beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

今こそ禁煙

4月 26 2017

禁煙を助ける天然製品

聞き覚えがあると思いますが、要するに、健康になりたいなら禁煙して下さい!

そして、早ければ早い方が良いのです。実際、今すぐ禁煙すると、全くたばこを吸ったことがない人と同じレベルまでがんのリスクが下がる可能性があります。研究によると、禁煙の10年後、ある元喫煙者の肺がんによる死亡リスクが、喫煙を続けている人のリスクより30〜50%低い結果が示されました。さらに15年後には、元喫煙者のリスクが、喫煙経験がない人とほぼ同程度なのです。

自然の依存症援助

悪習慣を断つための補助として、自然な選択のうち最良の方法は、PharmaGABAおよびL-テアニン(L-theanine)となるようです。その理由はおそらく、この2つの成分が、慢性的なニコチン摂取により脳内で起こる生化学的変化に対処する能力を持つためです。

PharmaGABA 

PharmaGABA GABA(ガンマアミノ酪酸 / Gamma-aminobutyric acid)は、天然の鎮静剤かつ神経伝達物質です。慢性的なニコチン摂取が、脳の報酬中枢に対するGABAの効果を減退させ、喫煙欲を引き起こします。PharmaGABAは、キムチ生産で野菜の発酵に用いられる細菌ラクトバチルス・ヒルガルディ(Lactobacillus hilgardii )から派生した特殊型のGABAです。

PharmaGABAを用いた研究では、集中力や思考の明瞭度を高めながら、心の落ち着きを促す効果が実証されました。PharmaGABAが摂取されると、体内のGABA受容体に結合し、副交感神経系を活性化させます。自律神経系のこの枝が、「闘争・逃走」反応と正反対の生理状態である「弛緩反応」を引き起こします。摂取後5〜30分以内で、副交感神経系へのPharmaGABAの効果が明らかです。PharmaGABAは、緩和作用を発揮し、ストレスの諸症状を軽減することが証明されました。

ある小規模な日本の研究において、PharmaGABAが禁煙補助薬として評価されました。その結果は驚くべきもので、被験者らが100 mgのPharmaGABAを1日2回摂取したところ、対照群と比べて大幅に不安が解消され、喫煙欲が減退したのです。

L-テアニン

L-テアニンは、お茶の中でも特に緑茶に含まれるアミノ酸です。PharmaGABA同様、L-テアニンもストレスを軽減することが示されています。また、睡眠を改善し、PMS(月経前症候群)の症状を減少させ、精神の鋭敏性を向上します。これらの効能は、脳内でGABAの効果を高めるL-テアニンの作用と結びついています。

L-テアニンは、機能性食品や飲料の他、眠気を催さずに心身のリラクゼーションを目的とするサプリメントの人気成分として脚光を浴びています。

禁煙補助薬としてのアミノ酸の効果についての裏付け研究では、実際にL-テアニンを直接たばこのフィルターに入れて行われました。有望な結果だったとはいえ、私としては、L-テアニンをこのような形で注入する利点があるとは思えません。サプリメントとして摂取すれば、同様の効果があるはずなのです。

何を摂取すべきでしょう

PharmaGABA、L-テアニンいずれも、推奨用量は1日2〜3回、100〜200 mg。このレベルでも、さらに高いレベルでも、いずれの製品の摂取においても、副作用や薬物相互作用が一切ありません。

どちらの製品を選ぶかについては、人によって反応に変化があるようです。まずPharmaGABAから始め、3〜4日経過しても効果が見られないようであれば、L-テアニンに切り替えるというのがお勧めです。なお、2つの製品を同時に摂取する価値はないようです。

今すぐ禁煙すると、まったくたばこを吸ったことがない人と同じレベルまでがんのリスクが低下する可能性があります。

症状

抜け毛対策に自然なアプローチ

症状

天然ハーブと血管性認知症

症状

便秘を自然に解消する方法