サフランとは

サフラン(学名 Crocus sativus)は世界で最も高価なスパイスですが、気分を高め、落ち着きと集中力を促し、睡眠の質を向上させる他、多くの作用を発揮するハーブとして高く評価されるようになってきました。

スパイスとしてのサフランが高価なのは、サフランの花の柱頭(ちゅうとう)を原料としているためです。柱頭とは糸状の雌しべの先端部分を指し、赤や黄をはじめ、山吹色やオレンジ色のものがあります。

一方、質の高い臨床試験によると、花弁(花びら)から抽出されたサフランエキスは、それよりもはるかに高価な柱頭を原料とするスパイスと同程度の効果を持つ栄養補助食品であることがわかっています。こうした同等の効果は、よく知られている臨床評価方法で、柱頭か花弁かに関わらず、サフランの抽出物で気分スコアが改善されたという結果に基づいています。1,2

サフランが健康にもたらすメリット:詳しくはこちら

‌‌‌‌affron® - 優れたサフランエキス

サフランの柱頭と花弁の抽出物がいずれも効果的なのは、この両方にカロテノイドという活性化合物が含まれているからです。カロテノイドは柱頭と花弁の色を構成する植物色素です。花弁エキスにこれらの色素がすべて含まれているかどうかは、生産地と栽培方法によって決まります。例えば、高品質のサフランエキスであるaffron®には、スペイン産サフランの花弁が特に多く使用されていることから、他の花弁エキスには見られないクロシンという柱頭特有のカロテノイドも供給します。3

affron®に含まれるカロテノイド化合物はLepticrosalides™と呼ばれ、最も重要な3種類のカロテノイド分子であるクロシン、ピクロクロシン、サフラナールを含んでいます。affron®では、一貫した摂取量を確保するために、この3種類の化合物がまとめて3.5%に標準化されています。これらの活性化合物を独自に濃縮して貯蔵する独特の抽出プロセスを経て、affron®という優れたサフランエキスが生まれます。吸収についての詳細な研究でもaffron®の優位性が示されています。3

‌‌気分向上に期待できるサフラン

サフランは、気分を高める最良のハーブ療法として注目されるようになりました。数多くの研究により、多様なサフランエキスは安全かつ効果的な天然の気分高揚剤であり、さらに不安を和らげるというメリットもあることが明らかになっています。

気分を高めるサフランの作用メカニズム

気分を高めながら落ち着かせるサフランの効果は、複数の作用点によるものです。例えば、サフランは、気分を高める重要な神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンなどの脳内濃度を増加させる他、脳内でストレス反応を調節し、抗炎症作用を発揮します。1,2

研究でわかっていること

affron®を使用したヒト臨床試験は特に良く設計されており、健康な人でも気分を高め、ストレス感を和らげる効果が認められています。その一例として、健康な被験者を対象としたある研究では、4週間にわたってaffron®14mgを1日2回投与したところ、気分の向上、不安の軽減、ストレス管理の改善が見られました。なお、これらの効果は副作用なしで得られたものです。4

affron®は、10代の青少年の研究に用いられた初のサフラン製剤でもあります。8週間の二重盲検試験では、気分スコアが低いか不安感がある12~16歳の思春期の男女にaffron®(14mgを1日2回)またはプラセボを投与しました。その結果、affron®摂取群は、感情の内在化(内面化ともいう。他人や社会の価値・規範を自分の価値・規範として受け入れること)、分離不安(愛着のある人物や場所から離れることに対する不安)、社交不安症(対人恐怖症)など気分低下に伴う症状に、プラセボ群と比べて大幅な改善が見られました。5

別の研究では、現在抗うつ薬を服用中の成人160人に、affron®(14mgを1日2回)またはプラセボを8週間投与しました。この研究の目的は、affron®の安全性と有用性を判断することでした。その結果は、affron®を抗うつ薬と併用することで気分向上に役立つだけでなく、抗うつ薬にありがちな副作用を大幅に減少させるという興味深いものでした。6これらの結果は他の研究とも一致しています。

‌‌‌‌サフランを従来の治療薬と比較

抗うつ薬であるセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の一部に見られる副作用の一つに性機能障害があります。女性の場合は性的欲求や性的興奮の低下、男性には勃起不全やセックスへの興味の喪失といった症状が現れます。SSRI抗うつ薬を服用中の男女を対象とした二重盲検試験では、サフランの標準化花弁エキス(1日30mg)の摂取群が性機能評価のいくつかで大きな改善を示しました。具体的には、女性被験者で性的興奮・潤滑と性交痛に7男性被験者では勃起機能と性交の満足度に改善が見られました。8これは、サフランエキスを摂取した男性の60%が正常な勃起機能を得られたのに対し、プラセボ群の男性ではその数がわずか7%にとどまったことから、当然の結果と言えるでしょう。

‌‌不安の軽減と睡眠の改善に期待できるサフラン

サフランは、ストレスや睡眠不足に対処する上で有益なハーブです。睡眠障害を訴える18~70歳の健常人63人を対象とした二重盲検試験では、被験者がaffron®(14mgを1日2回)またはプラセボを28日間にわたって摂取したところ、affron®はプラセボよりも睡眠の質評価の改善につながるとされました。9また、他の研究と同様に、affron®摂取による副作用はありませんでした。

