header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

PCOSへの自然なアプローチ

11月 26 2018

エリック・マドリード医学士

この記事は、以下の点について書かれています。

一般的にPCOSとして知られている多嚢胞性卵巣症候群は、世界中の1645歳の女性の1割が影響を受けている症状です。PCOSを患う女性は通常、血液中のインスリン濃度が高くて太り過ぎなため、体内ではホルモンが著しく変化し、その結果、多毛症、にきび、生理不順を引き起こしたり、生殖能力で問題を抱える場合があります。

原因

PCOSの原因は、数多くあるように思われています。第一に、加工食品、糖質、異性化糖、コーラ、単炭水化物の多い食事が掲げられ、これらは体重増加の原因として知られています。体重が増えることでインスリン抵抗性が低下し、PCOSの原因とされるホルモンや内分泌系に変化が起きます。また前糖尿病や血糖値の上昇も、PCOSの原因とされています。

他の原因には、最大1割の女性に影響を及ぼす症状とされる甲状腺機能低下症(甲状腺機能の低下)が掲げられます。甲状腺機能が低下している女性は、多嚢胞性卵巣症候群を患う危険性が高まると提唱されています。また環境有害物質も、ホルモン異常を引き起こす原因とされる場合があります。研究では、多くのプラスチックの中に見つかる化学物質のビスフェノールABPA)が、女性のPCOS発症と繋がりがあることが見つかっています。

多嚢胞性卵巣症候群の症状

  • 超音波検査で見つかる卵巣内の大量の嚢胞
  • 顔や胸で頻繁に発生する多毛症
  • 生理不順
  • 受胎障害
  • にきび
  • 肥満
  • 脂肪肝
  • 過敏性腸症候群(IBS
  • 男性型脱毛症
  • インスリン抵抗性
  • 前糖尿病
  • 自己免疫性甲状腺疾患にかかる危険性の上昇
  • 血液検査によるテストステロンやLHFSH割合の上昇

診断

PCOSは、上述の症状の有無に基づき、医師によって臨床的に診断される場合があります。診断時に医療機関が疑わしいと判断した場合、大半の方は症状や特性をさらに確認するため、臨床検査または超音波検査を行います。

ライフスタイルの変化

ライフスタイルの変化は、ホルモンを増やしたり、代謝プロファイルを改善させることでバランスを整えたい女性に役立つ場合があります。以下は、ライフスタイルの変化の一例です。

  • 減量 - 適正体重を目指すことでホルモンバランスを改善
  • 毎日の運動 - 130分以上かつ週5回の適度な運動
  • 野菜や果物が豊富な食事
  • 食事やプロバイオティクスによる胃腸の健康の最適化
  • 適正体重を目指すため、大半の人に適したパレオダイエットケトダイエット、地中海式食事療法

薬物療法

医師は、PCOSによる影響を和らげ、この病状と診断された女性の代謝およびホルモンプロファイルを改善するため、薬を処方する場合がよくあります。以下は、最もよく処方される薬の一例です。

メトホルミン - 糖尿病の治療薬として頻繁に利用される薬で、体内のインスリン産生の効率化を図ります。多嚢胞性卵巣症候群を患う大半の女性ではインスリン抵抗性が生じるため、この薬は、女性の月経周期を正常な周期へと戻すように役立つ場合がよくあります。

クロミフェン - PCOSを患う女性の排卵や妊娠を補助する薬です。

経口避妊薬 – 生理を調整し、ホルモンのバランスを整えるためによく使用される薬です。ただし経口避妊薬は、PCOSを抑制することはほぼありません。

PCOSに効果がある天然サプリメント

大半の女性は、症状の改善や、代謝およびホルモンプロファイルを正常に戻すことがある食事やライフスタイルの変化以外にも、健康を最適化するサプリメントの服用を考慮しています。以下は、大半の女性が処方薬以外にも服用するサプリメントの一例です。

