header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

化学療法中の自然なサポート

4月 26 2017

大半の人々は、化学療法による吐き気、嘔吐、下痢、衰弱などの怖いイメージを思い浮かべます。とは言え新薬の開発により、ほとんどの化学療法レジメンは過去よりも耐えやすくなりました。それにも関わらず、化学療法は数多くの不快な副作用をもたらす場合があります。どのような副作用が起きるのかは、化学療法の種類、治療時の服用量やタイミング、患者の一般的な健康状態、過去の化学療法歴によります。

化学療法における問題の一つとして、がん性がある、ないに関わらず、すべての分裂細胞に作用を施す点があります。つまり、腸、骨髄、毛包を覆い、継続的に分裂する細胞もまた、化学療法によってダメージを受けていることを意味します。幸いにも、この世には化学療法がもたらすダメージから保護すると同時に、化学療法の効果を高める天然物があります。私がすすめる自然的な対策はがんの治療計画に確かな価値をもたらし、生きるか死ぬかの違いを生む可能性があります。

基本的な食生活指針以外に、どのような形の化学療法または放射線治療であろうとサポートする、五つの主要サプリメントがあります。

これら以外にも、ドキソルビシン(アドリアマイシン)または心臓にダメージを与える化学療法薬剤を服用されている方は、コエンザイムQ10を摂ることが大切です。では一体、どのような一般的な食生活指針に従えばよいのでしょうか?時として吐き気や下痢はがん自体、数多くの化学療法薬剤、放射線治療によってもたらされる場合があるため、多くのがん患者は拒食症(食欲不振または食べたいという欲望の喪失)を引き起こします。このような状況は、衰弱や体重・脂肪・筋肉の継続的な低下が特徴の消耗症候群とされる「がん悪液質」の状態に陥ることがあるため、決して良い状況ではありません。実際がん患者のおよそ4割は、この病気自体よりも栄養失調が死因と推定されています。がんと闘うために質の高い栄養を摂ることの重要性は、どれだけ誇張してもし過ぎることはありません。 

より良い栄養状態を持つがん患者は、がん治療やこれが引き起こす副作用に対して高い忍耐力を持っています。栄養状態が乏しいがん患者が化学療法を行うと、時には命に関わる可能性がある進行性の消耗症、衰弱、感染への抵抗感の低下を引き起こす場合があります。

以下の食事に関するアドバイスは、がん患者の栄養状態の改善に役立つ場合があります。

  1. 少量の食事を頻繁に取ります(1~2時間毎)。
  2. 1日に2回、20~30gの乳清たんぱく質が含まれる高たんぱくスムージーを飲みます。
  3. ジューサーで毎日18~24オンスの新鮮な果物または野菜ジュースを飲みます。
  4. 香味料、薬味、調味料を増やします(ただし、とても甘い・苦い調味料は避けます)。味覚感度が高まることで、味がなかったり、つまらないように感じされる場合があります。
  5. 固くて乾燥した食べ物を避け、軟らかくて水分を多く含む食べ物を取るようします。
  6. 少量を口に入れて完全に噛み砕きます。
  7. 8~24オンスの新鮮な果物または野菜ジュース以外にも、最低48オンスの水を毎日飲みます。

「グリーン」ドリンクを定期的に飲むとは?

グリーンドリンクとは、緑茶や乾燥させた大麦若葉カモジグサ、水に混ぜることで「潤いを取り戻す」クロレラまたはスピルリナなどの原料となる藻類など、商業的に手に入れることが可能な製品を表す用語です。おすすめの製品は、特にがんとの闘いを助けてくれるフィトケミカルが豊富なEnriching Greens®です。グリーンドリンクは、ビタミンKの作用の妨げとなり、血液の形成をブロックするクマディン(ワルファリン)を服用する患者は飲まないようにします。グリーンドリンクはビタミンKが豊富に含まれているため、クマディンを服用する方がこれらの飲み物を避けることは大切です。

化学療法中に抗酸化物質は避けるべきでしょうか?

