header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

免疫機能の低下

4月 26 2017

なぜ免疫機能は低下するのでしょうか?

免疫機能の低下とは、免疫システムが鈍くなったり、異常を表します。免疫システムの主な働きは体を感染から守り、がんを予防することです。免疫システムの改善は、病気への抵抗力を高め、風邪、インフルエンザ、がんを防ぐための最も大切なステップです。免疫システムの改善には健康を促進するライフスタイル、ストレス管理、運動、食事、栄養補助食品、植物療法が関わっています。

以下の質問に一つでも「はい」とお答えの場合は、免疫システムを改善させる必要があります。

  • 風邪をひきやすいですか?
  • 1年間に2回以上風邪をひきますか?
  • 慢性感染症に悩まされていますか?
  • よく寒さによる痛みを感じたり、性器ヘルペスにかかりますか?
  • リンパ腺に痛みを感じたり、腫れることがありますか?
  • 現在がんを患っている、または過去に患ったことがありますか?

反復または同時感染は、たとえ小さな症状であったとしても免疫システムの低下によって生じます。そうなると免疫システムの低下が感染を引き起こす、その感染によって免疫システムが低下するなど、克服するのが難しいサイクルに陥り、さらには抵抗力が弱まります。免疫システムを強化することで、このサイクルから抜け出せるようにします。

免疫機能が低下する原因は?

免疫システムの正しい作用は、人間の感情の状態、ストレス度、ライフスタイル、食習慣、栄養状態に大きく影響されます。免疫システムが低下する一番の原因は栄養不足です。たとえ一つの栄養素が欠乏していたとしても、免疫システムの低下に繋がることが数多くの臨床・実験研究によって証明されています。

免疫機能の低下に大切な栄養素は?

免疫機能が正しく作用するには、(1) 果物、野菜、穀物、豆、種、ナッツなどの自然食品が豊富、(2) 脂肪・砂糖が少ない、および(3) 過剰ではなく適度のたんぱく質を含む、健康的な食べ物が必要です。これらに加えて8オンスの水を5、6杯(できれば純水)、強力なマルチビタミン・マルチミネラルサプリメント、定期的に最低30分の有酸素運動と毎日5~10分のストレッチ運動、毎日の深呼吸とストレス解消運動、家族や友達との時間、毎日6~8時間の睡眠が必要です。

免疫システムにダメージを与える食物の一つに砂糖があります。ある研究によりますと、ブドウ糖、果糖、ショ糖、ハチミツ、低温殺菌オレンジジュースの糖にあたる部分を100g(およそ3.5オンス)を摂取しただけで、全てが白血球(好中球)が細菌を貪食して破壊する能力を大幅に低下させました。一方、100gのデンプンの摂取では何も影響はありませんでした。こういった影響は摂取してから30分以内に現れ始め、5時間以上持続しました。特に好中球活性は、摂取してから2時間後には少なくとも半減しました。好中球は循環する全白血球の60~70%を構成するので、その活性の障害が免疫機能の低下に繋がります。

免疫システムを強化する重要な成分にカロテンがあります。カロテン(およびその他の抗酸化物質)は、胸腺をダメージから守ることで免疫力を高めます。胸腺は、免疫機能の中で最も重要な器官です。ピンク色がかかった灰色の二つの柔らかい葉で、甲状腺の真下および心臓の真上にビブのように横たわっています。人間が生まれた直後に最大限の大きさとなり、成長するに従って小さくなっていき、退縮します。退縮する理由は、ストレス、薬物、放射線、感染、慢性疾患によって生じたフリーラジカルや酸化によるダメージをとても受けやすいからです。胸腺は、ダメージを受けると免疫システムを調整する作用が著しく損なわれます。

胸腺は、白血球の一種であるTリンパ球の生成など、免疫システムの働きにおいてたくさんの役割を果たします。また、サイモシン、サイモポエチン、血清胸腺因子など、免疫機能を調節する様々なホルモンを分泌します。これらのホルモンが少ない場合は、免疫力の低下や感染しやすさと関わります。通常、胸腺ホルモンは年配者、感染しやすい方、がんやAIDS患者、過度なストレスを抱える方でとても低い数値となっています。カロテンやその他の抗酸化物質は、フリーラジカルや酸化促進剤によるダメージを防ぎ、胸腺が最適に作用するよう補助する場合があります。

カロテンは、胸腺の保護以外にも各種白血球の作用を強化、およびインターフェロンなど免疫システムのメディエーターにおいて、抗ウイルス特性や抗がん特性を高めます。端的に言えば、カロテンが豊富な食べ物や飲み物は免疫力を高めると捉えられています。

カロテンの多い食べ物には緑黄色野菜、黄色やオレンジ色のかぼちゃ、ニンジン、ヤム、サツマイモ、赤ピーマン、トマトがあります。がん予防などの免疫機能は、アブラナ科(ブロッコリー、芽キャベツ、キャベツ、カリフラワー、コラード、ケール、カラシナ、ダイコン、カブ)、フラボノイドが豊富なベリー類、ニンニク、キクイモを摂ることで正しく作用します。

ヨーグルトは、ビフィドバクテリウム・ラクティスが多く含まれているものをたくさん摂る(何千食)ことで、免疫機能を高める効果があります。ビフィドバクテリウム・ラクティス入りのヨーグルトは、(ヘルパーや活発な)Tリンパ球およびナチュラルキラー細胞を増加させます。他にも免疫細胞の食菌作用を高めたり、ナチュラルキラー細胞が機能しないように侵入物やがん細胞を覆って破壊する効果があります。

免疫機能の低下に適した栄養サプリメントとは?

