header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

喘息の自然療法

7月 2 2018

エリック・マドリード医学士

喘息は、肺組織を取り囲む筋肉が圧縮されることで引き起こる、肺の炎症性疾患です。この病気に世界3億人の人々が苦しむ一方で、毎年およそ25万人の人々が、この病気による合併症で亡くなっています。喘息は、喘鳴、咳、息切れなどの症状を引き起こす場合があります。特定の要因によっては突然に、そして呼吸器感染や、時にはアレルギーによって引き起こされる場合があります。ボディマス指数が30以上とされる肥満の方は喘息にかかるリスクが2倍高くなり、この原因を含む以下の様々なリスクファクターがあります。

また喘息には、激しい運動で引き起こされる運動誘発性喘息があります。興味深いことに、この種の喘息を患ったことがある人は、激しさを増さない限り、普段は症状を感じないと言います。

喘息は、呼吸器症状の発症頻度によって4つの重症度に分かれています:

  • 軽症間欠型
  • 軽症持続型
  • 中等症持続型
  • 重症持続型

喘息のリスクファクター:

  • 花粉症アレルギー
  • 喘息の家族歴
  • 乳製品、小麦、亜硫酸などの食べ物への感受性
  • 食用色素や保存料などの化学物質への感受性
  • タバコを吸うまたは間接喫煙への露出
  • アフリカ系の人々
  • ラテン系の人々
  • 過体重または肥満
  • 大気汚染への露出
  • 胃酸の逆流

予防方法:

幼少期に犬や猫などの動物との触れ合いは、子供または大人であっても喘息を発症させる危険性を低めることが示されています。逆に、幼少期に動物との触れ合いが少ないと発症の危険性が高まり、その後の触れ合いを避けなければならない場合があります。2018年の研究では、生後から1年間、抗生物質を処方された子供は、喘息にかかる危険性が高いことが示されています。これは主に、健康的な腸内細菌の破壊が原因と思われています。

喘息を患う方は、症状が悪化しないよう、誘因をできるだけ避けるようにします。喘息発作を示す日誌を記録し続けることは、原因やパターンの特定に役立つ場合があります。

従来の治療法:

喘息の従来的な治療法は、誘因を避けることに加え、処方薬での治療が主流となっています。大半の場合、これらの薬は命を救うことがあり、すぐに手に入るようにすることが大切です。一般的な治療薬には、以下のものがあります:

ベータ作用薬 - この種の薬にはアルブテロール/サルブタモール(ProairVentolin)やレバルブテロール(Xopenex)があり、吸引型の薬として使用される、または突発性の発症の治療には、吸入器に入れてよく使用されています。この種の薬は救急薬として分類されており、週2回以上吸入するのであれば吸入ステロイド薬がおすすめです。

吸入ステロイド薬 - この種の薬は、体調管理や喘息発作の予防に使われます。一例には、フルチカゾンやベクロメタゾンの吸入があります。この薬の吸入後は、カンジダ症と呼ばれる口腔内のイースト菌感染症を防ぐため、必ず口を洗います。

ロイコトリエン阻害薬 - この種の薬にはモンテルカスト(Singulair)と呼ばれる薬があり、ロイコトリエンという物質が含まれています。この化学物質は、炎症、気道の収縮、鬱血を引き起こします。

経口ステロイド - 急性発作の治療に役立ちます。経口ステロイドは、必要に応じて使用する場合を除き、頻繁な使用は骨粗しょう症や胃潰瘍の危険性を高めるため、できるだけ使用を避けるようにします。

喘息予防

喘息の代替療法:

HEPAフィルタ - 喘息の誘因が花粉症アレルギーや動物の鱗屑による場合は、ポータブルな高効率粒子空気(HEPA)フィルタがおすすめです。これを寝室や居間に置きます。

ヨガ - 可動性や精神的にメリットをもたらす運動として知られているヨガも、呼吸運動や呼吸法と共に行うことで喘息予防を助けます。

栄養:

植物や野菜が豊富な食べ物には抗炎症作用がある一方で、加工食品や糖分の多い食べ物には肺への炎症・刺激など、炎症作用があります。2015年に行われた肺の研究によると、豊富な果物、野菜、オメガ3脂肪酸、地中海料理は、喘息の危険性を低めることが示されています。

喘息を患う方は、24週間の間、喘息にかかりやすい方での誘因とされる小麦、乳製品、亜硫酸を含む食べ物(ドライフルーツやワインなど)を一時的に避けるよう推奨します。アラン・ガビー博士は、Nutrition Medicineで喘息の他の誘因にはグルタミン酸ナトリウム(MSG)、トランス脂肪酸、アスピリン、安息香酸ナトリウム(良いとされる保存料)、着色料のタートラジンを含むかもしれないと発表しています。

砂糖やブドウ糖果糖液糖は、日々の食べ物によく使われています。2017年に行われた研究によると、妊娠中に最も多くの糖質をとった女性から生まれた子供は、喘息にかかりやすいことが示されています。また、29歳の子供によるブドウ糖果糖液糖の過剰摂取は、喘息の危険性を高めることが実証されています。この甘味料は、数多くの一般的な食べ物、果物ジュース、炭酸飲料の中に含まれています。必ずラベルを確認してください!

喘息への自然なアプローチ

プロバイオティクス - 健康的な腸内細菌叢こそが、強い免疫システムを作る鍵です。2015年にJournal of Allergy and Clinical Immunologyで公開された研究では、腸内細菌の多様性がアレルギーや喘息の症状を抑える大切な点であることが実証されています。実際、ラクトバチルスと呼ばれる乳酸菌は大切な役割を果たします。これは、帝王切開によって生まれた子供は、(ラクトバチルスが豊富な)産道を通って生まれた子供に比べると喘息にかかる危険性が高い点から示されています。喘息に関する動物実験では、喘息予防としてプロバイオティクスがもたらすメリットをサポートしています。現在、人間を対象とした数多くの実験が行われています。

マグネシウム   - マグネシウムには筋肉を自然にリラックスさせる効果があり、体内で引き起こる350種類以上の化学反応に関わる大切なミネラルおよび酵素の補因子です。緑葉野菜など、マグネシウムが豊富に含まれる食べ物を十分にとることが大切です。大概、食べ物だけでは不十分なため、サプリメントをとるようにします。

胃酸分泌抑制剤(例:オメプラゾール、パントプラゾール、ラニチジン)や利尿薬(例:フロセミド、トリアムテレン、ヒドロクロロチアジド)などの特定の薬は、マグネシウム欠乏症の危険性を高めます。

2016年にPulmonary Medicineで公開された研究では、血液中のマグネシウム量が少ない人は、重度の喘息にかかりやすいことが実証されています。喘息の治療として、マグネシウムは様々な方法で利用されます。急性喘息発作を引き起こした場合、医師はよくマグネシウムの静脈注射(IV)を行います。2018年にイタリアで行われた研究によると、マグネシウムの静脈注射は子供の喘息発作の治療に役立つことが示された一方で、2017年のCochrane Databaseによる研究では、器具によるマグネシウムの吸入は、従来の治療法(例:アルブテロール)を行っていた入院患者に、さらなるメリットをもたらすかもしれないことが提唱されています。その一方で、生後6ヵ月から4歳の子供を対象にした2018年の研究では、マグネシウムの吸入には大きなメリットが見られませんでした。また1997年に行われた研究では、マグネシウム400mgの経口摂取は、偽薬をとった人に比べ、喘息治療薬に頼る回数が減ったことが示されています。

魚油 - オメガ3必須脂肪酸は主に、体が正しく機能するために大切とされるエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)構成されています。2014年にNutrition Journalで公開された研究では、大半のアメリカ人は、魚(豊富に含まれているのはサバ、タラ、サーモン)、クルミチアシードフラックスシードヘンプシード納豆など、様々な食料源に見つかるオメガ3必須脂肪酸をとらないことが示されています。