化学療法(および放射線治療)をサポートするうえで最も問題視されているアドバイスの一つとして、治療の活動期に抗酸化栄養素をすすめられる点があります。化学療法または放射線治療の終了後に抗酸化栄養素を摂ることはあまり問題視されていませんが、大半のがん専門医は、抗酸化栄養素が従来の治療法の効果を妨げるのではないかという不安を抱えています。この不安は本当なのでしょうか?

 多くの専門家の回答によりますと、答えは「いいえ」です。この分野においては、デンバーのコロラド大学ヘルスセンター放射線科のビタミン&がん研究センターで務めるケダール・プラサード博士とその同僚が、最も知識が豊富な専門家として知られています。プラサード博士は、化学療法および放射線治療中の抗酸化物質の大量投与の懸念に対し「有効ではない」と発表しています。当博士は、「私たちの研究およびその他の研究によりますと、食生活の改善やライフスタイルの変化と共に複数のビタミンが含まれている抗酸化物質の大量投与は、正常な細胞の毒性を低下させ、がん細胞への増殖抑制効果を高めることで、がんの標準的および実験的研究の効果を高める可能性があるという仮説を立てました」と言います。

 最終結論として、数え切れないほどの動物実験以外にも人間を対象に行った数多くの実験において、化学療法や放射線治療中に抗酸化物質治療を行った患者は、サプリメントが与えられなかった標準治療の患者よりも忍耐力が強く、生活の質が向上し、一番大切な点として寿命が伸びたことが示されています。その一例として、小細胞肺がんを患う患者にシクロホスファミド、アドリアマイシン(ドキソルビシン)、ビンクリスチンを組み合わせた化学療法および放射線治療に抗酸化物質、ビタミン、微量元素を組み合わせた研究では、栄養補給が寿命を大幅に伸ばしたと結論付けています。

かかりつけのがん専門医は、抗酸化物質は化学療法の妨げとなることが科学的証拠によって示されていると言います。どうすればよいでしょう?

がん専門医が、抗酸化物質は化学療法・放射線治療を妨げる「科学的証拠」があると引き合いに出した場合、これはこの種の大半の研究において示された大部分の有益な効果を無視している傾向にあります。がん専門医が言及する科学的証拠とは、主に推奨された量をはるかに超える量の抗酸化物質を与える(通常は腸への注射)動物実験、または生命体ではあり得ない濃度の抗酸化物質を使用したビトロ(試験管)実験を指しています。

 例えば、ビタミンEをマウスに与える量は、人間への標準的なサプリとしてはあり得ない量(例:35,000IU以上の投与量)になっており、この量であれば放射線治療の効果を低下させる可能性があります。その一方で、人間を対象とした実験および動物実験に基づきビタミンEは、一般的な投与量であれば化学療法または放射線治療の妨げになることはなく、実際これらの治療法の成功を促進する可能性があると捉えられています。この点は、CoQ10やその他の抗酸化物質にも同じことが言えます。唯一の例外は、自然に生成されるアミノ酸システイン誘導体のN-アセチルシステイン(NAC)です。NACは治療効果に大きな影響を与えない一方で、化学療法薬剤(例:シスプラチン)の効果を抑制するよう、ある程度のリスクを抱えています。

これを理由に、積極的治療中はNACをいかなる化学療法薬剤であっても併用することをおすすめしません。NACは、化学療法後であれば、腎臓または神経へのダメージを改善させるメリットをもたらす場合があります。では何をすればよいという点については、信頼でき、コミュニケートできるがん専門医またはがん治療センターとの関係を築くことがとても大切だと思います。これは簡単ではないように思えますが、決して実現不可能ではありません。すべてのサプリメント使用は、かかりつけの医師に相談するようおすすめします。かかりつけの医師が、化学療法や放射線治療中の抗酸化物質使用をサポートする科学文献について詳しくないのであれば、プラサード博士や同僚によって執筆され、ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーションで公開された評論の「High Doses of Antioxidant Vitamins: Essential Ingredients in Improving the Efficacy of Standard Cancer Therapy」を引用(参照1をご覧ください)してください。かかりつけの医師がこのような事実に理解を示していただくようになった際、ここで記されたおすすめの成分の使用をサポートしてくれることを願っています。

化学療法中に強力なマルチビタミン・ミネラルを摂るのはなぜ大切なのでしょう?

