header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

脳卒中回復

4月 26 2017

正しい栄養素と薬草でダメージの修復と生活の質向上が可能

脳卒中は、アメリカの成人における身体的障害の主因であり、死因の第3位を占めるものです。脳卒中は、血栓または出血を原因とする血流不足の結果と考えられます。酸素がなくなると、脳細胞が損傷または壊死するため、脳の患部が機能しなくなります。脳卒中の危険因子には、高血圧、糖尿病、高コレステロール、喫煙、心房細動(心臓異常)などが含まれます。脳卒中の最大の危険因子は、圧倒的に高血圧です。

脳卒中回復を補助

脳卒中の影響は、患者の肉体、精神、感情に及び、その症状は様々です。障害は、損傷を受けた脳の領域に対応します。大半の脳卒中患者の回復には理学療法、作業療法、言語病理学を組み合わせた治療が必要であり、これらのサービスを全て活用することが大切です。

新たな脳卒中の防止に焦点を当てた治療が多い中、最も一般的なのものがワルファリン(商品名クマジン)による抗凝固療法またはアスピリン、チクロピジン(商品名チクリッド)もしくはクロピドグレル(商品名プラビックス)を用いた抗血小板療法です。これらの薬品は、脳内に形成して留まることで新たな脳卒中の原因となり得る血栓の予防を意図するものです。当然ながら、出血を原因とする脳卒中の症状には、これらの薬品は使用されません。

クマジン使用時の注意

クマジンは、ビタミンKの働きを妨げることで作用します。緑色葉野菜や緑茶に高いレベルのビタミンKが含まれているため、クマジン服用中はこういった食物を避けるか、少なくとも摂取量を増やさないことが重要です。医師らは、国際標準比(INR)として知られる検査を用いてクマジンの効果を観察し、必要に応じて投与量を調整します。ビタミンKが豊富な食物に加えて、クマジンとの相互作用が考えられるその他の天然物質は以下の通り:

  • クマジンの有効性を減少させることが考えられるコエンザイムQ10およびセイヨウオトギリソウ(学名Hypericum perforatum)。
  • ナットウキナーゼやブロメラインといったタンパク質分解酵素、また、パナックスジンセン、ライオンゴロシ(学名Harpagophytum procumbens)、カラトウキ (学名Angelica sinensisを含むいくつかの薬草は、クマジンの効果を上昇させると考えられます。これらの品目は引き続き使用できますが、体に慣れた用量を変えないようにしてださい。INR値は適切に測定される必要があります。
  • ニンニク(学名Allium sativum)およびイチョウ(学名Ginkgo biloba)は、血小板が付着し合う効果を低下させ、出血の可能性を高めることが考えられます。一般に、クマジン服用中の患者は、これらの品目の高用量使用(1日当たりニンニク1片またはイチョウエキス240 mg相当以上)を避ける必要があります。
  • 鉄分、マグネシウム、亜鉛は、クマジンと結合し、吸収と活動を低下させる可能性があります。クマジン服用時は、鉄分、マグネシウム、亜鉛を含む品目を2時間以上の間隔を空けて摂取してください。
  • クマジン服用で出血や痣ができやすい症状を軽減するには、ブドウ種子または松樹皮エキスを1日150〜300 mgお試しください。

自然な回復

自然の観点から見て、イチョウエキスは、脳卒中回復への鍵となるものです。イチョウエキスは、脳への血流を高め、神経細胞内の活力を促進し、血液の粘度改善に有効です。推奨投与量は1日240〜320 mg(クマジン服用中はそれ以下)。

オメガ3脂肪酸抗酸化物質フラボノイド、ブドウ種子および松樹皮エキス、ニンニクといったサプリメントは、血栓防止に効果があります。フィッシュオイル(EPA[エイコサペンタエン酸]+ DHA[ドコサヘキサエン酸]1日3,000 mgまで)およびフラボノイドが豊富なエキスは、アスピリンやその他の抗血小板薬と安全に併用できるとみられます。但し、天然の抗血小板薬を同時に多数使用すると、抗血小板薬(プラビックスやチクリッドなど)との併用時に出血を招く傾向が高くなります。

シチコリン(CDPコリン)グリセロリン酸コリン(GPC)という2種類の形態のコリンが脳卒中回復を助けることが実証されています。2,044人の脳卒中患者を観察した6カ月間の試験では、GPCが副作用なしで95%以上の患者の回復を大幅に助けることが分かりました。次の用量からお選びください: シチコリン1日1,000〜2,000 mgまたはGPC 1日600〜1,200 mg。シチコリンまたはGPCとクマジンまたは抗血小板薬との相互作用は報告されていません。

最後に、強力な血栓溶解作用を持つタンパク質消化酵素、ナットウキナーゼ があります。ナットウキナーゼに、脳卒中回復の改善に大きな可能性があることが示されています。通常の投与量は1日100〜200 mg。クマジンや抗血小板薬を服用中は、ナットウキナーゼの摂取に注意が必要です。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症