beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

アーユルヴェーダ医学で健康を維持

8月 23 2019

著者 : エレン・アルバートソン博士、管理栄養士、全米委員会認定ヘルス&ウェルネスコーチ

ほとんど誰もが、心身ともに元気で、ほとばしるエネルギーにあふれ、健康長寿を手に入れるという、最適な健康と幸福を望んでいます。このような高水準のウェルネスを実現するには、単に疾患を回避したり治療する以上の努力が必要です。その鍵となるのはバランスです。アーユルヴェーダは、そのバランスを見つけて、体をより深く理解するのに役立ち、その結果、長く健康で幸せな人生を送ることができるのです。

アーユルヴェーダ医学とは?

アーユルヴェーダ医学(単に「アーユルヴェーダ」とも)は、インドで何千年も前に開発されたホリスティックな自然治癒システムです。アーユルヴェーダという言葉は、サンスクリット語の2つの言葉を語源とします。アーユル(ayur)は生命、ヴェーダ(veda)は知識や科学を意味し、通常「生命と長寿の科学」と訳されています。

補完代替医療の一種であるアーユルヴェーダは、病気と闘うというよりも、溌剌とした健康を促進し、健やかに生きることに重点を置いています。このシステムは、消化、代謝、免疫機能の改善から、不安、うつ病、ストレスの軽減まで、多数の健康効果が特徴です。

アーユルヴェーダと従来の医療との違い

アーユルヴェーダは、従来の医療の補完に優れているものの、多くの点で異なります。従来の医療は、疾患の違いに焦点を当てる傾向があります。一方、アーユルヴェーダは人の違いを重視します。具体的には、患者の症状ではなく、患者自身に着目するという、生物学的個性を考慮したものです。 

従来の医療は肉体を重視しますが、アーユルヴェーダは、疾患の根本原因をはじめ、患者の思考、信念、ライフスタイルがいかに病気に影響しているかといった、身体、心、精神の関係性に注目します。最後に、手術や薬剤の処方ではなく、アーユルヴェーダRxには食生活の変化、ヨガ実践、瞑想、エッセンシャルオイル、治癒ハーブサプリメントまたはストレス管理などが含まれる場合があります。 

3つのドーシャ 

アーユルヴェーダによると、誰もが風、火、水、地、空という5つの普遍的要素でできています。これらの要素はそれぞれ、ドーシャと呼ばれる物質あるいはエネルギーのタイプを定義する組み合わせに見られます。 

3つのドーシャはこちら:ヴァータ(風と空)、ピッタ(火と水)、カパ(地と水)。誰もがそれぞれ独自のドーシャの組み合わを持ち、通常いずれか一つが優性です。 

簡単なオンラインテストを受けるか、アーユルヴェーダ医の診断を受けることで自分のドーシャが分かります。自らのドーシャを知ると、自分の体と自分自身を理解し、食事、ハーブ、ライフスタイルの変化を調整してバランスを保つ方法を発見するのに役立ちます。 

ヴァータのバランスを保つ方法

ヴァータの人は、創造性に富み、精力的で痩せ型です。バランスのとれた状態のヴァータは、軽やかで充実し、活気にあふれ、消化と睡眠が良好です。バランスが崩れたヴァータは、疲れて焦点が定まらず、関節炎、不安、喘息、心臓疾患にかかりやすくなります。 

ピッタのバランスを保つ方法

ピッタタイプの人は、がっしり体育会系で、鋭敏な知性を持ち、完璧主義者や仕事中毒であることも。バランスのとれた状態のピタは、平穏で陽気、胃腸が丈夫で肌はツヤツヤ、しっかり熟睡します。バランスが崩れたピッタは、ストレスによる炎症、ニキビ、胸焼け、自己批判の傾向があり、心臓疾患にかかりやすくなります。

  • ライフスタイル: 根っから意欲的なピッタの長所は陽気なこと。特に一日の終わりに瞑想したり、友達や家族と過ごしたり、自然の中を散歩したり、水泳したりすることが、ピッタの成功に役立つと考えられます。
  • 食事: ピッタに最適な食事は、辛味、酸味、塩味の強いものでなく、(特に夏は)ひんやりと甘いものがお勧めです。ピッタは適度な量の食事を1日3回摂り、アルコール摂取と過食を避けましょう。辛い食べ物は避けるべきですが、甘味と苦味が楽しめるスパイスとして少量のカルダモン、ミント、サフランなどはお勧めです。ピッタに効果的なのは、キャベツ、ローズ、カルダモン、リコリスショウガなど。 
  • 最適なエッセンシャルオイル: くつろぎと集中力を促進するブレンドを探してみてください。お勧めは、フェンネル、サンダルウッド(白檀)、ローズ入りのもの。少量のイランイランフランキンセンスにほんの少しレモンまたはペパーミントを加えて気分を高めると、ピッタのバランス維持に役立ちます。 

カパのバランスを保つ方法 

カパの人は大柄で、ゆったり安定したのんびり屋さんです。バランスのとれた状態のカパは、健康な免疫系と旺盛なスタミナが特徴で、しっかり熟睡します。バランスの崩れたカパは、すぐに体重が増え、体のだるさを感じ、肥満、咳風邪、うつ病、糖尿病、高コレステロール、喘息、アレルギーにかかりやすくなります。

  • ライフスタイル: カパには、刺激的な活動、何か新しいことを学ぶこと、新鮮な空気、毎日活発に運動することがプラスになります。前向きな友達と過ごしたり、軽快な音楽を聴くことも、カパのバランス維持に役立ちます。 
  • 食事: 太りやすい体質のカパだから、低カロリー食を心がけ、特に夜間のお菓子や塩分、食べ過ぎは避けましょう。カパに効果的なのは、温かく軽い食事やお茶で、お勧めはショウガ、クローブ(丁子)、カルダモン、ターメリック(ウコン)サフラン入りのもの。消化の改善にカパが飲むべきなのは熱いジンジャーティーを食事と共に、また、フェンネルシードを食後に噛んでも。
  • 最適なエッセンシャルオイル: 体がだるく感じることがあるカパに効果的なオイルは、温かく、スパイシーで、活力を与えるユーカリペパーミントバジルローズマリーなど。 

どのタイプの人もアーユルヴェーダは、体、心、精神、さらには環境のバランスを保ち、最高の気分をもたらし、病に立ち向かう力を高めてくれます。 

健康

スピルリナとクロレラ :健康効果に優れた藻類

健康

アルニカ・モンタナの健康効果

健康

コエンザイムQ10の9つの健康効果