免疫システムはほぼすべての栄養素を常に必要とするため、化学療法を行っている患者において、マルチビタミン・ミネラルフォーミュラと栄養サプリの併用が免疫システムをサポートする、一番最初のステップになることは理にかなっています。栄養素、特にビタミンC、E、AB6B12および葉酸が不足している場合、免疫機能に著しい障害をもたらす可能性があります。

特に大切とされているミネラルは亜鉛セレニウムです。おすすめのマルチビタミン・ミネラルフォーミュラは、Natural FactorsのMultiStart™製品です。この製品は、様々な年齢や男性・女性に必要とされる栄養素のニーズを満たすようにデザインされています。これらのフォーミュラは、性別や特定の年齢に見合うビタミン・ミネラル量だけでなく、性別・年齢に基づき、消化に関わる適切な要素やハーブエキスが含まれています。

マイタケD(またはMD)フラクションとは?

マイタケは免疫機能を促進する化合物を生み出すもので、健康に大きなメリットをもたらすことが示されています。1980年代初頭、日本の難波宏彰博士が免疫機能を促進するキノコの性質を研究していたところ、マイタケエキスは、動物実験において他のキノコエキスよりも強力な抗がん作用があるとの結論に至りました。マイタケがもたらす主なメリットの一つとして、経口投与された場合にかなり効果がある点が挙げられます。その一方でシイタケなど、難波博士が研究したその他のキノコ類は、血流への注入時のみに効果があることが示されています。

1984年に難波博士は、マイタケの一部にはマクロファージ(直訳すると「大食い」)と呼ばれる白血球を大きく刺激する特質があることを見つけました。これらの特有の

白血球は、がん細胞、バクテリア、細胞残屑など外部からの異物を食菌または取り込みます。難波博士は、このようなマイタケで見つかった結果をマイタケDフラクションと名付けています。Dフラクションは、さらに精製させることでDフラクションよりもさらに生体活性のMDフラクションを生み出します。

マイタケβグルカンフラクションは、従来の化学療法(および放射線治療)から生じる副作用を抑えつつ、これらの効果を高めるものと思われています。1994年、63人のがん患者を対象にパイロットスタディを行った中国の研究グループは、固形がんに対する総合的な効果率が95%以上、および白血病に対する効果率が90%以上であることを発表しました。また難波博士は、165人の進行がんを患う患者にマイタケエキスを投与する予備研究を行いました。

その結果、化学療法を行っていた9割の患者で脱毛、白血球数の減少、吐き気、嘔吐、食欲不振など、化学療法では一般的な副作用において緩和が見られています。マイタケは、83%の患者で効果的に痛みの度合いを低下させることが示されています。なかでも乳がん、肺がん、肝臓がんでとても良い結果が得られています。難波博士は、乳がん患者の73.3%、肺がん患者の66.6%、肝臓がん患者の46.6%で大幅に症状が改善、または腫瘍の退縮が見られたと発表しています。

マイタケエキスの服用量は、マイタケD(またはMD)フラクションレベルによります。治療用量の範囲は体重に基づきます(2.2ポンド(1kg)ごとに0.5~1.0mgを1日に1回)。これはおよそ35~70mgのマイタケD(またはMD)フラクションとなります。予防用の推奨摂取量は、通常5~15mgのマイタケD(またはMD)フラクションです。最良の結果を得るには、食事の20分前または空腹時に服用します。

たんぱく質分解酵素とは?

