header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

自然療法で発汗対策を

2月 14 2018

汗に効果的な家庭療法が学べます。

かなり多く人達が、汗のかき過ぎ(多汗症)に悩んでいます。肥満、フケニキビなどの自然療法に関する記事は数多くありますが、恥ずかしいハプニングをもたらす多汗症についての説明やアドバイスをする人はほとんどいません。

多汗症が厄介な症状である理由の一つが、治療法が比較的少ないことです。極めて重症でない限り、多汗症で処方箋を出したり治療を行ったりする医師はほとんどいませんが、軽度の多汗症でも非常に恥ずかしい思いをします。しかし、幸いなことに、軽度や中度の多汗症であれば、家庭療法でどうにか症状を抑えられます。自宅でできる、多汗症の症状の軽減に役立つ治療法はいくつかあるので、人気の高い効果的な多汗症対策の方法をいくつかご紹介します。

リンゴ酢

リンゴ酢には非常に強い収斂性があるので、様々な種類の家庭療法で効果を発揮します。しかし、発汗のコントロールに効果があることはほとんど知られていません。皮膚に塗ると、リンゴ酢は毛穴を塞ぐ薄い膜を作ります。

脇の下に

脇の下の多汗症対策としてリンゴ酢を以下の方法で使えば、最良の結果が得られます。

材料:

方法:

  1. まず、塗る部分を決めてください。
  2. その部分を良く洗います。
  3. 脱脂綿にリンゴ酢を浸み込ませます。
  4. 問題の部分にリンゴ酢を塗ります。
  5. 一晩リンゴ酢を塗ったままにしてください。
  6. 朝にシャワーを浴びて、リンゴ酢を洗い落とします。

体の内側から

リンゴ酢を使う発汗対策方法は、もう一つあります。実は、リンゴ酢を飲むと発汗量が減るそうです。普通、そのままではなく水で薄めて飲みます。毎日少量飲めばいいだけです。

材料:

方法:

  1. 11回空腹時に飲んでください。

足に

また、足の多汗症で悩んでいる方にもリンゴ酢をおすすめします。毎日行わなくては効果が得られないことをご了承ください。

材料:

  • リンゴ酢 カップ1/2杯(約125ml
  • カップ4杯(約1,000ml)

方法:

  1. 両足が入る大きさの容器に水とリンゴ酢を入れます。
  2. 20分間足を浸してください。

重曹

多汗症が原因の悪臭や肌荒れの家庭療法に、重曹を使う人が大勢います。重曹で発汗量を減らすことはできませんが、デオドラントとして素晴らしい効果を発揮するので、多汗症が原因の肌荒れ対策に役立ちます。という訳で、この記事の他の方法との併用をおすすめします。また、重曹は高価でないのが良い点でもあります。重曹が原料のナチュラルなデオドラントを試してみたい方は、以下のレシピを参考にしてください。

材料:

方法:

  1. ボウルの中で全ての材料を混ぜます。
  2. 脇の下を良くきれいにします。
  3. 湿らせた布を使って脇の下にデオドラントを塗ります。
  4. デオドラントを乾かしてください。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは様々な症状に使えます。家庭療法の人気定番材料の一つと言えるもので、多汗症にも効果を発揮します。汗をよくかく部分にそのまま塗る人が多いですが、足や脇の下など特に多く汗が出る部分に重点を置いて多めに使う人もいます。

ココナッツオイルは、比較的少量を皮膚に良くすり込むのであれば、衣服のシミにはなりません。ココナッツオイルは素敵な香りがすると感じる人が多い点がボーナスポイントです。

ココナッツオイルのデオドラント

この素晴らしいココナッツオイルのデオドラントには、発汗と悪臭に効果があるくず粉も含まれています。

材料:

作り方:

  1. 中火でココナッツオイルとシアバターを溶かします。
  2. 火からおろして、くず粉と重曹を加えます。
  3. よく混ぜます。
  4. ラベンダーオイルを加えてよく混ぜます。
  5. 容器に入れて冷ましてください。

紅茶

驚かれるかもしれませんが、紅茶は多汗症の治療に非常に役立ちます。どのお茶にもタンニン酸が含まれていますが、紅茶のタンニン酸の濃度は特に高いです。タンニン酸は収斂性があり、発汗抑制の働きもあります。収斂作用で汗腺が収縮するので、汗の量が少なります。

材料:

  • 紅茶のティーバッグ 2
  • 沸騰したお湯 カップ3(約750ml
  • 清潔な洗面用タオル

方法:

  1. 普通の紅茶の淹れ方と同様に、ティーバッグを沸騰したお湯の中に入れます。
  2. 10分~15分待ちます。待ち時間は、紅茶を淹れる時よりも長いです。
  3. タオルをお茶に入れて濡らします。
  4. タオルで問題の部分に紅茶を塗ってください。

セージ

セージでも、家庭での多汗症治療で素晴らしい効果が期待できます。一般的には、お茶にして飲んだり、錠剤になったものを服用したりします。多汗症の家庭治療に役立つセージの成分には抗菌作用や抗カビ作用があり、脇の下や足に付着する発汗をもたらす細菌の数を減らせます。また、セージの葉にはタンニン酸も含まれているので、紅茶と同様に汗腺収縮させて発汗量を抑える効果もあります。

恐らく、汗対策で一番簡単なセージの利用方法は、お茶だと思います。

材料:

  • 乾燥したセージの葉 小さじ1
  • カップ2

方法:

  1. 水を沸騰寸前になるまで沸かします。
  2. セージを小さじ12杯お湯の中に入れて7分間待ちます。
  3. 冷めたら問題の部分に塗ってください。

ウィッチヘーゼル

ウィッチヘーゼルも、多汗症に非常に良いものとして、家庭療法で利用されています。セージや紅茶と同様にタンニン酸が含まれていますが、その他の有効成分も数多くあります。非常に強力な収斂性があるので、髭剃りの後にローションとしてよく使われます。なので、顔の発汗抑制に効果が期待できますが、身体のその他の部分にも使えます。薄めたりペースト状にしたりしなくても使えます。そのまま幹部に塗るだけでよいのですが、作用が強力ですぐに皮膚が乾燥してしまう恐れがあるので、塗り過ぎにご注意ください。かゆみや痛みが起こらない限り、洗い落とす必要はありません。

アロエベラ

アロエベラのジェルは家庭の日焼け治療薬として有名ですが、多汗症にも効果があります。多汗症の治療に使われるアロエベラの形態は、液体とジェルの2種類です。アロエベラの液体のボトルが既に家にあるのなら、今すぐ使ってみてください。清潔な布に浸して患部に塗るだけです。ジェルを使いたいのであれば、液体のよりも面倒なのですが、以下の方法をお試しください。

材料:

方法:

  1. アロエベラのジェルと水を一緒に良く混ぜて、薄緑色の液を作ります。
  2. 清潔な布をこの液に浸します。
  3. 布を使って患部に液体を塗ってください。

アロエベラの液体は、洗い落とす必要はありません。

美容

簡単な自家製チョコレートトリュフのレシピ3つ

美容

滑らかで健康的な肌を作るシアバター

美容

Azelique製品を使った昼夜のスキンケア