夏になると屋外での活動が増えるものです。そこで今回は、自然な方法で健やかな肌を保ち、日光を浴びた肌を癒し、重度の日焼け(皮膚が赤く火照って炎症を起こした状態のサンバーンすなわち日光皮膚炎)を防ぐ方法についてご説明します。

‌‌‌‌重度の日焼けが及ぼす影響

日焼けとは放射線による火傷であると聞くと驚く方がほとんどですが、その言葉に嘘はありません。

毎日地球を照らす日光は、太陽から放出されるさまざまなエネルギー線の一種です。この他にも、太陽が放つエネルギーには、X線、ガンマ線、紫外線などがあります。紫外線A波と紫外線B波はそれぞれUVAとUVBとしても知られており、総称してUVR(Ultraviolet radiation、紫外線放射)と呼ばれることもあります。

紫外線の中には、大気中のオゾン層を通過して、ヒトの表皮(皮膚の最も外側を覆う組織)を透過するものもあります。これは人体にとって好都合です。というのも、紫外線は、免疫機能、気分、骨の健康に極めて重要な栄養素であるビタミンDの生成を助けるためです。他にも、紫外線はβ-エンドルフィンの分泌を助けます。β-エンドルフィンは、気分向上を促進する他、痛みを和らげ、多幸感をもたらす神経伝達物質です。

ただし、紫外線の欠点は、長時間浴びると、細胞をはじめ、DNA(デオキシリボ核酸)やRNA(リボ核酸)にダメージを与えることです。(例えば、日焼け対策をせずに直射日光の下で昼間長時間過ごした場合など要注意です)。

特にUVAは、表皮組織と真皮(表皮の内側にあり、皮膚組織の大部分を占める)組織内でフリーラジカル(酸化物質)を生成し、それが細胞膜を酸化させ、ダメージを与えてしまいます。この酸化ダメージは、細胞のシグナル伝達を阻害し、体内に酸化ストレス環境を作るため、徐々に心臓、血管、脳などの器官に悪影響を及ぼすことになります。これはどう考えても好ましくない状況です。

日焼けによる皮膚の赤みやダメージは、実は放射線による火傷の赤みやダメージと同じものなのです。要は、日焼けとは、DNAやRNAが損傷し、体内にフリーラジカルが増えすぎていることを知らせる体からのメッセージと言えるでしょう。つまり、日差しを避け、肌を回復させ、今後外出する際は日焼け対策に手を抜かないように体が訴えているのです。

日焼けした肌の回復を促す天然成分

よく「治療より予防」と言われるように、日焼けしてしまった後で肌のダメージを抑えようと苦労する前に、やはりまずは徹底して日焼けしないことが賢明です。一度日焼けのダメージを受けてしまったら、どんなに多くの外用剤を塗ったり経口剤を摂取しても肌を完全に回復させることはできません。そこで、ここでは日焼けのダメージを防ぐ方法をいくつか挙げてみたいと思います(中には、意外なヒントもあるかもしれません)。

アロエベラ

アロエベラは、日焼けして火照った肌を鎮めるのに使われる植物療法として特によく知られている植物ではないでしょうか。アロエは、肌を冷やし、抗酸化物質で回復を助けるという2つの働きで日焼けのダメージを緩和すると考えられています。いわば、アロエは絆創膏のようなもので、傷を治すわけではありませんが、患部が自然に治癒するまでの間、皮膚を保護するのに役立ちます。肌に塗るアロエ製品を選ぶなら、オーガニックのものか、添加物が少なく無香料のものが良いでしょう。なお、アロエには紫外線保護作用がないため、日焼け止めとしては使用しないでください。また、日に当たる前に使用しても日焼けの可能性を減らすことはできません

創傷治癒作用のあるハーブオイル&クリーム

傷や炎症を治癒させる効果のあるハーブは、皮膚を保護するバリアとして機能したり、治癒に欠かせない栄養素を皮膚組織に届けることで、火傷や傷を負った皮膚の回復を促します。その一例として、キンセンカ(カレンデュラ)のクリームは創傷治癒作用のあるハーブ製品の代表的なもので、火傷した肌の回復を早める働きがあります。他にも、コンフリー(ヒレハリソウ)ゴツコラ(学名 Centella Asiatica、ツボクサ)などのハーブを使ったクリームに同様の効果が期待できます。

さらに清涼感がほしい場合は、これらのクリームやオイルを冷蔵庫に入れて冷やして使ってはいかがでしょうか。ひんやりと冷たい製品を肌に塗った時のクールダウン効果で、ヒリヒリした日焼けの痛み緩和が図れます。

セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)も創傷治癒作用のあるハーブであり、オイルタイプの製品を塗布することであらゆる種類の火傷の治癒に役立ちますが、一つ重要な注意点があります。日に当たる前はセイヨウオトギリソウのオイルを塗らないでください。このオイルを塗って太陽に当たると、短時間で重度の日焼けを起こしやすくなります。セイヨウオトギリソウのオイルを塗る場合は、必ず夜、日焼けした患部に塗り、数時間後に洗い流します。こうして、次に日光を浴びる前に、肌についたオイルをしっかりと落とすことが肝心です。

日焼けを防ぐ方法

日焼けを防ぐことは、紫外線による肌のダメージを回避する上で何よりも重要です。そこで、科学的エビデンスに基づいたお勧めの日焼け対策をご紹介しましょう。

UVインデックス(紫外線指数)を参考に有害な紫外線を避ける

地表に届く紫外線の量は、1日を通して一定のパターンで変動します。特に夏を中心に、気象庁が気温や風向などと共に毎日発表するUVインデックスを参考に紫外線量を把握すると良いでしょう。UVインデックスは0〜10(日本の気象庁では通常1〜11)の数値で示されます。数字が大きくなるほど紫外線が強く、0の場合はその瞬間に紫外線が地表に届いていない状態を表します。

一般に、紫外線量が最も多いのは昼間(10〜16時)であることから、この時間帯に直射日光に当たるような活動はなるべく避けるように心がけましょう。気象情報アプリや各地域の天気予報サイトなどでその日のUVインデックスを確認し、できればそれに合わせて活動を計画したり、服装を決めてみてはいかがでしょうか。

UVインデックスは季節や雲の状況によって変化するため、憶測で決めつけないことが大切です。例えば、散歩やランニングをするなら、天気予報を確認して、日差しが弱い早朝や夕方以降など、UVインデックスが2以下の時間帯を選ぶようにしましょう。その場合でも、日差しには十分注意し、外出時にはUVカット効果のある衣類を着用するなど、最低限の日焼け対策は必要です。言い換えれば、UVインデックスが0の時間帯を選ぶことで、紫外線遮断効果のある衣類などを着用する必要がなく、好きなだけ外出できるようになります。一方、UVインデックスが8以上の日中に外出を計画してしまうと、日焼け止めを何度も塗り直したり、早めに日陰や屋内に移ったり、終始UVカットの衣類や帽子などを着用しなければなりません。

UVカット効果のある衣類で紫外線を遮断

化学物質を肌に塗布することなく、自然に紫外線の影響を抑えられる遮光は優れた予防策であり、物理的な日焼け対策の一つです。帽子(キャップ、バケットハット、つば広ハットなど)、長袖シャツ、長ズボン、日傘の他、木陰や建物の陰などは、いずれも遮光することで直射日光から肌を守ります。研究によると、日陰に立つ(紫外線95%減)、日傘をさす(約80%減)、帽子をかぶる(15〜75%減)ことで、肌に届く紫外線の量を(完全にカットすることはできませんが)減らすことができます。とはいえ、一日中屋外で過ごす方は、たとえ日傘のように物理的な日焼け対策グッズを使っていても、すべての紫外線を完全に防ぐわけではないため、日焼け止めを塗ることをお忘れなく。

抗酸化物質の摂取(ただし、日焼け予防のためではありません)

ここ最近、抗酸化物質が日焼けによるダメージから肌を守るという話をよく耳にするようになりました。私の患者からも、上記のような物理的な日焼け止めローションや遮光グッズを使う代わりに、いわゆる「飲む日焼け止め」を摂取しても良いかと聞かれます。ただ、残念ながら答えはノーです。では、その理由をご説明しましょう。

人体は、オメガ3や抗酸化物質を豊富に含む植物性食品を摂取することで細胞膜の修復が促進され、健康を増進するようにできています。細胞膜は、運動や呼吸といった日常の活動により、常にダメージを受けています。多少のダメージを受けるのは自然なことであり、健康的な食生活を送っていればそのようなダメージを修復しやすい体になります。つまり、日光を浴びても浴びなくても、健康維持のためには毎日十分なオメガ3と抗酸化物質を摂取することが重要なのです。

ただし、抗酸化物質やオメガ3は、放射線などの有害な酸化ストレスへの曝露を防ぐことも、そのような曝露によるダメージから細胞を完全に守ることもできません。それは、太陽の下で長時間過ごしていると、体が本来処理できる範囲を超えた放射線負荷がかかってしまうためです。いくら毎日緑茶を飲んでいても、熱い鍋を触った時に起こる火傷の予防を期待できないように、緑茶に含まれる抗酸化物質で日焼けを防げるとは思わない方が賢明です。