ビタミンD

世界中の約5人中4人の女性が、「サンシャインビタミン」として知られているビタミンDが不足しています。ビタミンD不足は、数多くの病気を生じさせます。

上述の通り、脂肪肝はPCOSを患う女性によく見られる症状です。2017年の研究によると、ビタミンDは、PCOSを患う肥満女性における脂肪肝マーカーの緩和に役立つことが示されています。Journal of Clinical Endocrinology and Metabolismで公開された2016年の研究では、PCOSを患う女性においてビタミンD値が30ng/ml75nmol/L)未満の方は、ビタミンDの血中濃度がより高い方と比べて、妊娠する可能性が44%低いことが示されています。

最後に、PCOSを患う女性は自己免疫性甲状腺疾患にかかる危険性が高いため、これを予防することが極めて重要です。2016年の研究では、PCOSを患う女性はビタミンDが不足すると、自己免疫性甲状腺疾患にかかる危険性が高まることが示されています。

推奨量:11,0005,000IU

クロム

クロムブドウ糖耐性因子(GTFと呼ばれる酵素を含む、数多くの酵素反応に必要とされる大切な要素です。この酵素は、インスリン機能の最適化とグルコースの制御を補助します。

Journal of Trace Elements in Medicine and Biologyで公開された2017年のメタ分析研究では、PCOSを患う女性によるクロミウムピコリネートの補給は、ボディマス指数(BMI)、空腹時インスリン値、総テストステロン濃度を低下させるなど、プラス効果があると結論付けています。インスリン値の上昇は、脂肪の蓄積や体重の増加と関連しています。

同様に、Annals of Nutrition and Metabolism で公開された2015年の二重盲検・プラセボ対照試験では、クロムサプリメントは、多嚢胞性卵巣症候群を患う女性のインスリン値を下げることが示されています。またクロムを服用した被験者は、コレステロールプロファイルが改善しました。ただし2018年の研究では、PCOSを患う女性は、クロムによる大きな改善は見られませんでした。クロムに関しては、より多くの研究が必要です。

推奨量:200mg112

N-アセチルシステイン(NAC)

NAC は、体による毒素の排出を補助する重要な栄養素です。医師はこのサプリメントを、アセトアミノフェン/パラセタモール(Tylenol)の過剰摂取に反応するよう入院患者に投与します。

Obstetrics and Gynecology Internationalで公開された2015年のメタ分析研究では、PCOSを患う女性にNACを与えたところ、偽薬を与えられた女性と比べて排卵や妊娠、そして子供を産む可能性が高まることが示されています。NACを与えられた女性では、マイナス効果は見られていません。2015年の別の研究では、PCOSを患う女性において、600mgNAC13回服用する女性と、500mgの処方薬のメトホルミンを13回服用する女性が比較されました。研究者は、NACは処方薬のメトホルミンよりも、空腹時インスリン値やコレステロールを低める可能性が高いと結論付けています。

L-カルニチン

L-カルニチンは、筋肉や脳で見つかる高濃度のアミノ酸です。またこれは、エネルギーの産生や新陳代謝で大切な役割を果たします。2015年には、PCOSを患い、肥満とされる60名の女性を対象とした二重盲検・ランダム化プラセボ対照試験が行われました。このうち半分の女性には250mgL-カルニチンが投与され、残りの半分の女性には偽薬が投与されました。これを両グループ共に12週間続けたところ、L-カルニチンを投与された女性は、研究期間の終わりには体重や胴囲の減少や、血糖値の低下が見られました。

European Journal of Obstetrics and Gynecology and Reproductive Biologyで公開された2014年の研究では、PCOSを患う女性はクロミフェンへの抵抗が強く(つまり、この処方薬は妊娠の補助にはなりません)、日々の投薬プランに3,000mgL-カルニチンを足したところ、妊娠する可能性が高まることが実証されています。これは目標とする健康づくりにおいて、栄養サプリメントと処方薬を同時に活用できることを示す素晴らしい用例です。

