header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

副腎疲労への自然的なアプローチ

10月 9 2017

これまでに強い疲労感を感じ、その後不意に活力がみなぎる経験をしたことがありますか?不意に活力がみなぎるその大半の理由は、それぞれの腎臓の上に横たわる分泌腺で、一対の副腎からのアドレナリンやコルチゾールの放出が原因とされています。不意に恐怖心を感じたことのある方であれば、体内でアドレナリンが湧き出る感覚を体験したことがあると思います。アドレナリンは、危険から回避するため、体の活力がより一層高まるように作用します。

アドレナリンの基本的な制御メカニズムは、日々の生活で感じるストレスを和らげることです。ただし極めて強いストレスや普段には感じられないストレスを感じたり、ストレスが長続きする場合は、逆にこの制御メカニズムが大きな害を及ぼす場合があります。ストレスとは、副腎が制御して規制する数多くの生物学的変化によって引き起こされます。

ホルモンが十分放出されない、または過剰に放出される副腎の異常反応は、ストレスに対する反応を大幅に変化させます。そのような変化に常に対応する両方の副腎は、“疲れ果てた”状態となります。副腎疲労は、長引くストレスや副腎皮質ホルモンの投与(例:プレドニゾンの投与)の副作用としてよく見かけられる病態です。(重度の)副腎疲労を患うと、慢性疲労や“ストレス”を感じたりする場合があります。また通常、アレルギーや感染に対する抵抗力が低下します。

副腎をサポート

副腎をサポートする最良の方法の一つとして、ストレスに効率よく対処することがあります。ストレスに対処するには、これを和らげる方法を活用します。その一例として運動や、瞑想療法、祈り療法、バイオフィードバック療法、自己催眠療法などのリラクゼーション療法は、ストレス管理プログラムの重要な要素です。運動は肉体的にストレスをもたらすこともありますが、日常生活の一部に闘争・逃走反応をもたらす有益な方法です。ストレスにおいて日常的な運動は、ストレスに対処する能力を高め、ストレスによって引き起こされる病気の危険性を低めます。

リラクゼーション療法はストレスとは逆の反応、すなわちくつろぎ感をもたらすことで、ストレスによって生じる結果とは反対の結果が得られるようにします。睡眠、テレビ鑑賞、読書などでもくつろぎ感は得られますが、リラクゼーション療法は、“弛緩反応”が得られる特別な仕組みになっています。

弛緩反応では、ストレスとは反対の生理的効果が得られます。これは身体を修復し、維持し、回復させるようにします。

弛緩反応を得るには様々な方法(例:瞑想療法、祈り療法、漸進的筋弛緩法、自己催眠療法、バイオフィードバック療法)があります。一番適した方法は人によって異なります。最も大切な点としてリラクゼーション療法は、1日に最低5~10分行う必要があります。またこのように行うことで、ゆっくりとした効果の高い呼吸法を思い出させてくれます。

腎臓を栄養補給

腎臓が正常に機能するため栄養学的に最も効果の高い方法は、低血糖の食べ物をとることです。特にショ糖や異性化糖、ペイストリー、ドーナッツ、糖分が豊富に含まれている飲み物(清涼飲料水、スポーツドリンク、大半のコーヒー類)やその他の飲み物など、精糖を避けるようにします。これらの食べ物・飲み物に含まれている糖分は、血流に素早く吸収されることで血糖を上昇させ、血糖コントロールに大きな負荷を与えます。またでんぷん、パスタ、パン、その他の炭水化物を少量に控えることも大切です。

血糖の変動は腎臓の機能に大きな負荷を与え、これはよくコルチゾールの過剰な増加を引き起こします。コルチゾール値の増加はストレス感の増加だけでなく 食欲調節機能の低下、糖分の渇望、体重の増加と関連しています。またこれは免疫システムの弱体化、うつ病、筋肉量の低下、骨粗しょう症、脳萎縮とも関連しています。

