header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

男性のテストステロン濃度を改善する自然なアプローチ

12月 17 2018

エリック・マドリード医学博士

健康状態が最適とは言えない男性の多くは、パートナーとの肉体関係に問題があることがよくあります。この原因の可能性はたくさんありますが、最も一般的な原因は、ほとんどの慢性疾患が性機能とホルモン濃度に悪影響を及ぼす可能性があるということです。糖尿病、肥満、高血圧、高コレステロール、心臓病を持つ人々は一般にテストステロンが低いので、勃起障害またはED(勃起不全)としてよく知られる症状に苦しんでいることが多いのです。いくつかの研究では、勃起不全(ED)は心臓病の初期徴候であり、心臓症状が出るかなり前に発症する可能性があることが示されています。

慢性的な症状の治療に医師が処方する一般的な薬剤は、勃起不全の懸念の原因になることがあります。これらの薬には以下が含まれます。

  • コレステロールの薬剤 - アトルバスタチン、シンバスタチン、ロバスタチンなど
  • 血圧の薬剤 - カルベジロール、アテノロール、リシノプリル、ベナゼプリルなど
  • 糖尿病の薬剤 - グリピジド、ピオグリタゾンなど
  • 前立腺の薬剤 - フィナステリド、デュタステリド、タムスロシン、テラゾシン
  • 抗うつ薬 - フルオキセチン、デュロキセチン、パロキセチンなど

生活の変化

あまり体を動かさない生活を送っている人は、糖尿病や心臓病だけでなく勃起不全を発症するリスクが高くなります。日常的な運動と中等度の身体活動は血管の健康にとって重要であり、心臓や脳だけでなく体の他の重要な部分への血流を改善する役に立ちます。

太りすぎや肥満の人にとって、減量は勃起不全の症状の改善を促す重要なステップとなります。2003年の研究によると、体格指数(BMI)が28.7以上の太りすぎの男性は、正常体重の定義であるBMIが25未満の男性と比較して、勃起不全である可能性が30%高かったことが示されています。その後『ジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション』に掲載された2004年の研究では、「勃起不全の肥満男性の約3分の1において生活習慣の変化は性機能の改善と関連している」との結論が出されました。最適な体重に達することは、性的な健康状態を全体的に改善したい人にとっては第一の目標であるべきです。この目標を達成するために、多くの人がパレオダイエットベジタリアンダイエットまたはケトダイエットを選んでいます。

多くの男性が勃起不全に苦しむ主な理由の一つは、テストステロン濃度が低いことです。研究によると、過去数十年にわたって世界中の男性のテストステロン濃度が低下していることが示されています。これが起こっている理由は数多くありますが、多くの人は内分泌撹乱物質として作用し、テストステロンの産生を低下させることがあるプラスチックや他の化学物質が使用され始めたことが原因であるとしています。さらに、肥満も男性のテストステロン濃度の低下に寄与します。これは、主に脂肪組織が男性のテストステロンをエストロゲンに変換するためです。

体脂肪を減らして食事から毒素を排除することは、男性のテストステロン濃度を上げるために取ることができる重要なステップとなります。しかし、これでは十分ではない時もあるのです。このような理由から、多くの人は性欲やテストステロン濃度を上げるための薬剤やサプリメントを求めています。これらが最適な方法である時もあります。

薬剤

医師は、テストステロン濃度が低い男性に男性ホルモン補充療法を処方することがよくあります。しかし、低テストステロンの根本原因にはあまり対処していません。根本的な原因に対処することができる場合がある食生活や生活習慣の変化を勧める医師はあまりいないのです。 その代わりに医薬品に頼っています。

テストステロンが低いときは補充療法がよく勧められます。この薬剤には、テストステロン注射、テストステロンクリーム、埋込型テストステロンペレットを含む多くの形があります。初めは助けになるかもしれませんが、根本的な原因が解消されなければそのメリットは長続きしません。