たんぱく質分解酵素(またはプロテアーゼ)とは、たんぱく質を消化(小さく分解)する様々な酵素です。これらの酵素には、肝臓プロテアーゼのキモトリプシンやトリプシン、ブロメライン(パイナップル酵素)、パパイン(パパイヤ酵素)、真菌プロテアーゼ、セラチアプロテアーゼ(「カイコ」の酵素)があります。たんぱく質分解酵素は、がんの治療に使われてきた長い歴史があります。たんぱく質分解酵素は、現在行われている臨床研究で様々ながん治療に大きなメリットをもたらすことが示されています。また臨床研究では、患者の全身状態や生活質で改善、および平均余命である程度または大幅な改善が見られています。

研究では、乳がん、肺がん、胃がん、頭部・頸部がん、卵巣がん、頸がん、結腸がん、リンパ腫、多発性骨髄腫を持つ患者を対象に行われています。これらの研究では、通常療法(外科手術、化学療法、放射線治療)と共にたんぱく質分解酵素を使用します。このことから、たんぱく質分解酵素はこれらの通常療法と共に使用できることが表されています。動物および植物から抽出されるたんぱく質分解酵素には少し異なる効果があるため、Zymactive™の使用をおすすめします。このサプリは種類が豊富で強力なたんぱく質分解酵素が含まれている、強力なたんぱく質分解酵素複合物です。1日3回、食事の15分前に1錠というように少ない服用量から始めることをおすすめします。そこからは週ごとに徐々に増やし、1日3回、1回に付き3錠服用するようにします。たんぱく質分解酵素の摂り過ぎは、胃腸障害や下痢を引き起こす場合があるのでご注意ください。

クルクミンとは何で、どのようにがん患者をサポートしますか?

クルクミンは、カレーの主成分であるターメリック(ウコン)の黄色い色素です。この色素は、炎症や抗がん特性における多くの実験および臨床研究で大きな作用をもたらすことが示されています。これはがんの予防や治療にメリットをもたらすため、複雑な作用を施します。ターメリックやクルクミンがもたらす抗がん効果は、がん形成のどの段階(イニシエーション、プロモーション、プログレッション)であったとしても得られています。クルクミンがもたらす予防効果は、抗酸化物質が施す直接的な作用の一部にすぎません。その他の抗がん効果としては、がんの原因とされるニトロソアミンの形成を抑制、体内でグルタチオンなど抗腫瘍化合物量を増加、肝臓から生じたがんの原因とされる化合物が正しく解毒されるよう促進、シクロオキシゲナーゼ2(COX-2)酵素の過剰発現の防止などがあります。

この酵素は、必須脂肪酸(第2種のプロスタグランジン)の炎症性および発がん性誘導体を生成します。クルクミンは、前立腺がん、乳がん、皮膚がん、結腸がん、胃がん、肝臓がんなど、数多くの実験モデルで大きな抗がん効果が見られています。その効果は、以下の様々なメカニズムによって得られると考えられています。

  • 血管新生を抑制。腫瘍の進行は、栄養を与える新しい血管の生成によります。
  • 上皮成長因子(EGF)受容体部位を抑制。およそ3分の2以上のがんはEGF受容体部位を過剰に生成させ、細胞増殖を刺激するこの物質に対するがん細胞の感受性を高めます。
  • 維芽細胞増殖因子を抑制(FGF)を抑制。この増殖因子は、増殖する腫瘍に栄養を与える新しい血管の形成を促進します。
  • 核内因子カッパB(NF-kb)を抑制。大半のがんは、細胞増殖状態から逃れるよう、この増殖因子を過剰に生成します。
  • がん細胞のアポトーシス(細胞死)を促進。
  • がん細胞内で成長を促進させる酵素を抑制。

クルクミンの推奨摂取量は200~400mg(1日3回)です。

ドキソルビシンを服用する方にコエンザイムQ10をすすめるのはなぜでしょう?