抗酸化物質はケミカル系の日焼け止めの効果を高めやすく、何もしないよりは、強い日光により肌が炎症を起こすまでに数分長くかかるかもしれません。それでも、抗酸化物質の摂取量を増やしたからといって日焼け止めが不要になるわけでも、長時間太陽の下で過ごして良いわけでもありません。抗酸化物質の摂取と日焼け対策は別問題なのです。

ところで、日焼け止め剤が開発される以前は、健康的な食生活が日焼け予防に役立っていたという話を聞いたことがありますが、それがすべてとは言い切れません。まず、地球のオゾン層は、人類史上のほとんどで基本となる重要な日焼け止めの役割を果たしていましたが、近代における人間の活動と環境破壊により、過去2世紀でオゾンが減少しています。オゾンは紫外線を吸収して大気中で分解しますが、このオゾンが減少すると、地表に届く有害な紫外線が増えることになります。従って、自然食品だけではこの異常な紫外線量から完全に身を守ることはできないのです。

さらに、かつて人類はほぼ1年中屋外で過ごしていたため、日光に当たった肌のメラニン量が徐々に増えていき、それが夏の盛りを迎える頃には自然な日焼け防止となって肌を守っていました。一方、現代人は屋内での生活が中心で、適度に太陽光を浴びた小麦色の肌で夏に備えることが少ないため、メラニンによる自然な保護ができていないままいきなり海水浴に出かける人が大半ではないでしょうか。私達の肌が紫外線によるDNAやRNAの損傷を受けやすいのも、夏以外の日照時間が短い地域にメラノーマ(悪性黒色腫=あくせいこくしょくしゅ)のような皮膚がんが多いのもそのためです。

ここまで栄養や日光曝露についての見識を深めたところで、健康全般、特に肌の健康に有益な特定の抗酸化物質があることがわかりました。

抗酸化物質含有のスキンクリームを使用する

緑茶入りのクリームの他、緑茶に含まれるカテキンの一種であるEGCg(エピガロカテキンガレート、別名 没食子酸エピガロカテキン)配合のクリームは、肌に抗酸化物質をはじめ、コラーゲン形成の前駆体や水分を与えることで、肌の健康を促進すると考えられています。緑茶とEGCgを含むクリームを使用した研究によると、日に当たる前に塗ると、紫外線によるダメージを抑えるのに役立つというエビデンスがあります。これを普段の生活に取り入れるには、緑茶またはEGCgクリームを夜はナイトクリームとして、朝はSPF(紫外線防御指数)入りの日焼け止めの前に下地として塗ると良いでしょう。このもうひと押しの保護が、負担をかけずに肌を健やかに保ちます。

ビタミンCビタミンEのクリームも、日焼けのダメージに対する肌本来の保護力を高める上で、ある程度の能力があることが研究で示されています。今回、iHerbのメイクアップエキスパートであるカイリー・ホーキンス氏の協力を得て、これらの製品の使用方法をおさらいしてみました。というのも、ビタミン配合のクリームを使うのは日光に当たる前か後か、タイミングを判断するのが少々難しいからです。例を挙げると、ビタミンCは光や熱に弱い傾向にあるため、ビタミンCの美容液を使用する場合は夜だけにして、翌朝は日に当たる数時間前に美容液を洗い流すことをお勧めします。一方、ビタミンE配合のクリームなら日に当たる前でも使用でき、併用する日焼け止めの保護効果を高める働きがあります。その上、ビタミンEはエモリエント(皮膚の水分蒸散を防いで柔軟にする)効果が極めて高いため、乾燥肌の潤い強化にも期待できます。

日焼け止めを塗る

SPFを含む製品は、日常的に日焼けを防ぐ上で欠かせません。下地クリームをはじめ、ファンデーションや保湿クリームなどにもSPFが含まれているものが数多く販売されていますので、春から夏にかけて使用することをお勧めします。

ただし、日焼け止めの効果が持続するのはせいぜい2時間程度のため、朝塗っても日中に何度か塗り直すことが大切です。また、顔だけでなく、手足や首なども日焼け止めローションを使って紫外線のダメージから保護することをお忘れなく。

日焼け止めローションには、大きく分けて物理的な作用のフィジカルサンスクリーン(いわゆるノンケミカル。紫外線散乱剤)と化学的に作用するケミカルサンスクリーン(紫外線吸収剤)の2種類があります。