食べ物に関するその他の方法としてはカリウムが豊富な食べ物をとる一方で、ナトリウムが豊富な食べ物を避けるようにします。大半のアメリカ人は、カリウムに対するナトリウム比が1:2よりも低いものになっています。つまりこれは、大半の人々がカリウムよりも2倍多くのナトリウムをとっていることを意味します。研究者は、健康を維持するにはナトリウムよりも5倍以上のカリウム(ナトリウム比が1に対しカリウム比が5以上)となるようにすすめています。この比率は通常の平均摂取量よりも10倍高い数値ではありますが、それでも最適とは言えません。大半の果物・野菜はカリウム比とナトリウム比が少なくとも100:1であるため、このように天然物が豊富な食事をとることでカリウム比とナトリウム比を50:1以上にすることができます。以下は、よく知られている新鮮な果物・野菜のカリウム比に対するナトリウム比の一例です。

  • ニンジン 75:1
  • ジャガイモ 110:1
  • リンゴ 90:1
  • バナナ 440:1
  • オレンジ 260:1. 

副腎を栄養補給するには1日に最低3~5gのカリウムをとるようにし、ナトリウムの1日の摂取量を1,500mg以下に抑えるようにします。 

強力なマルチビタミン・ミネラルフォーミュラを摂取

すべての必須栄養素は、腎臓の正常な機能を支えるための大切な栄養素です。特にビタミンCビタミンB6亜鉛マグネシウム、パントテン酸は、副腎によるホルモンの生成に必要とされる栄養素です。これらすべての栄養素を強力なマルチビタミン・ミネラルフォーミュラとして1日の推奨摂取量以上とることは、ストレスが高い時への取り組みや、副腎のサポートが必要な方に適している場合があります。

中でも、腎臓が正常に機能するために大切な栄養素はパントテン酸です。これが不足すると、疲れ、頭痛、睡眠障害、吐き気、腹部の不快感などの症状が特徴の副腎萎縮を引き起こします。パントテン酸は、全粒穀物、豆類、カリフラワー、ブロッコリー、サケ、レバー、サツマイモ、トマトに見つかります。これらの食べ物に加えて、1日に最低100mgのパントテン酸をとるようにします。

魚油サプリが精神的ストレスによる影響を低下

EPAやDHAが濃縮された魚油は、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、境界性パーソナリティ障害、注意欠陥・多動性障害(ADHD)などのストレスに関わる様々な種類の精神疾患を患う患者に対し、プラス効果をもたらすことが示されています。

これらの精神疾患における臨床試験で得られたポジティブな結果は、EPAやDHAがストレス反応を鈍らせるかもしれない効果があることを示しています。

ミシガン工科大学では、高血圧を患わない67人の被験者を精神的ストレスが生じる実験環境に5分間おき、血圧、心拍数、筋交感神経活動、ふくらはぎの血流を測定する綿密な二重盲検試験が行われました。この研究では、魚油または偽のサプリメントが渡され、実験の開始前と8週間後の数値が分析されました。魚油サプリには1.6gのEPAと1.1gのDHAの、両方を合わせて2.7gが含まれています。

その結果、魚油は精神的ストレスで高まった心拍数と筋交感神経活動を低下させることが示されました。これらの結果から、魚油は心臓血管系における交感神経系の効果を低下させ、精神疾患・心疾患にもたらす有益な効果はこの中枢効果によることが示されています。

もし精神的ストレスを感じる環境に日々接している方であれば、脳や心臓の健康を維持し、ストレスにうまく対処するのであれば、EPAとDHAを合計でおよそ3,000mgとることは覚えておくべき大切な点です。