基本のサプリメント。良い免疫機能を保つには以下の3つの成分を含む製品が適しています。

強力なマルチビタミン・マルチミネラルの摂取は、不足している栄養素を特定するため、免疫システムのサポートにおいて一番始めに摂る栄養サプリメントです。どのような栄養素であったとしても、また、中でもビタミンC、E、A、B6、B12、および葉酸が不足している場合は、免疫機能が著しく低下します。特に大切なミネラル類は、亜鉛、鉄、セレンです。各栄養素には免疫機能を高める効果がありますが、中でもビタミンC、E、Aが優れています。

ビタミンD3は免疫機能に欠かせない成分です。血中のビタミンD濃度が38ng/ml以下の方は、これより高い方よりも上気道感染症を引き起こす可能性が2倍高まります。ビタミンDは、臨床試験で風邪やインフルエンザにかかるリスクを低めることが確認されています。最近の健康に詳しい専門家の多くは、体が最適なビタミンD値を保つため1日に2,000~5,000IUの摂取を提唱しています。

エキナセアは、300件以上の科学的調査で免疫機能に大きな効果が示されていますが、全ての臨床試験でポジティブな結果が得られているわけではありません。臨床試験で結果が一致しなかった理由として、活性化合物が足りなかった点が考えられます。特許取得済みで臨床的に認定済みのEchinamide®には、エキナセアが免疫システムに作用するために必要な、3種類のアクティブな化合物が豊富に含まれています。服用の際はラベルに記された指示に従ってください。

オウギ(アストラガルス)は風邪などのウイルス感染を治療する、中国では昔から使われている漢方薬です。中国で行われた臨床試験では、風邪の予防薬として効果があることが示されています。また、風邪を素早く治すために症状を短い時間で和らげる効果や、慢性的な白血球減少症(白血球の低下に伴う病気)において白血球を増やす効果が見られています。動物実験では、ゲンゲが免疫システムの様々な要素を刺激することが明確に示されています。詳しく言えば、ゲンゲは侵入する微生物や細胞の残屑を覆って破壊、およびインターフェロン(ウイルスと戦うために体から作られる天然化合物)の生成を促進するよう白血球を刺激します。服用の際はラベルに記された指示に従ってください。

ご注意:オウギはNatural Factors製のアンチV製品に含まれる主要成分の一つです。他にもEchinamide®、ロマティウム(ロマチウム・ディセクタム)、レイシ(マンネンタケ)、リコリス(スペインカンゾウ)が含まれています。服用の際はラベルに記された指示に従ってください。

Wellmuneはパン酵母から抽出された特殊なベータグルカン製剤で、様々な二重盲検試験において風邪やインフルエンザを予防するため、免疫機能を高めることが示されています。この実験で被験者は、500mgのWellmuneまたは偽薬を90日間、毎日摂り続けました。Wellmuneを摂り続けたグループでは、以下の結果が得られています。

  • 偽薬グループが風邪で仕事または学校を休んだ日数が1.38日間に対し、被験薬グループで休んだ人は一人もいませんでした。
  • 偽薬グループでは3.5件の発熱に対し、被験薬グループで発熱した人は一人もいませんでした。
  • 身体的エネルギーの増加および精神的な安定性を含むクオリティ・オブ・ライフの改善は、臨床的に実証されている健康度をチェックするアンケートによって測定されました。

マイタケ、シイタケ、レイシ、冬虫夏草などの薬用キノコには、免疫力を高める重要な成分が含まれています。これらが作用するにはベータグルカンが必要です。キノコに含まれるベータグルカンは、白血球の働きを活性化させることが様々な実験・臨床研究によって証明されています。服用の際はラベルに記された指示に従ってください。

プロバイオティクスとは、ラクトバシルやビフィズス菌などの菌株を含む、健康を促進するバクテリア製品を指します。これらは免疫力を高めるための貴重な製剤です。毎日、60億から120億CFU(コロニー形成単位)の生きた細菌を摂るようにしてください。

コメント

人間のムードや態度は、免疫システムの作用に大きく影響を与えます。結論として、免疫システムは私達が楽しくてポジティブに考えている時に作用が高まります。その一方で落ち込んでいる時は、作用が低下する傾向にあります。ストレスを抱えている、または落ち込んでいる場合、免疫システムを活性化させるためにサプリメントを摂るなど、意識的に取り組む必要があります。免疫システムの低下はストレスによって生じるだけでなく、ストレスが大きければ大きいほど免疫システムに与える影響も大きくなります。ネガティブな感情は免疫システムを抑制する一方で、ポジティブな感情は免疫システムを強化します。私が行った臨床試験では、患者が免疫システムの低下で苦しんでいる際には「好きなコメディアンは?」と問い、そのコメディアンが登場する映画やテレビショーを見るよう、処方箋にも書きました。結論として、免疫システムの改善にはよく笑うことが大切なのです。

推奨したものが正しく機能していることを知るには?

風邪や他のウイルスにかかりにくい、感染したとしてもすぐに回復、感染への抵抗力の上昇などが正しく機能している証です。

健康

時差ぼけの最中に健康を維持するためのヒント

健康

愛が込もったエッセンシャルオイルのブレンド

健康

イワベンケイ - エネルギーや脳機能などに役立つアンチエイジングアダプトゲン