checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

ピロロキノリンキノンがLDLコレステロール値を低下

栄養を多く含んだ製剤の大きな進歩は誰にも予測できません。これはPQQ(ピロロキノリンキノン)にも同じことが言えます。現在の市場でPQQは比較的新しい栄養サプリメントとされていますが、大きなポテンシャルが秘められています。脳や体の幅広い範囲を改善させ、数え切れないほど多くのメリットをもたらします。特に記録力を含む脳機能の改善では、その効果の強さが表れています。

自然的な発酵プロセスによって生成されたBioPQQ™を分析する新しい研究によりますと、初期段階でのコレステロール値が140 mg/dl以上の被験者は、これによってLDLコレステロールが低下することが判明しています。PQQは血中脂質を調節する、AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)を活性化させる成分として知られています。

バックグラウンドデータ

現時点でPQQがビタミンとして捉えられることはありませんが、将来的に重要な栄養素として考慮される見込みです。PQQは細胞の増殖、発達、分化、生存など、細胞機能に関わる特殊酵素の補因子として作用します。細胞は、PQQがない状態では正しく機能しません。これまでの分析によりますと、PQQは全ての植物の中で見つかっています。PQQが豊富な食べ物にはパセリ、緑ピーマン、キウイ、パパイア、豆腐があります。これらの食べ物では、100gの中でおよそ2~3mcgのPQQが見つかっています。PQQの研究では、普段に摂取する量(およそ100mcg)よりもはるかに高い10~20mgを摂取します。

PQQの主な作用の一つとして、細胞内のミトコンドリアでエネルギーを生成する重要な酵素への直接的な働きかけがあります。その結果、PQQはエネルギーの生成を促進します。現在行われている研究では、年老いた動物や人間において、記憶力や認識力を守る点に重点が置かれています。以下は一部の研究結果です。

  • PQQの動物実験では持続的な酸化ストレスが原因の認識機能障害が改善し、記憶力テストの結果が向上しました。
  • PQQの動物実験では変形性関節症の進行を防ぎました。
  • PQQはアルツハイマー病の原因とされる、アミロイドβタンパク質の影響によるダメージから神経細胞を保護しました。
  • 人間を対象とした二重盲検試験で20mgのPQQと300mgのCoQ10を組み合わせた製剤は、精神機能を改善させました。
  • その他の二重盲検試験では、1kgの体重に付き0.2mgのPQQは抗酸化能やエネルギー代謝を高める一方で、炎症を緩和させました。

新しいデータ

この人間を対象とした新しい研究では1日に20mgのPQQ(BioPQQ™)が与えられ、6週目と  12週目に血清トリグリセリドおよびコレストロール値に与える効果を調べました。治験者は40歳~57歳までの健康的な成人で、トリグリセリド値が平均からやや高い(110~300mg/dL)29人の方々でした。その結果、PQQの摂取から6週間後に血清トリグリセリド値に変化は見られなかったものの、LDLコレストロール値が140 mg/dl以上の方は、合計コレストロール値(平均で247mg/dlから216mg/dlへ)とLDLコレストロール値(平均で156mg/dlから132mg/dlへ)が大幅に低下しました。このコレストロール値の低下は、12週目の測定時でも示されました。

これらの結果から、PQQが含まれるサプリメントはAMPKを活性化させると推定され、LDLコレストロール値を大幅に低下させることが示されています。よってこの重要な化合物は、これから普及される臨床データにメリットをもたらしたことになります。

コメント

PQQは全ての細胞内に見つかり、エネルギー代謝の「重要な切り替え役」として作用する酵素のAMPKを活性化させます。AMPKの作用が少ないと以下の症状が見られます。

  • 老化の促進
  • 慢性炎症
  • 高い血中コレステロール値とトリグリセリド値
  • 腹部の内臓脂肪が上昇
  • インスリン抵抗性
  • ミトコンドリアの不足と機能不全
  • 神経変性
  • 肥満
  • 血糖コントロール不良

PQQによるAMPKの活性化は証明されているため、PQQが健康に役立つ成分の長いリストに記載されるよう、臨床データによって示されるまでは時間の問題です。

消費者は、市場に出回っているPQQサプリの種類に気を付けなければなりません。私の知る限りでは、BioPQQ™のみが天然成分を使用して作られています。その他のサプリは化学的に合成され、適度の毒性化合物が含まれています。服用の際はラベルを注意深くお読みください。もしくはBioPQQ™のみをご利用ください。

参考文献

  1. Nakano M, Kawasaki Y, Suzuki N, Takara T. Effects of Pyrroloquinoline Quinone Disodium Salt Intake on the Serum Cholesterol Levels of Healthy Japanese Adults.
症状

3種類の頭痛とそれぞれの予防・治療法

症状

結腸の健康とベルベリン :研究でわかった有望な抗酸化作用

症状

血圧を下げる8つの自然なアプローチ