  • フィジカルサンスクリーン(紫外線散乱剤)は有害な太陽光線を反射する働きがあり、一般に亜鉛やチタンなどのミネラルまたは金属が多く含まれています。どちらかを選ぶとしたら、亜鉛配合の日焼け止めをお勧めします亜鉛は、体内で毎日多くの化学反応に使用されているミネラルであり、免疫系に重要な栄養素だからです。一方、チタンは必須栄養素ではなく、肝臓で解毒され、腎臓と消化器系によって排出される必要があります。チタン入りも悪くはないのですが、ミネラル系の日焼け止めを愛用する方は、チタンよりも亜鉛を選ぶ方が賢明でしょう。
  • ケミカルサンスクリーン(紫外線吸収剤)は、紫外線を熱に変換して皮膚から放出する働きが特徴です。塗りやすいスプレー、ローション、オイルなどが販売されており、ミネラルタイプにありがちな白浮きや顔色の悪さが起こりにくいというメリットがあります。なお、海で泳ぐ予定がある方は、「海に優しい」または「サンゴに優しい」と銘打ったメーカーの製品を選ぶようにしましょう。ケミカルサンスクリーンがサンゴ礁に悪影響を及ぼしているというエビデンスがあるためです。できれば、海に行かない時はケミカル系の日焼け止めを使い、海に入る日はミネラルベースの日焼け止めを全身に使うと良いでしょう。

このように、日焼けして火照った肌を鎮める方法や、肌を保護しながら太陽の光を満喫する方法は多数あります。それでは、安全で楽しい夏をお過ごしください。

参考文献:

  1. Backes, Claudine, et al. “Facial Exposure to Ultraviolet Radiation: Predicted Sun Protection Effectiveness of Various Hat Styles.” Photodermatology, Photoimmunology & Photomedicine, vol. 34, no. 5, 31 May 2018, pp. 330–337, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29682802/, 10.1111/phpp.12388. Accessed 28 May 2021.
  2. Corrêa, M. P., et al. “Changes in the Total Ozone Content over the Period 2006 to 2100 and the Effects on the Erythemal and Vitamin D Effective UV Doses for South America and Antarctica.” Photochemical & Photobiological Sciences, vol. 18, no. 12, 2019, pp. 2931–2941, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31696195/, 10.1039/c9pp00276f. Accessed 28 May 2021.
  3. Driscoll MS;Wagner RF. “Clinical Management of the Acute Sunburn Reaction.” Cutis, vol. 66, no. 1, 2021, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/10916693/, . Accessed 28 May 2021.
  4. HOLICK, MICHAEL F. “Biological Effects of Sunlight, Ultraviolet Radiation, Visible Light, Infrared Radiation and Vitamin D for Health.” Anticancer Research, vol. 36, no. 3, Mar. 2016, pp. 1345–1356, ar.iiarjournals.org/content/36/3/1345.long. Accessed 27 May 2021.
  5. McCusker, Meagen M., and Jane M. Grant-Kels. “Healing Fats of the Skin: The Structural and Immunologic Roles of the ω-6 and ω-3 Fatty Acids.” Clinics in Dermatology, vol. 28, no. 4, July 2010, pp. 440–451, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20620762/, 10.1016/j.clindermatol.2010.03.020. Accessed 28 May 2021.
  6. Puvabanditsin P;Vongtongsri R. “Efficacy of Aloe Vera Cream in Prevention and Treatment of Sunburn and Suntan.” Journal of the Medical Association of Thailand = Chotmaihet Thangphaet, vol. 88 Suppl 4, 2015, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16623024/, . Accessed 27 May 2021.
  7. Saric, Suzana, and Raja Sivamani. “Polyphenols and Sunburn.” International Journal of Molecular Sciences, vol. 17, no. 9, 9 Sept. 2016, p. 1521, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27618035/, 10.3390/ijms17091521. Accessed 28 May 2021.
  8. Saric-Bosanac SS;Clark AK;Nguyen V;Pan A;Chang FY;Li CS;Sivamani RK. “Quantification of Ultraviolet (UV) Radiation in the Shade and in Direct Sunlight.” Dermatology Online Journal, vol. 25, no. 7, 2019, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31450273/, . Accessed 28 May 2021.
  9. Silva, Mariane Arnoldi, et al. “Anti-Inflammatory and Antioxidant Effects of Aloe Saponaria Haw in a Model of UVB-Induced Paw Sunburn in Rats.” Journal of Photochemistry and Photobiology B: Biology, vol. 133, Apr. 2014, pp. 47–54, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24681774/, 10.1016/j.jphotobiol.2014.02.019. Accessed 27 May 2021.