beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

オーガニック美容製品で最高の気分と外観を楽しむ

8月 14 2019

この記事の内容:

オーガニック製品と聞くと、健康食品や飲料を思い浮かべることでしょう。しかし、「オーガニック 」という言葉は食品以外のものにも使われています。オーガニックの原料を使って健康的な化粧品やスキンケアローションを作ることもできるのです。

オーガニック美容製品は通常、農薬や他の添加物なしで栽培される天然の原料から作られています。適切なオーガニック化粧品を使うと、すべすべで輝くようなお肌に見せることもできます。このような製品は、倫理的な考えを持つ方だけでなく一般の消費者の方にも人気が高まっています。研究では、天然の美容製品を使用している人々のお肌は透明感が増し、柔らかくてなっていることが示されています。さらに、危険な化学物質などの毒素にさらされていないことも確信できるようになります。オーガニック製品は最高の美容習慣の中心的な役割を成すことが多いのです。

オーガニック美容製品の特徴とは?

一般に、オーガニックとは化学薬品、合成剤、添加物なしで作られた材料を示すために使用されます。食品業界とは異なり、オーガニック美容製品と呼ばれるものついての正式な定義はありません。オーガニックと言っても、異なる材料には異なる意味があります。当然のようですが、製品がオーガニック製品であるかどうかを判断する最も簡単な方法は、材料の供給源を調べることです。アルガンオイルアロエなどの植物が製品に含まれている場合、有機栽培の基準に従って栽培されていることを確認しましょう。

また、パラベン、界面活性剤などの一般的な化学物質や、発ガン性であるかもしれない他の成分を含まない美容製品をオーガニックと呼ぶ人も中にはいるのです。これらの有毒な合成化学物質を含まない天然の美容製品は、植物性またはミネラル由来の成分から作られているはずです。オーガニックと天然の美容製品は必ずしも同じではありませんが、この2つのカテゴリーには共通する要素が多いのです。ほとんどの天然美容製品のメーカーは、原料が有機栽培されていることを確認する努力を怠りません。

中には、倫理的に生産されていない美容製品はオーガニックではないと考える方もいます。これには、クルエルティフリーや適切な労働条件に従って製品が製造されていることなどが含まれます。また、原料は環境に優しい基準で栽培され、公正取引の取り決めを通じて購入されていることを意味する場合もあります。倫理的生産は厳密にはオーガニックの定義の一部ではありませんが、これらの基準を満たすために努力しているオーガニック美容製品のメーカーも少なくありません。

オーガニックの化粧品をお勧めする理由

オーガニック化粧品をお勧めする理由はいろいろあります。オーガニック製品は倫理的に生産されている可能性が高いので、環境を守りながら、動物、人々が害にさらされようにしていると感じる方も多いです。オーガニックの方法で製品を作る会社を応援したいと考えるためにオーガニック化粧品を選ぶ方もいます。

オーガニック美容製品をお勧めするもう一つの理由は、有毒で発癌性の化学薬品を含んでいる確率が少ないからです。ほとんどの非オーガニック製品には防腐剤としてパラベンかホルムアルデヒドが使用されており、これらの成分はさまざまなホルモン障害や異常に関連しています。美容製品に関するもう一つの問題は、先天性欠損症の原因となることがある染料化合物であるトルエンです。美容製品に従来使われてきた成分が原因で生じることがある健康上の問題には、喘息、甲状腺の問題、呼吸器系の問題と内分泌かく乱などがあります。

このような観念的や健康上の問題は、オーガニック製品を使うよい理由になると思います。しかし、たくさんの人々がオーガニック美容製品を選ぶのは、実際に質が優れているからです。これらの製品にはにきびの原因となるシリコーン、お肌をかさかさにする硫酸塩、お肌や髪の外観を実際に悪化させる他の成分がないことが多いのです。その代わりに、オーガニック美容製品には、ウィッチヘーゼルアロエシアバターなどのお肌を落ち着かせて潤いを与え、リフレッシュするのに役立つことが証明されている他の成分が含まれています。適切なオーガニック化粧品やスキンケアフォーミュラはお肌に健康的な輝きを与えます。

最高のオーガニックの化粧品を見つける

オーガニック化粧品を購入する際には、「オーガニック化粧品」に対する正式な規制がないことを必ず覚えておきましょう。そのため、天然またはオーガニックと書いてあるだけでその製品を選ぶのではなく、ブランドや原料について慎重に調べることが重要です。食品と同様に、National Organic Program基準またはUSDA(米国農務省)のオーガニック基準を満たす美容製品は、合成物質や化学物質を含まない原料を使用している可能性が高いです。少なくともオーガニック成分を95%使っている製品を探しましょう。