また、勃起不全を治療するために製薬会社によって特別に開発された薬剤もあります。これらには、シルデナフィル(バイアグラ)、タダラフィル(シアリス)、バルデナフィル(レビトラ)が含まれます。繰り返しますが、これらの薬剤は多くの人にとって有益なことがあり、私もよく処方していました。しかし、問題の根本原因を究明し、健康と体のバランスを取り戻そうとすることが、患者と医師共々の主な目標であるべきなのです。

薬剤の副作用とコストの懸念から、多くの人は以下に示されるような、より自然な治療法を探しているのです。

性欲の強化とテストステロン濃度の改善に使用される10のサプリメント

L-アルギニン

L-アルギニンは体内の血液循環に不可欠なアミノ酸であり、酸化窒素の前駆体です。また、L-アルギニンは健康な血流を促進する分子でもあります。2014年の研究では、このアミノ酸は狭心症、血管疾患、勃起不全に有用であることが実証されました。

1999年の二重盲検プラセボ対照試験では、L-アルギニンを1日5,000mgまで服用すると、プラセボを服用した男性と比較して勃起不全の症状を改善する役に立ったことが示されました。しかし、1999年の『Urologia Internationalis』に掲載されたもう一つの研究によると、1日1,500mgでは効果がありませんでした。

2015年の研究では、L-アルギニンをピクノジェノール(以下参照)で補充しながら服用すると、勃起機能と精子の質を共に改善する役に立つことが示されました。『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル』に掲載された2015年の別の研究では、ピクノジェノールL-アルギニン を併用した時にも同様の結果が示されました。

推奨用量:最適な効果にはL-アルギニンを1日4,000〜5,000mg。

L-シトルリン

L-シトルリンは健康な血管をサポートするアミノ酸です。2017年の研究では、勃起不全の男性の血中にはこのアミノ酸とL-アルギニンの濃度が低かったことが示されています。2015年の研究では、L-シトルリンL-アルギニンピクノジェノールを併用した栄養補給療法は、勃起不全患者に役立つ場合があることが示されました。

推奨用量:ラベルに記載されている通り

アシュワガンダ(ウィタニア・ソムニフェラ

アシュワガンダは、慢性的な疲労と性欲の懸念に対処する可能性があるアダプトジェニック・ハーブです。アジア、特にインドや中国の地方で自生するアシュワガンダは、アーユルヴェーダ医学において一般的であり、何千年も前から使用されてきました。

2015年の研究では、57人の男性にプラセボまたはアシュワガンダを8週間投与し、試験前と試験後にテストステロン濃度が測定されました。また、被験者の男性は同じ期間にウエイトトレーニングも受けました。結果では、ハーブを服用した人はプラセボを服用した人に比べてテストステロン濃度が上昇していることが示されました。

推奨用量:アシュワガンダ - 500mgを1日1回または2回

マカ

マカの根(Lepidium meyenii)は、南アメリカのアンデス山脈で栽培されるアダプトジェニック・ハーブで、海抜4000~5000mで自生します。インカ人が伝統的に使用していたマカは数多くの薬効で知られており、主に性欲と繁殖力を改善するために使用されていました。多くの人は媚薬として考慮していました。

男性の研究では、マカの根が精子の数と精子の運動性を高めることができることが示されています。『Andrologia』に掲載された2002年の二重盲検プラセボ対照研究では、マカの根を摂取した男性はプラセボを服用した人と比べて性的欲求が改善しました。同誌に掲載された2009年の研究では、軽い勃起不全の男性の性機能の改善が示されました。

推奨用量:推奨用量:ラベルに記載されている通り

パナックス人参(高麗人参/中国人参)

パナックス人参は、非常に多くの病状に対して摂取されています。この植物の原産地である韓国では、2000年以上にわたって使用されてきました。また、中国やシベリアの地域でも栽培されているパナックス人参は独特のものであり、アメリカ人参やシベリア人参など他の人参と混同してはなりません。パナックス人参は、朝鮮人参、中国人参、またはアジア人参とも呼ばれます。

