header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

ストレス、不安、不眠症への自然的なサポート

5月 23 2017

毎日のストレスは、現代の日常生活の一部となっています。仕事の圧力、家族との口論、財政難、通勤時の混雑、時間管理などは、日々直面するストレス要因の一部にすぎません。人によってはストレスに圧倒され、不安に駆られたり不眠症になる場合があります。ありがたいことに北米では、安全かつ効果的な自然療法が人気を集めています。

リラックス状態を自然に促進

脳内に存在するγ-アミノ酪酸(GABA)は、気持ちを自然に落ち着かせる抗てんかん薬です。実際にこれは、脳が正しく機能するための重要な制御因子の一つです。2002年にMolecular Psychiatryで公開された文献には、不安、不眠症、てんかん、その他の脳障害を患う大半の人は、十分な量のGABAが生成されていないと記されています。Valium、Neurontin、Baclofen、Valproateなどの人気が高い薬は、脳内のGABAの効果が高まることで作用します。これらの薬は数多くの副作用を引き起こし、長期使用に適さない依存性の高い薬であるにも関わらず、GABAの適切な服用は、副作用を引き起こすことなく安全かつとても高い効果を発揮します。

 研究によると、合成されたGABAは、ラクトバチルス‐ヒルガルディー(韓国の伝統的なキムチ料理で野菜を発酵させるバクテリア)から自然に生成されたGABAの特別な形態とされる、天然のPharmaGABAとは同じようなメリットはもたらさないことが示されています。

脳内のα波生成

化学的に生成される合成のGABAとは異なり天然のPharmaGABAは、精神をより集中させ、エネルギーを高めると共にリラックスした気持ちを生みます。具体的に研究でPharmaGABAは、α波(瞑想によってもたらされ、精神集中と精神的敏捷性が一層高まると共に落ち着いた気分が特徴の状態)の発生を高めることが示されています。その一方では、β波(緊張感、散在思考、過剰活動と関連)を低下させます。

 日本でPharmaGABAは、ストレスを克服し、リラックス気分を促進する補助薬として認定されています。これは、眠気を引き起こすことなく心身を落ち着かせるように設計された機能性食品・飲料や、ダイエットサプリでよく見つかる成分です。PharmaGABAはチョコレートやコーヒー飲料の中で最もよく見つかり、特にカフェインの影響を相殺させるのに役立ちます。特にチュアブル錠として服用した場合、即効性が高まります。通常、その効果は服用してから15分以内に感じられ、最大4~6時間持続することが示されています。

PharmaGABAは臨床的に証明済み

PharmaGABAの臨床研究ではとても興味深い結果が得られています。その一例として2006年にBiofactorsでは、高所恐怖症の被験者が渓谷を結ぶ、長さ150フィートの吊り橋を横断するという研究が公開されました。研究者は橋の中間で被験者の唾液を採取し、血圧を測定しました。この実験で研究者は、唾液の中の分泌型IgA(感染と闘うようにする唾液内の重要な抗体)値を分析しました。通常、ストレスを感じている時は唾液の分泌量が低下し、急激に低下することもあります。この実験で被験者は、偽薬を与えられた場合のみ分泌型IgA値が低下しましたが、PharmaGABAを与えられた場合は、唾液内の分泌型IgA値は中間点に差し掛かっても変わることはなく、実際渡り終えた時点では上昇しました。

 2007年にAlternative Medicine Reviewで公開されたPharmaGABAに関する研究では、睡眠の質を大幅に改善させる素晴らしい作用が示されています。元気を回復させて1日に取り組むには、熟睡すること、そしてこの熟睡状態を十分な時間、保つ必要があります。残念ながら、大半の人はこのように熟睡できません。実際、従来の睡眠薬は熟睡できないようにし、通常の睡眠パターンを狂わせることで、起きる時には寝始めた時よりもさらに疲れを感じさせます。ただ、PharmaGABAがこのような状態をもたらすことは決してありません。 

推奨摂取量

PharmaGABAは、少しでも「ストレスを感じた」時にいつでも服用できます。最良の結果を得るには、チュアブル錠で100~200mgの量を1日3回摂るようにします。夜間の睡眠を促進させるには、寝る時に200~300mg摂るようにします。PharmaGABAは有害な薬物相互作用をもたらすことのない、完全に安全な成分です。一般的な服用ガイドラインとしては6時間以内に600mg以上、また24時間以内に1,200mg以上摂らないようにします。

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法

症状

高血圧でも旅行する方法

症状

男性のテストステロン濃度を改善する自然なアプローチ