ドキソルビシンは特に心臓に害をもたらし、深刻なダメージ(心筋症)を引き起こす場合があります。実際、心臓へのダメージはよく命に関わるものとされています。多くの研究でCoQ10は、抗がん効果を低めることなく、ドキソルビシンと関連する心毒性の発生を予防することが示されています。最良の結果を得るには、Natural FactorsのClear Q™がおすすめです。CoQ10の吸収性・利用性を高めるために一部の製造業者は、CoQ10の溶解度が高まるよう合成化合物に目を向けています。このアプローチに従わなくとも、Natural Factorsは代わりに天然産物を使用しています。特許申請中の

Lipcom®(脂質膜圧縮の略)は、天然のビタミンE(100%天然の酢酸d-α-トコフェロールのClear Base™ Vitamin E)を最も純粋な形に溶解させます。その結果、CoQ10は吸収性、利用性、機能性が高まることで生物学的に効果が高まります。

Clear Qの服用から6時間後にCoQ10の血中濃度を測定した予備研究では、標準的なCoQ10を服用することで得られた結果よりも235%高いものとなっています。同じように素晴らしい点として、Clear Q™の服用から6時間後のCoQ10の血中濃度は、2.5mcg/ml以上に到達する場合があることも示されています。この数値は、CoQ10の一貫性を示すために必要とされる血中濃度です。ビタミンE内で溶解されたCoQ10を摂ることで、CoQ10は活性型を保ったまま吸収力を高めると思われます。CoQ10は、血液内では酸化型(非活性)および還元型(活性)の両方の形として見つかります。

酸化ストレスが増加またはビタミンEが減ると、より多くのCoQ10が酸化型(非活性)に変換されます。よって天然ビタミンEを多く摂ることで、CoQ10の生理活性や機能が高まります。さらにCoQ10はビタミンEの作用を高めます。ドキソルビシンを使用している方は、毎日2錠のClear Qを摂ることをおすすめします。CoQ10同様に、ビタミンEは治療効果を低めることなくドキソルビシンのマイナス効果を抑制します。

乳がん・前立腺がんに特におすすめのサプリメントはありますか?

はい。このような患者には、他にもインドール3カルビノール(l3C)(1日300~400mg)とカルシウムDグルカレート(1日400~1,200mg)がおすすめです。IC3は、キャベツ類から取れる主要な抗腫瘍化合物の一つです。このサプリメントは、エストロゲンの解体を高めるなどたくさんの作用を施すため、特に乳がん、前立腺がん、頸部がんで予防効果を発揮します。また予備研究では、I3Cを栄養補助食品として摂ることで、エストロゲンががんを生成する形から毒性を持たない物質へと変換されることが示されています。

カルシウムDグルカレートもまた、余分なエストロゲンを排除する腸内の酵素を抑制するためにとても大切なサプリメントです。体内からエストロゲンを排せつする主な方法の一つとして、肝臓内でグルクロン酸をエストロゲンにくっつかせ、この複合体を胆汁に排せつする方法があります。グルクロニダーゼは、排出されたエストロゲンとグルクロン酸を引き離す(解体する)細菌酵素です。この酵素を抑制することで、カルシウムDグルカレートはエストロゲンの排せつを促進します。これ以外にも、乳がん・前立腺がんを患う方への大切なアドバイスとして、細かくしたアマニがおすすめです。

アマニには、リグナンとして知られている一連の大切な抗腫瘍化合物が含まれています。アマニはコーヒーグラインダー、フードプロセッサーまたはミキサーで簡単にすりつぶすことができます。ホットシリアル、サラダまたはスムージーなどにかけて、毎日大さじ1、2杯摂ることがおすすめです。アマニのリグナンは乳がんの予防や小さくするものとしてよく知られていますが、他にも男性ホルモンレセプターとくっつき、テストステロンの排せつを促進します。デューク大学医療センターおよびダーハムVAメディカルセンターによる前立腺がんを患う男性患者の研究では、低脂肪食(合計20%以下のカロリー)に30グラムの細かくしたアマニをわずか34日間補充しただけで、血清テストステロンが15%低下、がん細胞の成長率が低下、およびがん細胞の死滅率が高まりました。

参考:

  1. Prasad KN, Kumar A, Kochupillai V, Cole WC. High doses of multiple antioxidant vitamins: essential ingredients in improving the efficacy of standard cancer therapy. J Am Coll Nutr 1999;18(1):13-25.
  2. Lamson DW, Brignall MS. Antioxidants in cancer therapy; their actions and interactions with oncologic therapies. Altern Med Rev 1999;4(5):304-29.
  3. Jaakkola K, Lahteenmaki P, Laakso J, et al.Treatment with antioxidant and other nutrients in combination with chemotherapy and irradiation in patients with small-cell lung cancer. Anticancer Res 1992;12:599-606.
  4. Sakamoto K, Sakka M. Reduced effect of irradiation on normal and malignant cells irradiated in vivo in mice pretreated with vitamin E. Br J Radiology 1973;46:538-540.
  5. Kagreud A, Peterson HI.Tocopherol in irradiation of experimental neoplasms. Acta Radiol Oncol 1981;20:97-100.
  6. Perez Ripoll EA, Rama BN,Webber MM. Vitamin E enhances the chemotherapeutic effects of adriamycin on human prostatic carcinoma cells in vitro. J Urol 1986;136:529-531.
  7. Olson RD, Stroo WE, Boerth RC. Influence of N-acetylcysteine on the antitumor activity of doxorubicin. Semin Oncol
    1983;10:S29-S34.
  8. Roller A,Weller M. Antioxidants specifically inhibit cisplatin cytotoxicity of human malignant glioma cells. Anticancer Res 1998;18:4493-4497.
  9. Nanba H. Maitake D-fraction: healing and preventive potential for cancer. J Orthomol Med 1997;12:43-49.
  10. Nanba H. Results of non-controlled clinical study for various cancer patients using maitake D-fraction. Explore 1995;6:19-21.
  11. Leipner J and Saller R: Systemic enzyme therapy in oncology: effect and mode of action. Drugs. 2000;59:769-80.
  12. Li JK, Lin-Shia SY. Mechanisms of cancer chemoprevention by curcumin. Proc Natl Sci Counc Repub China 2001;25(2):59-66.
  13. Dorai T, Cao YC, Dorai B, Buttyan R, Katz AE.Therapeutic potential of curcumin in human prostate cancer. III. Curcumin inhibits proliferation, induces apoptosis, and inhibits angiogenesis of LNCaP prostate cancer cells in vivo. Prostate 2001;47(4):293-303.
  14. Shaeffer J, El-Mahdi AM, Nichols RK. Coenzyme Q10 and adriamycin toxicity in mice. Res Commun Chem Pathol Pharmacol 1980;29;309-315.
  15. Iarussi D, Auricchio U, Agretto A, et al. Protective effect of coenzyme Q10 on anthracyclines cardiotoxicity: control study in children with acute lymphoblastic leukemia and non-hodgkin lymphoma. Molec Aspects Med 1994;15:S207-S212.
  16. Sonneveld P. Effect of alpha-tocopherol on the cardiotoxicity of adriamycin in the rat. Cancer Treat Rep 1978;62:1033-1036.
  17. Wong GY, Bradlow L, Sepkovic D, et al. Dose-ranging study of indole-3-carbinol for breast cancer prevention. Cell Biochem Supply 1997;28-29:111-6.
  18. Bell MC, Crowley-Nowick P, Bradlow HL, et al. Placebo-controlled trial of indole-3-carbinol in the treatment of CIN. Gynecol Oncol 2000;78(2):123-9.
  19. Walaszek Z, Szemraj J, Narog M, et al. Metabolism, uptake, and excretion of a D-glucaric acid salt and its potential use in cancer prevention. Cancer Detection Prevention 1997;21:178-90.
  20. Demark-Wahnefried W, Price DT, Polascik TJ, et al. Pilot study of dietary fat restriction and flaxseed supplementation in men with prostate cancer before surgery: exploring the effects on hormonal levels, prostate-specific antigen, and histopathologic features. Urology 2001;58(1):47-52.
症状

アルファリポ酸と多発性硬化症

症状

糖尿病の管理に役立つハーブ、スパイス、ナッツ

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法