header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

10代の肌のための栄養素

4月 26 2017

10代の肌のために最も重要な5つのビタミンおよびミネラル、さらにフィッシュオイルによる若い脳の保護作用

成長過程にある体のホルモンやストレスの猛攻撃に対処するには、様々な理由で良好な栄養状態が欠かせないにもかかわらず、大半の10代の若者にとって栄養などは優先事項ではありません。例えばニキビにしても同様です。ニキビへの直接的な食事の影響説が議論を呼ぶ中で、正しい食生活が健康な素肌の源であることは否定できません。全般的に体に良い食事に加えて、ニキビに悩む10代向けにいくつか特有の食事法があります。すべての精製糖および高濃度の単糖を除外(または、少なくとも制限)し、高脂肪の食事や揚げ物などの摂取を制限することです。もちろん、誰にとっても言うは易く行うは難しで、ましてや10代にとっては難しいことでしょう。そこで、サプリメントの力を借りるというわけです。

質の高いマルチビタミン/マルチミネラルフォーミュラは最良の基礎となります。ここでは、健康な素肌に重要な役割を果たす同フォーミュラが含まれる栄養素のごく一部をご紹介しましょう。中等度から重度のニキビには、マルチ栄養素使用に加えてこれらの栄養素を摂取することができます。

亜鉛

亜鉛 (Zinc)   ニキビ治療にバイオアベイラブル(生物学的に利用可能)な形の亜鉛を用いた研究では、テトラサイクリン系抗生物質(antibiotic tetracycline)と同様の効果が実証されました。亜鉛に反応した患者の中にはすぐに改善が見られた人もいる中、大半は結果が出るまで12週間の栄養補助が必要でした。一般的な用量は1日30〜45 mg。ピコリン酸(picolinate)、クエン酸塩(citrate)、酢酸塩(acetate)、モノメチオニン(monomethionine)との結合亜鉛を摂取してください。

クロム

クロム (Chromium) は、耐糖能を改善し、インスリンに対する皮膚細胞の感受性を高めることで知られています。クロム補助がニキビ患者に急速な改善をもたらすことが報告されています。1日200〜400 mcg摂取してください。

ビタミン B6  

ビタミン B6  は肝臓内のホルモンを分解するのに必要な栄養素です。10代の若者において、ビタミンB6レベル低下はニキビの原因となるだけでなく、気分変動や甘いものへの渇望を引き起こす場合もあります。ビタミンB6は、月経前期に突発的に発生するニキビの治療に使用され、その効果を発揮してきました。一般的な用量は1日25〜100 mgです。

セレンおよび ビタミン E  

セレンおよび ビタミン E  は、炎症ニキビの予防を促す酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼ(glutathione peroxidase)作用においてその役割を果たします。一般に、ニキビ患者のグルタチオンペルオキシダーゼのレベルが低下しています。ビタミンEとセレンによる治療後、グルタチオンペルオキシダーゼのレベルが上昇し、ニキビが大幅に改善されたことが研究で示されています。一般的な用量はビタミンEが100〜200 IU、セレンが100〜400 mcgです。

健康で美しい肌が、10代において栄養補助とバランスの取れた食事が重要である数多くの理由の一つに過ぎないとはいえ、これは、ほとんどの10代、中でもニキビに悩む少年少女達にアピールする利点でもあります。父兄の皆さんには、正しい食事を取り、適切なサプリメントを摂取するようお子さんを説得する際、この情報を最大限に利用するようお勧めします。お子さんは今でも感謝するかもしれませんが、必ずや将来感謝してくれるはずです。

フィッシュオイル を10代の脳に活用

現在では、フィッシュオイルに含まれるオメガ3脂肪酸が脳の健康を助けることが広く認識されています。ただし、新たに行われた2種類の研究で示されている、思春期における脂肪のアンバランスが、学習や記憶に長期間影響を与える可能性があるということは、それほど知られていません。

スペインのサンパブロ大学の研究員らが青年期のマウスに飽和脂肪分が高い通常のカロリーの食事を与えたところ、マウスに著しい記憶・学習障害が現れました。但し、同じ食事を与えられた成体マウスに減少は見られませんでした。青年マウスの脳を検査したところ、脳細胞の構造における変化を原因として、海馬(記憶に関係する脳領域)に変化が見られました。さらに、認知機能を助ける脂肪組織に放出されたホルモンであるレプチン(leptin)の部分損失も確認されました。

185の研究の再調査では、リバプール大学の科学者らにより、ジャンクフードが脳にもたらす弊害をフィッシュオイルが最小限に抑えることがわかりました。最近の調査では、脂肪過多のジャンクフードばかりの食事が、新たな神経細胞の形成である神経発生(または神経新生、ニューロン新生 / neurogenesis)と呼ばれるプロセスを中断し得ることが示されました。一方、オメガ3が豊富な食生活は、摂取、学習、記憶を操作する脳部位を刺激することで、こうした悪影響を防止します。

これらの研究は、10代の若者にとってフィッシュオイルが重要であるという知識を裏付けするさらなる証拠を提示するものです。推奨用量は、1日EPA(エイコサペンタエン酸)+ DHA(ドコサヘキサエン酸)1000 mgです。

美容

簡単な自家製チョコレートトリュフのレシピ3つ

美容

滑らかで健康的な肌を作るシアバター

美容

Azelique製品を使った昼夜のスキンケア