2017年に行われた研究では、妊娠女性が魚油サプリをとると、生まれてくる子供の喘息症状を和らげることが提唱されています。2018年にPediatric Allergy and Immunologyで公開された研究では、魚を生まれて間もない幼児(生後69ヵ月)や、4歳半になるまで定期的(少なくとも1週間に1度)にあげることで喘息や喘鳴を和らげる一方で、脂の多い魚をとることは、年長児にメリットをもたらす場合があると結論付けています。

最後に、2016年にNutrition Research Reviewsで公開された研究では、オメガ3魚油を補給することで、喘息の治療に役立つ場合があると結論付けています。

推奨摂取量:1,000mg112

ビタミンD - ここ10年間に行われた数多くの研究では、適量のビタミンDをたった1回とるだけで、健康にメリットをもたらすことが示されています。これらの研究から、血中にビタミンDがたくさんあると、喘息を含む慢性病の危険性を低めると言えます。

年間300日以上晴れる南カリフォルニア州の私が勤める医療機関では、5人中4人の患者が臨床的にビタミンD不足とされています。このビタミンD不足がよく見られる理由は、日々日光に露出(要求時間は1520分)する人が少なく、顔、腕、足が紫外線にあたるからです。世界中では、最大90%の人がビタミンD不足とされています。

2017年に行われた研究では、妊娠女性にビタミンDを補給したところ、生まれてきた子供が喘息に関連する症状を引き起こす可能性は、半減したことが示されています。妊娠女性は適量のビタミンDを必ずとるようにし、大半は1日に2,0005,000IUとらなければなりません。補給前にはかかりつけ医にご相談ください。

またビタミンDの摂取は大人の喘息にも影響すると、2016年にPulmonary Medicineで公開された研究で示されています。この研究では、大人の男性・女性ともに血中のビタミンDが少ない人は、重度の喘息症状を引き起こす可能性が高いことが示されています。

推奨摂取量:11,0005,000IU

葉酸 - 葉酸は、緑葉野菜を表す""という言葉から生まれています。日々野菜をとることで、体内の正常な葉酸値を必ず維持できます。プエルトリコの子供582人を対象とした2016年の研究では、血中の葉酸値が低い子供は、高い子供に比べて喘息発作を引き起こす可能性が高いことが示されています。

推奨摂取量:葉酸が入った子供用のマルチビタミンまたはビタミングミ

L-カルニチン - L-カルニチンは、体の新陳代謝に必要とされる大切な化合物です。およそ350人に1人がL-カルニチンを合成できません。ただし合成できる人は、体内で産生される量よりもさらに多く必要とされる場合があります。2009年に行われた研究では、喘息発作を患う子供は、喘息症状が安定している子供よりも血中のL-カルニチン値が低いことが示されています。この研究では、健康な子供はテストされていません。

2012年にJournal of Allergyで公開され、中度の喘息を患う子供50人と喘息を患わない子供50人を対象にした研究では、似たような結果が得られています。前者は、健康的な子供に比べて血中のL-カルニチン値が低くなっています。またこの研究では、喘息を患う子供にL-カルニチンを補給したところ、改善が見られたことが示されています。

推奨摂取量:ラベルの記載通り

概要

喘息で苦しむ人は、大きな課題を抱えている場合があります。肺の正常な作用を維持するには、喘息を引き起こす誘因を避けることが大切です。喘息の症状を悪くする要因には、気を配る必要があります。処方薬は喘息を患う多くの人々の命を救いますが、喘息をコントロールするためさらなるサポートが必要な場合は、食べ物を変えたり、サプリメントによる補給があります。喘息用の処方薬をやめる場合は、事前にかかりつけ医にご相談ください。

参考文献:

  1. Pediatr Allergy Immunol. 2018 Mar 31. doi: 10.1111/pai.12902.
  2. Association Between Adherence to the Mediterranean Diet and Asthma in Peruvian Children.
  3. Rice JL, Romero KM, Galvez Davila RM, Meza CT, Bilderback A, Williams DL, Breysse PN, Bose S, Checkley W, Hansel NN, GASP Study Investigators. Lung. 2015 Dec; 193(6):893-9.
  4. Bédard A, Northstone K, Henderson AJ, Shaheen SO. Maternal intake of sugar during pregnancy and childhood respiratory and atopic outcomes. The European Respiratory Journal. 2017;50(1):1700073. doi:10.1183/13993003.00073-2017.
  5. Huang YJ, Boushey HA. The Microbiome in Asthma. The Journal of allergy and clinical immunology. 2015;135(1):25-30. doi:10.1016/j.jaci.2014.11.011.
  6. Wang X, Hui Y, Zhao L, Hao Y, Guo H, Ren F. Oral administration of Lactobacillus paracasei L9 attenuates PM2.5-induced enhancement of airway hyperresponsiveness and allergic airway response in murine model of asthma. Ryffel B, ed. PLoS ONE. 2017;12(2):e0171721. doi:10.1371/journal.pone.0171721.
  7. Shaikh MN, Malapati BR, Gokani R, Patel B, Chatriwala M. Serum Magnesium and Vitamin D Levels as Indicators of Asthma Severity. Pulmonary Medicine. 2016;2016:1643717. doi:10.1155/2016/1643717.
  8. Italian Journal of Pediatrics. 2018 Apr 6;44(1):46. doi: 10.1186/s13052-018-0481-1.
  9. Cochrane Database Syst Rev. 2017 Nov 28;11:CD003898. doi: 10.1002/14651858.CD003898.pub6.
  10. Eur Respir J. 2018 Feb 7;51(2). pii: 1701579. doi: 10.1183/13993003.01579-2017. Print 2018 Feb.
  11. Eur Respir J. 1997 Oct;10(10):2225-9.
  12. Papanikolaou Y, Brooks J, Reider C, Fulgoni VL. U.S. adults are not meeting recommended levels for fish and omega-3 fatty acid intake: results of an analysis using observational data from NHANES 2003–2008. Nutrition Journal. 2014;13:31. doi:10.1186/1475-2891-13-31.
  13. Explore (NY). 2017 Jul - Aug;13(4):279-280. doi: 10.1016/j.explore.2017.04.017. Epub 2017 Apr 21.
  14. Pediatr Allergy Immunol. 2018 Mar 9. doi: 10.1111/pai.12889. [Epub ahead of print]
  15. Nutr Res Rev. 2016 Jun;29(1):1-16. doi: 10.1017/S0954422415000116. Epub 2016 Jan 26.
  16. Wolsk HM, Chawes BL, Litonjua AA, et al. Prenatal vitamin D supplementation reduces risk of asthma/recurrent wheeze in early childhood: A combined analysis of two randomized controlled trials. Cameron DW, ed. PLoS ONE. 2017;12(10):e0186657. doi:10.1371/journal.pone.0186657.
  17. Shaikh MN, Malapati BR, Gokani R, Patel B, Chatriwala M. Serum Magnesium and Vitamin D Levels as Indicators of Asthma Severity. Pulmonary Medicine. 2016;2016:1643717. doi:10.1155/2016/1643717.
  18. Blatter J, Brehm JM, Sordillo J, et al. Folate Deficiency, Atopy, and Severe Asthma Exacerbations in Puerto Rican Children. Annals of the American Thoracic Society. 2016;13(2):223-230. doi:10.1513/AnnalsATS.201508-549OC.
  19. Al-Biltagi M, Isa M, Bediwy AS, Helaly N, El Lebedy DD. L-Carnitine Improves the Asthma Control in Children with Moderate Persistent Asthma. Journal of Allergy. 2012;2012:509730. doi:10.1155/2012/509730.
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症