腎臓をサポートするハーブ類

様々な植物薬が腎臓の機能をサポートします。中でもオタネニンジン(高麗人参)シベリアニンジン(エゾウコギ)イワベンケイ(ロディオラ・ロゼア)アシュワガンダ(セキトメホオズキ)はよく知られている植物薬です。これらすべての植物は腎臓の機能にメリットをもたらし、ストレスへの抵抗力を高めます。またストレスに適応(対処)することをお手伝いするため、よく“適応促進薬”として知られています。これらの植物は、昔から以下の用途に使われています。

  • 衰弱化・貧弱化した方の活力を回復
  • エネルギー感を増加
  • 精神能力・身体能力を改善
  • ストレスによるマイナス効果を抑制し、ストレスに対する体の反応を強化

これらのハーブは各々として服用、または組み合わせて服用できます。

朝鮮人参

シベリアニンジンオタネニンジンは共に、肉体的にも精神的にも様々なストレス因子に取り組む能力を高めます。この抗ストレス作用は、副腎を制御するメカニズムによって調整されていると思われます。朝鮮人参は発病を遅らせて、体のストレスに対する短期的反応・長期的反応といった“警告反応期”のストレス度を緩和させます(汎適応症候群)。

いずれかの朝鮮人参をとっている方は、一般的に満足感が増えたと報告されています。臨床試験でシベリアニンジンとオタネニンジンは、共にストレスや不安を大幅に軽減することが確認されています。その一例として某二重盲検試験では、日勤から夜勤にシフト変更された看護師が適性、ムード、一般的な健康状態を評価、および精神・身体能力検査、血球数の測定、血液化学検査を行いました。その結果、オタネニンジンが与えられたグループは、偽薬を与えられたグループよりも適性、ムード、精神・身体能力検査で高いスコアを獲得しました。朝鮮人参が与えられた看護師は、これを与えられなかった看護師よりも落ち着きがあり、注意力が高まり、より高いスコアを獲得しています。

朝鮮人参は、これらのような人間を対象とした実験以外にも、動物実験ではとても大きな抗不安効果が示されています。数多くの研究で、ストレスを緩和させる効果はジアゼパム(バリウム)がもたらす効果と比較されることもありますが、ジアゼパムには行動変化、鎮静作用、運動機能を低下されるなどの副作用がある一方で、朝鮮人参にはこれらのマイナス効果が見られませんでした。

臨床試験や動物実験の結果に基づき朝鮮人参は、ストレスや不安で苦しむ人々に大きなメリットをもたらすものと思われます。一般的にオタネニンジンはシベリアニンジンよりも強い効果を発揮すると言われており、大きなストレスを抱えてきた人、長期にわたる病気から回復しようとする人、または長い間プレドニゾンなどのコルチコステロイドを摂り続けてきた人により高い効果を発揮するものと思われます。軽度から中度のストレスを感じる方や副腎機能の低下が軽い方には、エゾウコギの方が適しています。摂取量は以下の通りです。

オタネニンジンまたは朝鮮人参(高麗人参)

  • 熟していない上質の朝鮮人参の根:5~2gを1日1~3回
  • 液体エキス(最低5mg/mLのジンセノサイドRg1とジンセノサイドRb1のHPLCが0.5以上を含む):2~4ml(小さじ½~1)を1日1~3回
  • 乾燥粉末エキス(ジンセノサイドRg1とジンセノサイドRb1の比率が2:1で5%のジンセイノサイドが含まれるように標準化):250~500mgを1日1~3回

シベリアニンジン(エゾウコギ)

  • 乾燥根:2~4gを1日1~3回
  • 液体エキス(比率が1:1):2~4ml(小さじ½~1)を1日1~3回
  • 固体(乾燥粉末)エキス(比率が20:1または1%以上のエレウテロサイドEが含まれるように標準化):100~200mgを1日1~3回

イワベンケイ(ロディオラ・ロゼア)