オーガニック化粧品を購入する際には、何が目的でその製品を使うのかを必ず考慮しましょう。スキンケアやメイクのニーズをすべて満たす万能の製品などありません。皮膚の厚さ、年齢、ライフスタイル、皮脂産生のレベルによって、お肌が必要とするオーガニック美容製品の種類に大きな違いが出てくるのです。肌質によって適切なオーガニック化粧品も変わってきます。

にきびができやすいお肌用のオーガニックスキンケア

にきびに対処する際に主に考慮すべきことには、炎症や感染症に対処することなどがあります。お肌を保湿するココナッツオイルホホバオイルセサミオイルラベンダーオイルを配合した製品は、お肌の水分バリアを修復するのにも役立ちます。大切なのは、毛穴を詰まらせる皮脂が過剰に産生されるのを防ぐことです。また、ティーツリーオイル柳の樹皮エキスが含まれている製品を探して皮膚の感染を防ぐこともお勧めします。ツボクサエキスビタミンCを配合した製品は、にきびがあるお肌の傷や赤みを抑えるのに役立ちます。にきびを隠したい人は、治癒効果のあるツクシイチョウ葉エキスを含む天然のコンシーラーを探してみましょう。

酒さのお肌に適したオーガニックスキンケア

酒さとは、何かに反応してお肌が真っ赤になってしまう皮膚の問題です。オーガニック化粧品やスキンケア製品のほとんどは、その症状を引き起こすことが多い化学物質を含まないのでお勧めします。特にお勧めするのは、次を含むスキンケア製品です:カモミールビタミンEカレンデュラ。これらの成分は酒さによる赤みを軽減することがあります。また、酒さがある方は紫外線を避ける必要があるので、酸化亜鉛、キャロットシードレッドラズベリーシードが入った天然のSPFでお肌を保護できるファンデーションや日焼け止めをお勧めします。

脂性肌のためのオーガニックスキンケア

従来のオーガニック以外の脂性肌用スキンケア製品は、顔から皮脂を取り除くものが多いです。しかし、これらの過酷な製品は天然の皮脂を顔から取り除いてしまうので、皮脂がもっと産生される結果になりかねません。この問題により効果的に対処するには、次を含む製品をお勧めします:活性炭、死海マッド、ラベンダーオイルクミンシードオイル。これらの成分は、お肌に潤いを与えながら毛穴から皮脂を取り除きます。脂性肌をよりマットな外観に見せたい場合は、亜鉛などの艶消し成分を含むミネラルパウダーをお勧めします。このような製品はお肌のテカリを抑えるのに役立ち、メイクを長持ちさせます。

乾燥肌のためのオーガニックスキンケア

お肌が乾燥して脱水状態になった場合は、天然のローションやクリームがとても役立ちます。シーバックソーン、マンゴーエキス、ボラージシードオイルなどの天然の製品は、毛穴を詰まらせることなくお肌をしっかり潤すことができます。紫外線によってお肌がガサガサして乾燥することが多いので次も強くお勧めします:オーガニックの日焼け止め。乾燥肌の方は、クリームアイシャドウ、リキッドファンデーション、、お肌に馴染むクリームブラシを使うとより効果的です。カルナバやビーズワックスを配合したオーガニック製品は、保湿しながら色を付けるという優れた効果があります。

敏感肌ためのオーガニックスキンケア

オーガニック製品をお勧めするもう一つの主な理由は、一般的に敏感肌に対処できるからです。敏感肌のスキンケア製品は、嚢胞性にきび、黒ずんだお肌やカサカサしたお肌など、色々な問題に対処するものでなければなりません。敏感肌の方によくあることは、特定のスキンケア成分を使うと問題が生じるということです。一般に、硫酸塩を含まないオーガニック製品を使うとこの問題が解決されることがよくあります。硫酸塩は敏感肌の根本的な原因であることが多いです。また、ホホバオイルアロエを含む製品は、お肌を落ち着かせて炎症を和らげるのに役立つのでお勧めします。

くすんだお肌に輝きを与えるオーガニックスキンケア

お肌の老化やくすみが気になる場合は、次をお勧めします:角質除去。定期的な角質除去により、古くなって不必要な皮膚細胞を取り除くことができます。こうすることで、皮膚の奥に隠れている新しい細胞が見えるようになります。シンプルで天然のシュガースクラブも効果的かもしれません。しかし、今では繊細の顔のお肌を強く引っ張らずに穏やかに古い細胞を除去する酵素剥離剤を選ぶ方が多くなってきています。美白と角質除去の効果を同時に得るには、パンプキンパパイヤ藻類のエキスを含む製品をお勧めします。

美容

レチノールの代わりに使える敏感肌用の製品

美容

適切なハンドサニタイザーの選び方

美容

暑い季節にぴったりな毎日のスキンケア