推奨量:1250mg3,000mg

コエンザイムQ10

この人気の高いサプリメントは、エネルギー代謝で重要な役割を果たします。Clinical Endocrinologyで公開された2017年の二重盲検・プラセボ対照試験では、PCOSを患う女性において、100mgコエンザイムQ10と偽薬の使用を査定しました。被験者は最初に血液検査を行い、サプリメントまたは偽薬を12週間とり続け、最後にまた血液検査を行いました。その結果、コエンザイムQ10をとり続けた女性は、通常はPCOSを患う女性では高いとされる血糖値やインスリン値の低下が示されています。また2015年の研究でも、クロミフェンへの抵抗が強い患者がコエンザイムQ10を服用したところ、排卵・妊娠する可能性が高まることが示されています。

推奨量:1100mg300mg

オメガ3脂肪酸

オメガ3必須脂肪酸は、主にエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHAで構成されています。これらの重要な栄養素は、魚(なかでも豊富なものはサバ、タラ、サーモン)、クルミチアシードフラックスシードヘンプシード、アボカド、納豆など、様々な食物源に見つかります。

脂肪肝はPCOSを患う女性によく見られる症状です。2009年の研究では、PCOSを患い脂肪肝が見られる女性がオメガ3脂肪酸をとると、肝臓内の脂肪量が低下する場合があることが示されています。また研究者は、血圧とトリグリセリドで改善が見られたことも指摘しています。2011年の研究では、PCOSを患う女性がオメガ3脂肪酸の服用量を増やすと、バイオアベイラブルテストステロンの低下を補助する場合があることが示されています。これらは通常、PCOSを患う方で増加する物質です。また2018年の研究では、PCOSを患う女性においてフラックスシードは、インスリン抵抗性やインスリン値を下げる場合があることが示されています。

推奨量:1,000mg2,000mg112

セレン

セレンは微量元素、つまり人間がわずかな量のみ必要とする物質です。トルコで行われた、女性を対象とした2013年の研究によると、PCOSを患う女性は、この症状のない女性に比べて血中のセレン値が低いことが示されています。ミネラルの欠乏は、PCOSの発症原因やホルモン値を制御すると考えられています。また研究者は、より低いセレン値は、PCOSではよく異常とされる黄体形成ホルモン(LH)やテストステロンの上昇と関係があることも見つけています。

2014年の二重盲検・プラセボ対照試験では、セレンはPCOSを患う女性に役立つ場合があることが示されています。具体的には、セレンはインスリン値、およびトリグリセリドやLDL(悪玉コレステロール)を低下させるなど、コレステロールプロファイルを改善させる場合があります。

推奨量:1200mcg(個別のサプリメントとして、または大半のマルチビタミンサプリメントに見つかります)

概要:

多嚢胞性卵巣症候群またはPCOSは、出産適齢期の女性によく見られる症状です。PCOSは、ホルモン異常や生理不順を引き起こすことで、女性の妊娠や出産を難しくする場合があります。食事やライフスタイルの変化は、PCOS症状の抑制で重要な役割を果たしますが、それでも十分でない場合は、最適な結果を得るため処方薬や特定のサプリメントを利用したり、これらを組み合わせてみてください。

参考文献:

  1. Eleni Kandaraki, Antonis Chatzigeorgiou, et. al Endocrine Disruptors and Polycystic Ovary Syndrome (PCOS): Elevated Serum Levels of Bisphenol A in Women with PCOS, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 96, Issue 3, 1 March 2011, Pages E480–E484,
  2. Endocrine Abstracts (2017) 50 P323 | DOI: 10.1530/endoabs.50.P323
  3. Lubna Pal, Heping Zhang, Joanne Williams, Nanette F. Santoro, et. al.  Vitamin D Status Relates to Reproductive Outcome in Women With Polycystic Ovary Syndrome: Secondary Analysis of a Multicenter Randomized Controlled Trial, The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 101, Issue 8, 1 August 2016, Pages 3027–3035, https://doi.org/10.1210/jc.2015-4352
  4. Siavash Fazelian, Mohamad H. Rouhani, Sahar Saraf Bank, Reza Amani, Chromium supplementation and polycystic ovary syndrome: A systematic review and meta-analysis, Journal of Trace Elements in Medicine and Biology, Volume 42, 2017, Pages 92-96, ISSN 0946-672X, https://doi.org/10.1016/j.jtemb.2017.04.008.
  5. Jamilian M, Asemi Z, Chromium Supplementation and the Effects on Metabolic Status in Women with Polycystic Ovary Syndrome: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Ann Nutr Metab 2015;67:42-48
  6. Site Accessed September 5th, 2018  https://obgyn.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/jog.13462
  7. Divyesh Thakker, Amit Raval, Isha Patel, and Rama Walia, “N-Acetylcysteine for Polycystic Ovary Syndrome: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Clinical Trials,” Obstetrics and Gynecology International, vol. 2015, Article ID 817849, 13 pages, 2015. https://doi.org/10.1155/2015/817849.
  8. Forough Javanmanesh, Maryam Kashanian, Maryam Rahimi & Narges Sheikhansari (2016) A comparison between the effects of metformin and N-acetyl cysteine (NAC) on some metabolic and endocrine characteristics of women with polycystic ovary syndrome, Gynecological Endocrinology, 32:4, 285-289, DOI: 10.3109/09513590.2015.1115974
  9. Samimi, M. , Jamilian, M. , Ebrahimi, F. A., Rahimi, M. , Tajbakhsh, B. and Asemi, Z. (2016), Oral carnitine supplementation reduces body weight and insulin resistance in women with polycystic ovary syndrome: a randomized, double‐blind, placebo‐controlled trial. Clin Endocrinol, 84: 851-857. doi:10.1111/cen.13003
  10. Alaa M. Ismail, Ali Hassan Hamed, Srdjan Saso, Hossam H. Thabet,  Adding l-carnitine to clomiphene resistant PCOS women improves the quality of ovulation and the pregnancy rate. A randomized clinical trial, European Journal of Obstetrics & Gynecology and Reproductive Biology, Volume 180, 2014, Pages 148-152, https://doi.org/10.1016/j.ejogrb.2014.06.008.
  11. Samimi, M. , Zarezade Mehrizi, M. , Foroozanfard, F. (2017), The effects of coenzyme Q10 supplementation on glucose metabolism and lipid profiles in women with polycystic ovary syndrome: a randomized, double‐blind, placebo‐controlled trial. Clin Endocrinol, 86: 560-566. doi:10.1111/cen.13288
  12. Abdelaziz El Refaeey, Amal Selem, Ahmed Badawy, Combined coenzyme Q10 and clomiphene citrate for ovulation induction in clomiphene-citrate-resistant polycystic ovary syndrome, Reproductive BioMedicine Online, Volume 29, Issue 1, 2014, Pages 119-124, ISSN 1472-6483, https://doi.org/10.1016/j.rbmo.2014.03.011.
  13. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism, Volume 94, Issue 10, 1 October 2009, Pages 3842–3848, https://doi.org/10.1210/jc.2009-
  14. Niamh Phelan, Annalouise O’Connor. Hormonal and metabolic effects of polyunsaturated fatty acids in young women with polycystic ovary syndrome: results from a cross-sectional analysis and a randomized, placebo-controlled, crossover trial–, The American Journal of Clinical Nutrition, Volume 93, Issue 3, 1 March 2011, Pages 652 662,  https://doi.org/10.3945/ajcn.110.005538
  15. Exp Clin Endocrinol Diabetes 2018; 126(04): 222-228
  16. Jamilian, M. , Razavi, M. , Fakhrie Kashan, Z. , Ghandi, Y. , Bagherian, T. and Asemi, Z. (2015), Metabolic response to selenium supplementation in women with polycystic ovary syndrome: a randomized, double‐blind, placebo‐controlled trial. Clin Endocrinol, 82: 885-891. doi:10.1111/cen.12699
症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法

症状

高血圧でも旅行する方法

症状

男性のテストステロン濃度を改善する自然なアプローチ