checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

フェイスマスクでさまざまな肌の悩みに対応

11月 29 2019

この記事の内容 :


フェイスマスクは、素肌を慈しんで改善し、具体的な悩みに対処する優れた方法です。

健康的に輝く肌ツヤを保つには、優秀なスキンケア習慣を続けることが大切です。ただし、朝夕きちんとスキンケア製品を使用するほど熱心な人でも、時には厄介な肌の悩みに対処しなければならないことがあります。 

そんな時こそフェイスマスクの出番です。米ルイジアナ州立大学の皮膚科教授、ディアドリー・フーパー博士曰く、「マスクが高濃度の有効成分を浸透させ、ふっくらとしたハリと潤いを与えて、肌のバランスを整えます」。普段のお手入れは、時間と共に低濃度の有効成分で皮膚を飽和させる可能性がありますが、フェイスマスクなら、短時間置くだけで良質な成分がたっぷり肌に吸収されます。

ただし、すべてのマスクが同様に作られているわけではありません。マスクの中には、極めて具体的な目的を果たすために開発されたタイプもあります。余分な皮脂や毛穴の汚れを吸い出すように考案されたものもあれば、肌に多量の水分を与えるよう作られているものもあります。 

以下、具体的な肌の悩みに対処するさまざまなフェイスマスクについてご説明しましょう。

 肌の悩み :ニキビと皮脂過多

生き生きと健やかでいるために、肌は皮脂のベースを必要とします。ところが、皮脂が増えすぎると、シミ、毛穴の黒ずみ、テカリの原因となる場合もあります。あぶらとり紙やトナー(化粧水) も定期的に使用すると効果がありますが、ニキビ対策のクレイマスクは、皮脂を吸い出して素肌のバランスを回復する最良の方法の一つです。

「クレイは毛穴の奥から不純物を引き出します」と、ニューヨークの皮膚科医、ミシェル・グリーン博士が述べています。肌にのばす際には濡れた感触のクレイマスクですが、乾燥すると固まります。固まると、クレイが毛穴に溜まった余分な油分や皮脂を物理的に引き出し、同時に良質な抗酸化物質 を肌に戻します。

クレイマスクは乾燥性が高いことがあるため、その点に注意が必要です。一般に誤解されているのが、脂性肌のシミやテカリを抑えるには、「乾かす」べきという考えです。これは、事実ではありません。実際、脂性肌を乾燥させると、急な乾燥により顔色がパニックモードとなり、油分が過剰に分泌される場合があります。

そのため、クレイマスクの使用後は、潤いを与えつつニキビができにくい保湿剤 を使用することが大切です。シミ対策用トナーやトリートメントを定期的に使用する場合は、クレイマスクにご注意ください。その点に注意すれば、生き生きとした素肌のために必要な水分を取り去ることなく、確実な保湿が期待できます。 

 肌の悩み :くすみまたは老化

年齢と共に、肌は本来の明るさを次第に失い、くすんだ印象に見えがちです。くすみや老化の兆候は、角質除去 またはブライトニング(美白用)マスクを使用することで的を絞ることができます。言わば、マスクに含まれる安全量の酸または物理的角質除去成分が、死んだ皮膚細胞(角質)を除去し、新しい細胞の活性化を促進するのに役立つわけです。

「酸」といってもご心配なく。通常、ブライトニングマスクには、皮膚細胞の代謝促進を助けるグリコール酸または乳酸が含まれています。自宅で使用するマスクの濃度は、プロが施術するケミカルピーリングの割合より低いため、安全な選択といえます。

酸を含む美白マスクは、常に慎重にご使用ください。肌がわずかにヒリヒリ感じるのは正常ですが、灼熱感が生じた場合はご注意ください。このような場合は、顔についたマスクを直ちに洗い流してください。

クレイマスクと同様に、角質除去 ブライトニングマスクも効果が期待できます。ただし、いずれも使用中に肌を乾燥させやすい性質があります。そのため、このようなマスクを使用した後は、必ず保湿力の高いナイトクリームでお手入れすることが肝心です。酸は日光に対する皮膚の感受性を高める可能性があるため、これらのマスクは夜のみご使用ください。さらに、日中は必ず日焼け止め で肌を保護し、酸性の製品を定期的に使用するようお勧めします。

 肌の悩み :乾燥とかさつき

顔がかさつくほど乾燥しているのは、肌に必要な水分が失われている証拠です。一年を通じて乾燥肌に悩む人もいますが、特に冬の寒い時期に多く見られる問題です。

脂性肌やくすんだ肌とは異なり、乾燥肌に、刺激が強いものや、さらに乾燥させる製品は不向きです。乾燥肌に必要なのは、何よりも水分補給と保湿です。保湿マスクは、乾燥肌の改善と保湿に役立つと考えられます。

保湿マスクは、スキンケア成分を閉じ込めて、肌が潤いを失うのを防ぐために作られています。なめらかで潤いのある素肌に導くオリーブオイルビタミンEアロエなどの成分を配合した製品をお勧めします。

乾燥肌は、水分が枯渇した状態であることをお忘れなく。事実上、定期的な保湿剤の使用はどんな肌タイプにも効果的ですが、特に乾燥肌には日常的な水分補給が不可欠です。保湿成分と抗酸化物質を含むコクのあるクリームを探して、肌に必要な水分を与えましょう。保湿剤だけでは物足りないと感じたら、保湿剤の後に栄養価の高いフェイスオイルを塗ってみてください。

肌の悩み :敏感肌または肌荒れ

フェイスマスクの使用は、具体的な肌の悩みに対処する効果的な方法です。皮膚科学的効能はさておき、フェイスマスクは自宅でくつろぐための楽しいリラックス方法としても最適です。肌にご褒美を与えて、慈しむ定期的な方法として、シートマスクをお試しください。このタイプのマスクはアジア発祥で、近年世界中で人気が爆発しました。

シートマスクは、高濃度セラムがたっぷり染み込んだシートです。マスクを広げて顔にのばしたら、パッケージの表示に従ってしばらく(通常10〜15分程度)置いたのち取り外します。他のほとんどのマスクとは異なり、シートマスクの残留物を洗い流す必要はありません。顔に残ったマスクの成分は、自然に浸透するのを待つか、肌になじませます。肌を洗浄しすぎないシートマスクなら、敏感肌や荒れやすい肌にも安心です。 

しかも、使用済みのマスクや袋の内側に残ったセラムを手に取り、首やデコルテをはじめ、全身にのばせば、普段はお手入れが疎かになりがちな部分にもしっかり水分と栄養を分けてあげられます。

常にフェイスマスクを店頭で購入する必要はありません。自宅でさっと簡単にできる材料で、肌にご褒美をあげましょう。自家製プロバイオティクス・フェイスマスクはいかがでしょう。この調合物は、プロバイオティクス カプセル、オーガニックヨーグルトの他、保湿力抜群のオリーブオイルで作られています。自家製マスクは手頃な材料で簡単にできて、さまざまな肌の悩みに対処するのにも役立ちます。

参考文献 :

  1. Gahara, M.; Do Face Masks Actually Do Anything for Your Skin?; Fitness Magazine Website
  2. Jaret, P.; How To Manage Oily Skin; WebMD Website
  3. Komar, M.; Do Face Masks Actually Work? 4 Dermatologists Weigh In; Bustle Website
美容

これらのベビー用品を毎日の美容習慣に取り入れて

美容

ミネラルバスの効能

美容

デイクリームとナイトクリームの違いとは?