header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

男性更年期障害と低テストステロンへの自然的な取り組み

10月 25 2017

男性は、女性が更年期に体験する生理現象と似たような現象を体験するのでしょうか?一般的に“男性更年期”、“男性更年期障害”、“マノポーズ”として知られている症状は、更年期に引き起こされる症状と表面的に似ている点があります。ただしすべての女性が更年期を迎えることとは対照的に、すべての男性が更年期を迎えるわけではありません。

男性更年期障害とは?

男性更年期障害は、中年男性においてホルモンのテストステロンデヒドロエピアンドロステロンがゆっくりかつ着実に減少する兆候・症状によって表されます。男性は加齢と共にテストステロンが自然的に減りますが、男性更年期障害(具体的に言えば“性腺機能低下症”)では、この数値が特定の年齢の正常範囲よりも下回ります。

テレビや新聞の“低テストステロン”用の広告を見たことのない方のために、男性のテストステロン補充療法で素早い改善を見せるため、この処方製剤を大きく売り込むサプライヤーの動きが見られています。ただあえて言うのであれば、男性更年期障害と低テストステロンのあらゆる部分で多くの議論が伴っています。

加齢と共に男性に見られる低テストステロン症状

中年男性でテストステロンが低下すると、何らかの症状が現れるのでしょうか?答えは“全くその通り”です。実際にこの典型的な症状は、アメリカ人医師のカール・ヘラー医学士とゴードン・マイヤー医学士がテストステロン補充療法の効果を疲れ、うつ病、過敏症、性欲の低下、勃起不全、寝汗、熱感で示して以来、70年以上もの間認識されています。

その後の数年におよぶ研究では、すべての男性ではなく、テストステロン値が低く年齢調整を行った一部の男性でこれらの症状や、テストステロン療法による改善が明らかに見られています。

低テストステロン症状の原因は?

テストステロン値は通常、30歳を過ぎると10年おきに10%ずつ、または1年の間におよそ1%ずつ低下します。これは正常ですが、テストステロン値がこれよりも早い割合で低下すると異常となります。テストステロン値の低下には、以下を含む数多くの要因が考えられています。

  • 今日に見られる低テストステロン症状の主な要因は、肥満、糖尿病、インスリン抵抗性によるものです。肥満男性の総テストステロン値および遊離テストステロン値は、肥満度に応じて低くなります。これに追い打ちをかけるかのように、エストロゲン値が高まります。
  • 低テストステロン症状の他の危険因子に慢性炎症があります。インスリン抵抗性は、サイレント・インフラメーションを引き起こしたり、好感度C反応性蛋白(hsCRP)を上昇させる主な要因です。
  • “外因性エストロゲン”への露出が高まることで低テストステロン症状を引き起こします。これは農薬、フタル酸(プラスチック)、タバコの煙の副産物、重金属(鉛や水銀など)、各種溶剤など、食べ物や生活環境の中に見つかる化合物で、エストロゲン様作用をもたらします。外因性エストロゲンは男性のエストロゲン様作用を高めることで、テストステロンの産生を低下させます。
  • 運動不足は低テストステロン症状を引き起こします。その一方で特にウェイトトレーニングなど、短時間の激しい運動を定期的に行うことは、テストステロンを生成させる手っ取り早い方法の一つです。
  • ストレスは副腎皮質ホルモンであるコルチゾールの分泌を高めることで、テストステロン値にマイナス効果を与えます。

テストステロンの増加

低テストステロン症状を患う男性がテストステロン値を上昇させる最良の方法は、インスリン作用の改善、理想体重の達成、血糖コントロールを改善させるなど、根本的な問題に取り組むことです。減量を行うだけでも、テストステロン値が50%上昇することが示されています。これらの基本的な取り組み以外にも、以下のような数多くの天然物がテストステロン値の上昇をお手伝いする場合があります。