高麗人参の有効性を示す科学的研究は1990年代に始まりました。高麗人参は勃起不全に役立つ可能性があることが1995年の研究で示されました。2007年の研究でも朝鮮人参は勃起不全に効果的な方法であるかもしれないことが示されましたが、2008年の研究では、高麗人参は勃起不全の治療に効果的であるようだが、より高度な研究が必要であるとコメントされました。

推奨用量:推奨用量:ラベルに記載されている通り熱いお茶としても飲むことができます。

ピクノジェノール (松樹皮エキス)

強力な抗酸化成分である松樹皮エキスは、北米とアジアの先住民が元来薬草として使用していたものでした。カナダをフランス領と宣言したフランス人探検家ジャック・カルティエは、探検中の1535年にビタミンC摂取不足による壊血病の治療法として松果樹皮エキスを使用したと報告されています。

1987年に栄養補助食品として米国に初めて紹介された松樹皮エキスの健康と老化防止効果におけるメリットは、今日では総合医療専門家によっても認識されています。市販されている製品には数種類の配合があり、カプセル剤として摂取したり、エッセンシャルオイルとして使用したり、ローションに混ぜて局所的に塗布することもできます。

松樹皮エキス(アジア産のバビショウ)は、フランス海岸松樹皮エキスまたはPycnogenol® (ヨーロッパ産のPinus pinaster ssp. Atlantica)の中で最も一般的な配合の一つであり、この強力な栄養素の特許取得済のブレンドです。

2015年の研究では、松樹皮エキス(ピクノジェノール)をL-アルギニンのサプリメントと併用すると、勃起機能と精子の質が改善することが示されました。別件の2015年の研究によると、ピクノジェノールをL-アルギニンおよびL-シトルリンと併用した際にも勃起不全の問題を解決する役に立つことが示されました。

推奨用量:推奨用量:ラベルに記載されている通り

トンカット・アリ(Eurycoma longifoli)

マレーシア人参としても知られるトンカット・アリは東南アジアが原産地です。2013年の研究では、1日200mgのトンカット・アリを摂取するとストレスホルモンであるコルチゾールが低下し、テストステロン濃度が37%上昇したことが示されました。  

『Andrologia』に掲載された別件の2012年の研究では、1日200mgを摂取すると、テストステロン濃度が低かった男性のテストステロン濃度が上昇する可能性があることが示されました。『Chinese Journal of Natural Medicines』に掲載された2017年の研究では、男性の性欲改善だけでなく精子の質と数の改善に役立つ可能性があることも示されました。

推奨用量:1日200mg

トリブラス

トリブラスはアジアとヨーロッパが原産地のハーブ植物です。このハーブは、男性の性欲と健康的な勃起を促すために何千年もの間 アーユルヴェーダ医学と中国伝統医学(TCM)の両方で使用されてきました。『The Journal of Sexual Medicine』に掲載された2012年の研究では、トリブラスは勃起不全の人に有益である可能性があることが示されました。何件かの研究では、このハーブがテストステロン濃度を上昇させるかもしれないことが示唆されましたが、他の研究では、トリブラスは亜酸化窒素(NO)の放出を増加させることによって作用することが示唆されています。

推奨用量:ラベルの推奨通り。

性欲のための副次的なサプリメント

ホーニーゴートウィード

ホーニーゴートウィードは、勃起不全の治療薬として中国伝統医学で使用されています。現代的な科学的手法を用いてその有効性を示す優れた研究はほとんどありませんが、中国伝統医学では「腎臓の陽の気の流れを整える」と言われています。これを使用する人の多くがその有効性を報告しています。

