header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

骨に関するアドバイス

4月 26 2017

骨にはカルシウムよりもコラーゲンが大切な理由

骨は健康を維持するため、ミネラルだけでなくカルシウムなど、幅広い栄養素を必要とするダイナミックな生体組織によって構成されています。

骨の健康に関わる成分であればミネラルに注目が集まりますが、コラーゲン量の低下は骨粗しょう症や低骨密度を引き起こす重要な要因です。

コラーゲンと骨の関係は、まさにツーバイフォー工法が家の枠組みであるのと似ています。これは、無機化が生じた際に枠組みを作る化合物です。年を取ることでコラーゲン量は低下しますが、これは問題視されています。なぜならば体内に十分なコラーゲンがなければ、どれほどカルシウムを摂ったとしてもミネラルは骨の中に取り込まれないからです。

この点を踏まえると、骨の健康を維持するには、従来のミネラルサプリメントを服用すると共に、コラーゲン基質の改善をプランに組み込む必要があります。

薬のマイナス点

骨粗しょう症の治療・予防にはビスホスホネート製剤(例:Boniva、Fosamax、Actonel)が使用されますが、この製剤の問題点は、骨質の改善にはならないことです。むろん骨密度を増加させることはありますが、オーガニックのコラーゲン基質における問題を特定しないため、実際は骨をもろくする場合があります。

良質の骨とは、竹のように頑丈で弾力性があります。その一方でビスホスホネートによって作り上げられた骨は、密度は濃いものの崩れやすいチョークのようなものになります。ビスホスホネート製剤を服用する方は、この製剤が引き起こす問題を修正するため、コラーゲン基質の改善に重点を置く必要があります。コラーゲン量を増やすことで骨が強くなり、弾力性が増し、それゆえに骨折しにくくなります。

とても有益なサプリメント

コラーゲン基質の改善および骨の健康の促進には、1日800~1,000mgのカルシウムと共に以下の重要な栄養素を摂ることをおすすめします。

  • 吸収しやすい形状をしたシリカ(BioSilに含まれる成分のch-OSAまたはコリン安定化オルトケイ酸)は、臨床試験で骨の健康を促進およびミネラル密度を向上させるという、驚くべき結果が示されています。骨の密度が低い閉経後の女性を対象とした二重盲検試験では、BioSilを摂り続けることで1年以内に骨のコラーゲン量が22%、および骨密度が2%上昇しました。1日の推奨摂取量は6~10mgです。
  • ビタミンK1およびK2は、骨の中でカルシウム分子を支えるたんぱく質のオステオカルシンに効果があります。ビタミンKは動きがないオステオカルシンを活性化させます。つまりこの成分が不足すると、たとえ多くのカルシウムを摂ったとしても骨粗しょう症を引き起こす最大の要因となります。ビタミンKはほうれん草、フダンソウ、ケール、芽キャベツ、アスパラガス、サヤマメなどに多く含まれています。1日の標準摂取量は100mcgです。
  • ビタミンB6B12、および葉酸は、アミノ酸の一種であるメチオニンをシステインに変換させる成分です。これらの成分が一つでも不足していると、骨粗しょう症などの様々な症状でも見られるように、ホモシステイン濃度が上昇する場合があります。ビタミンBをお求めの場合は、体内に吸収しやすいよう、ビタミンB12とされメチルコバラミンが含まれる製品をお探しください。
  • ビタミンD3が含まれるサプリメントは骨密度の増加に関わります。ビタミンDにカルシウムを組み合わせた研究では、この成分のみを使用した場合よりもはるかに良い結果が得られています。大半の専門家が推奨するビタミンD3の摂取量は、1日に最低2,000 IUです。
  • 骨粗しょう症を患う女性の研究では、この病気を持たない女性よりも骨のマグネシウム量、およびマグネシウム不足のその他の指標が低いことが示されています。1日の一般的な推奨摂取量は250~500mgです。
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症