header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

お静かに

4月 26 2017

様々なパターンの耳鳴りを静める自然な方法

何百万人ものアメリカ人が、耳鳴りまたは耳鳴(じめい)と呼ばれる症状に悩まされています。重度の耳鳴りに苦しむ患者は、難聴の他、仕事や睡眠にまで支障をきたすこともあります。その原因には、大音量にさらされたり、特にバリウム系の医薬品(ベンゾジアゼピンbenzodiazepines)またはアスピリンやイブプロフェンといった非ステロイド性抗炎症薬など特定の投薬によるものが含まれます。耳鳴りは、アレルギー、高血圧または低血圧、腫瘍、さらに心臓、血管、顎、首などの健康問題の症状とも考えられます。

耳鳴りを自然な形で治療

耳鳴りの最も簡単な治療法は、原因を特定して排除することです。但し、長期に渡って大音量の騒音や音楽にさらされたり、スキューバダイビングなど鼓膜を損傷させる刺激が原因で起こる耳鳴りの場合は、治療が困難なこともあります。いくつかの研究では、このような症例にはマグネシウム (magnesium)による栄養補助(1日3回150〜250 mg)の効果が実証されています。その他、注目すべき自然薬品には以下の製品が含まれます:

亜鉛 (Zinc)。 亜鉛による栄養補助(1日20〜30 mg)には、耳鳴りの症状に多い亜鉛欠乏症患者の耳鳴りを緩和または除去する働きがあります。

イチョウエキス (Ginkgo biloba extract / GBE)。イチョウエキスを用いて耳鳴りを治療する二重盲検研究では、矛盾する結果が出ました。過去3年間以上に渡って耳鳴りに悩む患者より、最近耳鳴りが始まった患者に高い効果が見られます。耳鳴り治療のイチョウエキスの推奨用量は1日240〜320 mgです。

ビタミン B12。 耳鳴り患者全体のほぼ半数にこの重要なビタミンが不足しています。ビタミンB12が低レベルの人の多くは、メチルコバラミン(methylcobalamin)型のビタミンB12を摂取すると耳鳴りが完全に解消されます(26ページのサイドバー参照)。1カ月間毎日3000〜5000 mcg摂取し、その後は維持量として1日1000 mcgに減らします。

メラトニン (Melatonin)の裏付け

最近行われた2つの研究で、毎日就寝時にメラトニン3 mgを摂取することで、耳鳴りが著しく改善するだけでなく、睡眠の質全体も向上することが実証されました。最新の研究は、オハイオ州立大学眼・耳科研究所で行われ、Annals of Otology, Rhinology and Laryngology(耳科、鼻科、喉頭科年報)の2011年7月号に発表されました。同研究では、慢性の耳鳴りに悩む61人の成人が無作為に選ばれ、メラトニンまたはプラセボ3 mgを30日間に渡って毎晩摂取したのち、1カ月のウォッシュアウト期間を経て、その他の治療に移りました。その結果、メラトニンの作用により、慢性の耳鳴り患者において耳鳴りの強度が大幅に減少し、睡眠の質が向上したことが確かに証明されました。メラトニンは、より重度の両側耳鳴または騒音曝露歴がある男性に最も高い効果が見られました。耳鳴りに対するメラトニンの働きの一つについて、耳鳴りが処方睡眠薬の副作用であることが多いため、睡眠の質の向上による興味深い作用機序であると研究者らは考えています。

ビタミンB12 が不足していませんか?

mercola.comによると、ビタミンB12 欠乏が以下の症状の原因と考えられます:

  • 意識朦朧
  • 記憶障害
  • 気分変動
  • 意欲欠如
  • 無気力
  • 疲労およびエネルギー欠乏
  • 筋力低下
  • 手足のしびれ

ビタミンB12に注目

この重要な栄養素の低レベルを原因とする症状は耳鳴りだけではありません

最も豊富なビタミンB12 源は肝臓と腎臓で、その次に卵、魚、チーズ、肉類です。但し、ビタミンB12 の吸収には、内因子と呼ばれる胃の消化要素が不可欠です。

65歳以上の実に40%にビタミンB12が欠乏していることが研究でわかり、年齢と共にビタミンB12のレベルが低下することが証明されました。これは、年を取るにつれて内因子の分泌が減少するためと考えられます。ビタミンB12 の欠乏は年齢にかかわらず深刻な問題とはいえ、高齢者の場合は意思能力に著しい機能障害を引き起こす恐れがあります。

ある研究では、様々な急性および慢性疾患と診断された100人の高齢外来患者のビタミンB12の血中濃度が検査されました。その結果、100人中11人の血清ビタミンB12 のレベルが148 pmol/L以下(ビタミンB12欠乏によるカットオフ値)、30人のレベルが148〜295 pmol/L、さらに59人のレベルが296 pmol/Lと測定されました。

初期評価の後、基準を満たすビタミンB12の血中濃度が見られた患者らは、その後最長3年間に渡って経過観察を受けました。(既に欠乏が見られた患者は、研究から除外され、治療を受けました)。比較的高めの初期レベルが測定された患者におけるビタミンB12の年間平均減少は18 pmol/Lでした。また、低めの初期レベルの患者では、年間平均減少値がはるかに高い28 pmol/Lでした。これらの結果は、ビタミンB12欠乏検査および適切な栄養補助が、大半の高齢者に適応されるものであることを示しています。

メチルコバラミンは、ビタミンB12の活性型であり、好ましい形ですが、サプリメントの多くにはシアノコバラミン(cyanocobalamin)およびヒドロキソコバラミン(hydroxocobalamin)が含まれており、それが体内でメチルコバラミンに変化します。年齢と共にこの変化能力が低下します。メチルコバラミンが動物モデルの寿命を延ばした反面、シアノコバラミンにはその効果が見られませんでした。臨床試験でもより優れた結果をもたらしたメチルコバラミンは、特定の効果を得るための最良の形とみなされるべきでしょう。

65歳以上の方、また、年齢を問わずベジタリアンの皆さんに、毎日1000〜3000 mcgのメチルコバラミンを摂取するようお勧めします。この高用量により、吸収を助ける内因子が不要となります。

メチルコバラミンまたはシアノコバラミンを含むサプリメントのどちらを選ぶかは、ラベルをよくお読みください。高品質の製品は、成分表にビタミンB12の型が括弧内()に表示されています。メーカーの多くは、ラベルの表側に「メチルコバラミン(methylcobalamin)」または「メチルB12(methyl B12)」と表示しています。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症