フェヌグリーク

フェヌグリークはインドが原産地のハーブです。アーユルヴェーダ医学では、消化器の問題や性欲をサポートするために使われています。2011年の研究では、フェヌグリークは性欲を改善し、健康なテストステロン濃度の維持に役立つとの結論が出されました。しかし、男性アスリートを対象にした2009年の研究では、フェヌグリークはテストステロン濃度に何のメリットもないとの結論が出されました。これを使用する人の多くがその効果を報告していますが、他の人は改善に気づきませんでした。

参考文献:

  1. Bacon CG, Mittleman MA, Kawachi I.  et al. Sexual function in men older than 50 years of age: results from the Health Professionals Follow-up Study. Ann Intern Med.2003;139:161-168.
  2. Acta Biomed.2014 Dec 17;85(3):222-8.
  3. Accessed August 26th, 2018 https://www.trytestofactorx.com/studies/L-Arginine-Study2.pdf
  4. Accessed August 26th, 2018 https://www.karger.com/Article/Abstract/30454#
  5. Arch Ital Urol Androl.2015 Sep 30;87(3):190-3. doi:10.4081/aiua.2015.3.190.
  6. Andrology.2017 Mar;5(2):256-261. doi:10.1111/andr.12293.Epub 2017 Feb 8.
  7. Minerva Urol Nefrol.2015 Mar;67(1):27-32.
  8. Gonzales G. F., Cordova A., Gonzales C., Chung A., Vega K., Villena A. Lepidium meyenii (Maca) improved semen parameters in adult men.Asian Journal of Andrology.2001;3(4):301–303.
  9. Gonzales G. F., Córdova A., Vega K., et al.Effect of Lepidium meyenii (MACA) on sexual desire and its absent relationship with serum testosterone levels in adult healthy men.Andrologia.2002;34(6):367–372.
  10. Zenico T., Cicero A. F.G., Valmorri L., Mercuriali M., Bercovich E. Subjective effects of Lepidium meyenii (Maca) extract on well-being and sexual performances in patients with mild erectile dysfunction: a randomized, double-blind clinical trial.Andrologia.2009;41(2):95–99.
  11. Accessed August 26th, 2018 https://europepmc.org/abstract/med/8750052
  12. Accessed August 26th, 2018 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1745-7262.2007.00210.x
  13. Accessed August 26th, 2018 https://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1365-2125.2008.03236.x
  14. Arch Ital Urol Androl.2015 Sep 30;87(3):190-3. doi:10.4081/aiua.2015.3.190.
  15. Minerva Urol Nefrol.2015 Mar;67(1):27-32.
  16. Andrologia.2012 May;44 Suppl 1:226-30. doi:10.1111/j.1439-0272.2011.01168.x.Epub 2011 Jun 15.
  17. Hnin Ei Thu, Isa Naina Mohamed, Zahid Hussain, Putri Ayu Jayusman, Ahmad Nazrun Shuid, Eurycoma Longifolia as a potential adoptogen of male sexual health: a systematic review on clinical studies, Chinese Journal of Natural Medicines, Volume 15, Issue 1
  18. Sung Chul Kam, Jung Mo Do, Jae Hwi Choi, Byeong Tak Jeon, Gu Seob Roh and Jae Seog Hyun, In Vivo and in Vitro Animal Investigation of the Effect of a Mixture of Herbal Extracts from Tribulus terrestris and Cornus officinalis on Penile Erection, The Journal of Sexual Medicine, 9, 10, (2544-2551), (2012).
  19. Journal of  Dietary Suppl.2014 Mar;11(1):64-79. doi:10.3109/19390211.2014.887602.
  20. Phytother Res.2011 Sep;25(9):1294-300. doi:10.1002/ptr.3360.Epub 2011 Feb 10.
  21. Bushey, Brandon, et al.“Fenugreek Extract Supplementation Has No effect on the Hormonal Profile of Resistance-Trained Males.” International Journal of Exercise Science:Conference Proceedings.Vol. 2.No. 1. 2009.
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症