その他のサフランの効能

サフランには以下のような効能があることが確認されています。

  • 脳機能の向上2
  • 脳と目の老化防止2,10
  • 月経前症候群の症状改善11
  • 食欲制御の改善と減量サポートの促進12
  • 激しい運動後の遅発性筋肉痛(運動の数時間~数日後に発生してその後数日間続く筋肉痛)の予防13
  • 月経痛の軽減14
  • 男性の生殖能力向上15
  • 血管系のサポート16
  • 抗アレルギーおよび抗炎症プロセスの強化17

まとめ

affron®のような良質なエキスが手頃な価格で入手できるようになったことで、価値あるハーブ療法としてサフランの人気が高まることは間違いないでしょう。サフランには多数の効能があることがわかっていますが、特に重要なポイントは、このハーブが気分向上に役立つことです。

自然に気分を高める方法5選:詳しくはこちら

参考文献:

  1. Tóth B, Hegyi P, Lantos T, Szakács Z, Kerémi B, Varga G, Tenk J, Pétervári E, Balaskó M, Rumbus Z, Rakonczay Z, Bálint ER, Kiss T, Csupor D. The Efficacy of Saffron in the Treatment of Mild to Moderate Depression: A Meta-analysis. Planta Med. 2019 Jan;85(1):24-31.
  2. Bian Y, Zhao C, Lee SM. Neuroprotective Potency of Saffron Against Neuropsychiatric Diseases, Neurodegenerative Diseases, and Other Brain Disorders: From Bench to Bedside. Front Pharmacol. 2020 Oct 6;11:579052. 
  3. Almodóvar P, Briskey D, Rao A, Prodanov M, Inarejos-García AM. Bioaccessibility and Pharmacokinetics of a Commercial Saffron (Crocus sativus L.) Extract. Evid Based Complement Alternat Med. 2020 Jan 30;2020:1575730.
  4. Kell G, Rao A, Beccaria G, Clayton P, Inarejos-García AM, Prodanov M. affron® a novel saffron extract (Crocus sativus L.) improves mood in healthy adults over 4 weeks in a double-blind, parallel, randomized, placebo-controlled clinical trial. Complement Ther Med. 2017 Aug;33:58-64.
  5. Lopresti AL, Drummond PD, Inarejos-García AM, Prodanov M. affron®, a standardised extract from saffron (Crocus sativus L.) for the treatment of youth anxiety and depressive symptoms: A randomised, double-blind, placebo-controlled study. J Affect Disord. 2018 May;232:349-357. 
  6. Lopresti AL, Smith SJ, Hood SD, Drummond PD. Efficacy of a standardised saffron extract (affron®) as an add-on to antidepressant medication for the treatment of persistent depressive symptoms in adults: A randomised, double-blind, placebo-controlled study. J Psychopharmacol. 2019 Nov;33(11):1415-1427.
  7. Kashani L, Raisi F, Saroukhani S, et al. Saffron for treatment of fluoxetine-induced sexual dysfunction in women: randomized double-blind placebo-controlled study. Hum Psyschopharmacol. 2013;28(1):54-60.
  8. Modabbernia A, Sohrabi H, Nasehi A-A, et al. Effect of saffron on fluoxetine-induced sexual impairment in men: randomized double-blind placebo-controlled trial. Psychopharmacology (Berl). 2012;223(4):381-388.
  9. Lopresti AL, Smith SJ, Metse AP, Drummond PD. Effects of saffron on sleep quality in healthy adults with self-reported poor sleep: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. J Clin Sleep Med. 2020 Jun 15;16(6):937-947. 
  10. Piccardi M, Marangoni D, Minnella AM, et al. A longitudinal follow-up study of saffron supplementation in early age-related macular degeneration: sustained benefits to central retinal function. Evid Based Complement Alternat Med. 2012;2012:429124. doi: 10.1155/2012/429124.
  11. Agha-Hosseini M, Kashani L, Aleyaseen A, et al. Crocus sativus L. (saffron) in the treatment of premenstrual syndrome: a double-blind, randomised and placebo-controlled trial. BJOG. 2008;115(4):515-519.
  12. Gout B, Bourges C, Paineau-Dubreuil S. Satiereal, a Crocus sativus L extract, reduces snacking and increases satiety in a randomized placebo-controlled study of mildly overweight, healthy women. Nutr Res. 2010;30(5):305-313.
  13. Meamarbashi A, Rajabi A. Preventive effects of 10-day supplementation with saffron and indomethacin on the delayed-onset muscle soreness. Clin J Sport Med. 2015;25(2):105-112.
  14. Nahid K, Fariborz M, Ataolah G, Solokian S. The effect of an Iranian herbal drug on primary dysmenorrhea: a clinical controlled trial. J Midwifery Womens Health. 2009;54(5):401-404.
  15. Safarinejad MR, Shafiei N, Safarinejad S. A prospective double-blind randomized placebo-controlled study of the effect of saffron (Crocus sativus Linn.) on semen parameters and seminal plasma antioxidant capacity in infertile men with idiopathic oligoasthenoteratozoospermia. Phytother Res. 2011;25(4):508-516.
  16. Moshiri M, Vahabzadeh M, Hosseinzadeh H. Clinical applications of saffron (Crocus sativus) and its constituents: A review. Drug Res (Stuttg). 2015;65(6):287-295.
  17. Kianbakht S, Ghazavi A. Immunomodulatory effects of saffron: a randomized double-blind placebo-controlled clinical trial. Phytother Res. 2011;25(12):1801-1805.