

ベリー類においてよく知られているアントシアニジンおよび他のフラボノイドは、黒色および赤色のマカの色素沈着の原因です。これらの色素はまた、いくつかの健康上の利益、特に抗酸化活性に貢献します。

マカはアルカミドも含んでいます。これらの化合物はエキナセアの舌をチクチク刺すような成分としてよく知られています。

最後に、マカには、ブラシカステロール、ベータ - シトステロール、カンペステロール、およびスチグマステロールなどの多くのステロール類が含まれています。

マカの化学組成を見ると、それがなぜこれほど独特の味わいのある食品なのかをはっきりと理解することができます。しかしさらに、マカの異なる色の種類や、またそのゼラチン化エキスに含まれるこうした活発な構成要素の割合における多様さが、どのように異なる効果をもたらしうるのかを理解することができます。

販売用のマカ調合 

ペルーマカ粉末は、収穫され、日干しされ、洗浄され、細かい粉末に粉砕された根から調合されます。このプロセス中に、栄養素、酵素および有益なグルコシノレートの最大量を保存するため、根は決して45℃以上に加熱されません。

糊化したマカ粉末を調合する際は、すべてのデンプン含量を除去するため、日干しした根をまず煮沸し、次いで加圧します。1kgのゼラチン化マカ抽出物を製造するには、4kgのマカ粉末が必要です(比率4:1)。マカを加熱すると酵素が破壊され、グルコシノレートの一部が変化しますが、多くの活性化合物が濃縮され、消化が容易になります。 例えば、加熱はマカ・グルコシノラートの誘導体であり、ブロッコリーの芽の成分としてよく知られているスルフォラファンの形成を促進します。

マカの健康への効用

マカは食品です。そして、食品としての健康促進効果を裏付ける根拠があります。自然乾燥した形態のアンデス山脈で暮らすペルー先住民が一日に20g以上の量で消費するため、マカの安全性と効果の参照となる歴史的な研究集団があります。特に、言及する価値のある研究が1つあります。この調査では、この集団の35-75歳の男性および女性におけるマカの消費量、社会人口学的側面、健康状態、および骨折を評価しました。結果は、マカの消費が健康状態の有意に高いスコアと関連していることを明らかにしました。またそれは、骨折の発生率が低く、慢性的な山病の徴候および症状のスコアが低いことと関連していました。さらにマカの消費は、体格指数および血圧の低さに関連していました。

別の研究では、健康スコアに関して同様の結果が示されましたが、マカの消費は、炎症および酸化的損傷の重要なマーカーであるインターロイキン-6(IL-6)値の低さと関連していることが明らかになっています。高血清IL-6レベルは、加齢、肥満、心臓血管疾患の発症率の増加、認知障害、および平均余命に関連しています。より高いIL-6値はまた、より高い標高での生活に呼応しています。つまり、自然はアンデス山脈の高地に住む人々に正解を与えた、と言えます。

マカと性機能

マカの最も有名なメリットの1つは、男性と女性の両方の性欲と機能の向上です。臨床試験は、勃起機能におけるマカの効能などのこうした特性を裏付けています。男性では、テストステロンのレベルに直接影響するようには見えないものの、内分泌系全体に作用し、気分、エネルギー、持久力を改善しながらストレスの有害な影響を減らします。女性もマカによく反応します。例えば、閉経後女性の小規模無作為二重盲検プラセボ対照クロスオーバー試験では、不安とうつの軽減や、性機能障害の指標の低下が見られました。

現実には、現代社会では性機能障害が非常に一般的で、男性の20-30%、女性の40-45%に影響を及ぼしています。ほとんどの性機能障害は、男性と女性の両方の性欲の低下、男性の勃起不全(ED)に関連しています。マカは性機能障害の主要な原因の両方に影響を与え改善するため、マカを食生活に加えようとしている男性と女性のほとんどが、この効用を動機にしているのは不思議なことではありません。

強壮剤としてのマカ 

マカは、「強壮剤」として分類されるのに足りる基準をすべてクリアしています。それがおそらく、一部のマーケティング担当者が誤ってペルー人参と呼ぶ原因でしょう。マカは高麗人参系統には存在しませんが、高麗人参に似た強壮作用を持っています。強壮剤は歴史的に以下の目的に使用されてきました。

  • ひ弱な、または衰弱した人の活力の回復
  • エネルギーを高める
  • メンタルや身体のパフォーマンスを向上させる
  • ストレスの悪影響を防ぎ、ストレスに対する身体の反応を高める

人間の臨床データの一貫した知見の1つは、マカが気分を高め、ストレス不安の感情を軽減し、感じとれるエネルギーレベルを増加させることです。  

マカと血圧

ペルーのアンデス高地での上記調査の結果の1つは、マカの血圧低下効果ででした。 健康な男性の二重盲検試験では、ゲル化したマカは12週間の使用後に収縮期血圧および拡張期血圧を低下させることが分かりました。閉経後の女性についての別の研究でも、定期的なマカ粉末による血圧降下効果が示されました。

使用に当たっての推奨

乾燥粉末化マカまたはゼラチン化マカの標準用量は、通常は1日に1回または2回1,500-3,000mgです。高度な治療効果のためにはより多くの投薬量が必要とされることもありますが、一般的な健康増強には、1.5-6gの1日投与量が適切です。

どんな食品でも同じですが、マカに対する個別の反応があることに留意してください。 体格が小さければ、用量範囲の下端から始めるのがいいかもしれません。体格が大きければ、用量範囲の上の方から、といったように。

マカは一般的に非常に耐容性があります。 胃腸炎を起こすようであれば、ゼラチン化したものを検討してください。

栄養

このおいしいレシピでペーガンダイエットを試しましょう

栄養

キャッサバ粉とは + 3つのシンプルなグルテンフリーレシピ

栄養

クリーンイーティングとは?