ストレス管理をサポートするその他の有益な植物薬に、東欧やアジアの医学では有名な植物薬で、昔から疲労に打ち勝ち活力を回復するためにすすめられているロディオラ・ロゼア (イワベンケイ)があります。近代の研究では、この植物がもたらす効果と強壮効果が確認されています。その一方でイワベンケイがもたらす強壮効果は、主に視床下部-下垂体-副腎系に作用を施すオタネニンジンやシベリアニンジンとは異なります。イワベンケイは、神経伝達物質やエンドルフィンに作用を施すことで強壮効果をもたらすと思われています。極度なストレスを抱えている状況では、より多くのくつろぎ感や抗不安効果をもたらすため、適応促進薬よりも効果があると思われています。極度なストレスをもたらす急性期有害事象が生じる前に、たった1錠のイワベンケイエキスを服用するだけでも、機能やパフォーマンスを崩壊するストレスの誘発を抑制したり、朝鮮人参のように長期的な使用でもポジティブな結果が示されています。ストレスによる疲労を患う、60人の被験者がランダムに割り当てられた某プラセボ対照試験でイワベンケイには、精神能力、特に集中力を高める抗疲労効果や、ストレスに対するコルチゾール反応を低下させることが見つかっています。

標準化されたイワベンケイエキスを使用した臨床試験の結果に基づき、服用量はロディオラ・ロゼアの含有量によって異なります。3.6~7.2mgのロディオラ・ロゼアをとるのであれば、1%に標準化されたロディオラ・ロゼアエキスを1日に360~600mg、2%のロディオラ・ロゼアエキスであれば180~300mg、3.6%のロディオラ・ロゼアエキスであれば100~200mgをとるようにします。

アシュワガンダ(セキトメホオズキ)

アシュワガンダ(セキトメホオズキ)は、ストレスに対処する臨床研究で素晴らしい成果が示されています。これは体の自然な生物学的システムに作用を施すことで、体のバランスの回復や機能の正常化をお手伝いします。また体のストレスへの抵抗力を高め、ストレスのたまる出来事に対する生理反応を低下させるようにお手伝いします。アシュワガンダは、健康を維持するために以下の事例などの様々なメリットをもたらします。

  • ストレスによるマイナス効果に反作用
  • 疲労に対する抵抗力を増加
  • 精神的な明晰さや集中力を促進
  • 過食を引き起こす可能性があるストレス反応を抑制することで、健康的な体重を維持するようにサポート
  • ストレスや緊張感に対する抵抗力を向上
  • フリーラジカルによる細胞への損傷を防止することで、老化がもたらす効果を抑制

これまでには2種類のアシュワガンダエキス(KSM-66とSensoril)で、科学的に大きな裏付けがとれています。これら上質のエキスをとる際は、服用量の指示に従うようにします。

カフェインに対する注意

カフェインが身体活動・精神活動を向上させる刺激物であることは言うまでもありませんが、このように向上させる状況は、睡眠の質が低かったり、副腎への過剰な刺激が与えられた際に生じます。大半のアメリカ人が明らかにカフェインのとり過ぎであることとは対照的に、世界中には1日中高い活力レベルを保つ、適度のカフェイン量が含まれる伝統的な飲み物を安全、かつとてもうまい方法で活用する文化があります。その飲み物の一例には、コーヒー、緑茶、ガラナ茶、コーラナッツで作られた飲み物、ココアがあります。

自然なままのカフェインならびにその植物性化合物は、不安や緊張など、カフェインがもたらすマイナス効果を低める傾向があります。その一例として、カフェインが含まれる以外にも緑茶には、カフェインが脳に与えて緊張感や睡眠の妨げを引き起こしかねない効果に反作用する、化合物のL-テアニンが含まれています。

大量のカフェイン(例:1日30~50mg以上)をすすめられない状況がいくつかあります。例えばカフェインにとても敏感な方や、不眠症、うつ病、不安神経症、慢性疲労、乳腺線維嚢胞症、高血圧症を患う方にはおすすめしません。これらの症状を一つでも患う方が活力レベルを向上させようとする場合は、腎臓機能をサポートする上述のハーブによるアプローチがおすすめです。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症