  • 亜鉛は、男性の性機能でおそらく最も大切とされる微量元素です。高濃度の亜鉛は前立腺や睾丸内に見つかり、特に多量の亜鉛が精液内(1回の射精に付きおよそ5mgの亜鉛が放出)に見つかります。これは実質的にテストステロンの代謝など、男性の生殖器系のあらゆる作用に関与します。数多くの研究では精子数の低下、特にテストステロン値の低下における治療で、亜鉛サプリメントの使用を支持しています。低テストステロン症状を患う大半の男性は、亜鉛が不足しています。適切な亜鉛値を維持するには、1日30~45mgの補給をおすすめします。
  • フェヌグリークには主にフェヌシドやプロトディオシンなど、活発的な植物ステロイドが多々含まれています。フェヌグリークエキスは、数多くの人間を対象とした臨床研究で、性欲やテストステロン値を高める有望な効果が示されています。某二重盲検試験で毎日600mgの特殊なフェヌグリークエキスをとり続けたグループでは性欲が5%、回復時間が66.7%、性行為の質が63%が改善し、テストステロン値で穏やかな上昇効果が示されています。また35~65歳の男性50人が、20%濃度のプロトディオシンを含む1日500mgのフェヌグリークエキスをとり続けた研究では、最大46%の研究対象集団で遊離テストステロン値が90%改善しました。
  • ユーリコマ・ロンギフォリア(トンカットアリまたはロングジャック)はインドネシアやマレーシアに生息する顕花植物で、テストステロンの促進薬、ならびに性欲を高めるエンハンサーとして大々的に宣伝されています。市場では、このような宣伝のキャッチコピーを後押しする証拠がある一方で、模倣品に対する懸念が示されています。低テストステロン症状を患う男性が、1日200mgの標準化された水溶性ロングジャックエキスをとり続けた某研究では、特定の年齢階層における90%の被験者で、総テストステロン値の46%上昇が示されています。よく運動をする13人の男性(57~72歳)に1日400mgのロングジャックエキスを5週間与え続けた別の研究では、血清テストステロン値が15%、そして遊離テストステロン値が61%上昇しました。また精子数や性欲を満たす点に関しても、ポジティブな結果が得られています。
  • トリビュラステレストリス (ハマビシ)は、昔からアーユルヴェーダ医療では強壮剤や媚薬、ヨーロッパの民間療法では性的能力を高める薬として使われてきました。テストステロン値が正常な健康男性を対象とした研究では、ハマビシがこの数値を上昇させることは示されていませんが、一部の臨床所見では、低テストステロン症状を患う男性に、テストステロン値の上昇効果をもたらす場合があることが示されています。ハマビシの根6gを60日間とり続けた2012年の研究では、精子数の少ない男性のテストステロン値が16%上昇し、勃起力や性行為の頻度の改善が見られています。ハマビシエキスの一般的な服用量は1日100~250mgです。
  • クリシンはアロマターゼ酵素を抑制し、テストステロンをエストロゲンに変換するフラボノイドの一種です。これは栄養サプリメントとして入手可能ですが、バイオアベイラビリティが低いサプリです。ローヤルゼリープロポリスなどの天然源には、吸収を改善させるその他の因子が含まれている場合があります。これの使用時の臨床研究は行われていませんが、低テストステロン症状には個人的にローヤルゼリーをおすすめします。ローヤルゼリーは、ハチミツとビーポーレンを扁桃腺内の酵素と混ぜ合わせるミツバチによって生成され、女王蜂の食事となる濃厚かつ乳状の物質です。これは女王蜂の大きさ、驚異的な排卵力、持久力、生命力からかなり濃縮された物質であることが示されています。ローヤルゼリーによる健康促進の特質を研究する科学的調査では、血中コレステロールを低下させる作用に重点が置かれていますが、個人的にはさらなるメリットをもたらすものと考えています。ローヤルゼリーの一般的な服用量は1日50~100mgです。
  • マカは人気が高まりつつある植物です。一般的にはシノニムとして知られており、ペルーのみに生息するアブラナ科の植物です。外観はチューリップに似ています。マカがもたらす有名な効果の一つとして、男性・女性に関わらず性欲や性機能の向上があります。臨床研究では、マカが勃起機能を促進するなど、これらの特質が確認されています。マカはテストステロン値に直接影響を及ぼさず、代わりにストレスによって有害な影響を受けた内分泌系全体に作用を施しつつ、気分、エネルギー、持久力を改善させると思われています。マカはいろいろな形状としてとることができ、様々な種類があります。健康全般には、特に黒い根の部分からとられたマカパウダーがおすすめです。より強い効果を得るには、塊根全体からとられてゼラチン化(でんぷんを取り除いたもの)されたエキスがすすめられます。マカの一般的な服用量は3~6gです。

加齢とライフスタイル

男性のテストステロン、性欲、精力の低下を改善させる様々な自然薬があります。その一方で、ある程度の常識と共に現実的な期待を持つ必要があります。運動をせずに肥満で、その他の食事やライフスタイルが原因で体に大きなストレスを抱える男性は、これらの天然物が実際、期待通りの効果をもたらすことはありません。

症状

糖尿病の管理に役立つハーブ、スパイス、ナッツ

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法

症状

高血圧でも旅行する方法