beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

生理用品をオーガニックのものに切り替え

生理用品:材料は何?市販の生理用品は使っても安全でしょうか?店で目につく場所に陳列されている生理用品よりも優れたものを探すべきでしょうか?自分の体や地球環境にとってより良いものを使おうと心掛けている女性の皆さんには、 オーガニックの生理用品 をおすすめします。 

一般的な生理用品  vs オーガニックの生理用品

家庭用品や化粧品の原材料として使われている有毒なフタル酸エステルや香料などにたいする消費者の関心が現在強まってきていますが、他人の目に触れない生理用品の原材料にも注目する必要性が出てきたようです。

ほとんどの生理用品には綿が使われていますが、綿は栽培や収穫の過程で除虫剤をはじめとする薬品が使われています。また、見た目を清潔感がある純白にするために、そして衛生的な商品にするために、ほとんどの生理用品には漂白剤も使われています。生理用品は人生の中で長年頻繁に使うものなので、有害物質にさらされる機会を最低限に抑える努力の一環としてオーガニックのものを使うという選択肢があります。

また、化学物質は口からよりも皮膚から吸収されやすいので、ダイオキシンをはじめとする化学薬品が微量に含まれている生理用品を使用すると問題が起こるかもしれません。オーガニック食品を食べている方は、オーガニックの生理用品の良さに納得していただけると思います。

自然派志向の生理用品に対して専門家はどのように考えているのでしょうか?

 ハフポストの記事の中で、ジョセフ・メルコラ博士は生理用品について、「何年も定期的に使用し続けるものなので、“カチカチ動いている時限爆弾”のようなものだと私は思います。平均的なアメリカの女性が一生の間に使用するタンポンの数は16,800個にも及びます。エストロゲン補充療法を受ける女性は最多24,360個です」と述べています。

さらに、メルコラ博士は、「自分が口の中に入れないものは身に着けないようにしてください」とアドバイスしています。入浴用品や衛生用品にも同じルールを当てはめるべきです。 

どのようなものがオーガニック?

 製品がオーガニック認定を受けるには、除虫剤や遺伝子組み換え生物やその他の人工的な物質が使用されていないか、企業に対して様々なチェックが行われます。 米国農務省ではオーガニックであると認められる商品を次の3つのカテゴリーに分けています。

  • 100%オーガニック:原材料の100%がオーガニック
  • オーガニック:原材料の最低95%がオーガニック
  • オーガニックの原料を使用して製造:原材料の最低70%がオーガニックで、 残りの30%は厳しい制限が設けられた原材料

結論としては、敏感肌の人や、環境問題に対する意識が高い人、有害な化学物質を避けたい人は、オーガニックの生理用品を使うとより理想的であると考えられます。 オーガニックの生理用品 は、有害な化学物質の量が比較的少なくて(使われていたらのことですが)比較的肌に優しいのが特徴です。最後に一つ付け加えとなりますが、月経や生理用品に関する疑問や質問は医療従事者に相談すべきだということをお忘れなく。 

参考文献: 

  1. Mercola, J.; Women Beware:Most Feminine Hygiene Products Contain Toxic Ingredients; Huffpost.com Website
健康

風邪やインフルエンザの季節に備えて自然に免疫力を強化する5つの方法

健康

自然なストレス緩和に欠かせない製品5種

健康

中国伝統の薬用ハーブのトップ9