checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

アレルギーを自然に緩和する方法

5月 22 2019

ビーナス・ラモス医学博士

この記事の内容:

季節の変化は、天候や木の葉の色の変化だけでなく、他の要素ももたらします。季節性アレルギーを患う人は世界中で何億人もおり、くしゃみ、鼻づまり、副鼻腔炎、涙目などの悪化した症状をもたらします。

ドラッグストアには数多くのアレルギー薬がありますが、その症状を緩和する自然な方法もあるのです。しかし、その前にアレルギー反応のメカニズムを理解することをお勧めします。それから、症状だけでなくアレルギー反応の原因にも対処する効果的で包括的な計画を立ててみましょう。

通常は無害である物質に免疫系が過剰に反応するとアレルギーが発生します。免疫系は通常、ウイルスやバクテリアなどの有害な病原体に存在するタンパク質(抗原と呼ばれる)を認識する抗体を作ることによって体を保護します。普通の状態では、多くの良性物質が問題なく体に入ることができます。アレルギーがあると、これらの同じ物質の一部が抗原として識別され、抗体を生成するように体に信号が送られます。そして、これらの抗体は特定の細胞に刺激性のアレルギー症状の原因となる可能性を持つ化学物質であるヒスタミンとロイコトリエンを放出させます。

アレルギー症状を自然に緩和するもの

以下のサプリメントは、アレルギー症状を自然に緩和するのに効果的なことがあります。

オメガ3脂肪酸

EPAとDHAは強力な抗炎症性であるオメガ3の特定の種類です。食物源にはオキアミ油とグラスフェッドの肉と卵が含まれます。標準的な西洋食にはオメガ6脂肪酸が含まれすぎていることを考えると、オメガ3を補給すると免疫反応が緩和され、アレルゲンに対する感受性が低下することがあります。典型的な摂取量:1日あたりEPAとDHAを1〜1.2グラム。

ケルセチン

抗酸化物質ケルセチンはフラボノイドとして分類され、ヒスタミンの放出を妨げると考えられています。これは、果実、紅茶、皮つきのリンゴ、赤玉ネギ、アブラナ科の野菜(例えばブロッコリーやカリフラワー)などの植物性食品に自然に含まれています。また、ケルセチンのサプリメントもあります。季節性アレルギーになりやすい場合は、サプリメントの効果が出るまでに時間がかかるため、春が来る数週間前に飲み始めてください。典型的な摂取量:200〜500mgを1日3回。

西洋フキ

西洋フキのハーブ(Petasites hybridus)は、季節性アレルギーを緩和する可能性があることが示されています。研究者らは、ロイコトリエンとヒスタミンによるアレルギー反応の活性化を妨げる化合物をフキの中で識別しました。典型的な摂取量:1日100mg。

西洋フキには肝臓や腎臓に有毒であり、癌の原因となる可能性があるピロリジジンアルカロイドが含まれるので、そのまま使用しないでください。市販の西洋フキ製品からはアルカロイドの多くが取り除かれています。

西洋フキはブタクサ科に属するため、ブタクサ、デイジー、マリーゴールド、キクにアレルギーがある場合、このハーブは使用しないでください。

ブロメライン

ブロメラインはパイナップルに含まれるタンパク質の消化酵素で、サプリメントとしても利用できます。粘液を破壊し、気道組織の腫れを減らすのに役立つ抗アレルギーと抗炎症特性があります。典型的な摂取量:500mgを1日3回。

ビタミンC

免疫系を高める能力で一般的に知られているビタミンCも天然の抗ヒスタミン薬です。ヒスタミンの放出が抑制されるので、鼻の腫れと分泌が減ります。典型的な摂取量:1日あたりの合計2グラム。

リンゴ酢

リンゴ酢のフェノールは、免疫系をサポートできる抗酸化特性をもたらします。その効果を支持する人たちは、リンゴ酢と大さじ1杯の新鮮なレモン汁を入れた水をコップ一杯の水を飲んだ後に水で口をすすいで歯のエナメル質への損傷を防ぐことを勧めています。

アレルギーの根本原因

症状を緩和することでアレルギーの季節をより快適に過ごせるようになりますが、長期的な解決策が必要な場合は、アレルギーの根本的な原因に対処することが重要です。

消化機能障害

消化器機能障害は免疫系に大きな影響を与えることがあります。免疫系の80%が腸にあると推定されています。腸が不均衡な状態にあると、体の免疫機能に影響が及ぶのでアレルギーが生じる場合があります。そのような不均衡には、腸内の微生物の集まりであるマイクロバイオームが不均衡である場合があります。

マイクロバイオームには、病気になる可能性がある悪玉菌と、悪い細菌を抑制できる物質を分泌する善玉菌が含まれます。このような細菌のバランスが崩れると、悪玉菌の繁殖や免疫系の潜在的な問題の原因となることがあります。

プロバイオティクスとしても知られている善玉菌をより多く摂取すると、マイクロバイオームのバランスを回復するのに役立つことがあります。プロバイオティクスは、食品(キムチ、ヨーグルト、紅茶キノコ、ザワークラウトなど)やサプリメントから追加することができます。研究によると、アレルギーの季節にプロバイオティクスを補給した人は、症状を引き起こす抗体のレベルが低いことが証明されています。

ストレス

ストレスは免疫反応との関連性が強いです。体がストレス状態になると、コルチゾールやアドレナリンなどのホルモンが放出されます。また、このホルモンはアレルギー反応に対抗する役割をします。慢性的にストレスを受けると、体はこれらのホルモンにさらされ過ぎることがあり、アレルギーに対処する力が減ってしまいます。

運動、瞑想、深呼吸などのライフスタイルの要素に加えて、アダプトゲンを補給するとストレス管理に役立ち、免疫機能が最適化されます。アダプトゲンにはアシュワガンダマツブサ属とイワベンケイなどがあります。

栄養不良

栄養不良で免疫機能が変わることがあります。免疫機能不全になると体が病原体に感染するリスクが高くなり、アレルギーになりやすくもなります。ビタミンDは免疫機能にとって重要な栄養素の良い例と言えます。ビタミンDは強力な免疫調節剤で、免疫系が正しく機能するようにさまざまな免疫細胞のバランスを取り戻します。

ビタミンDの 最も自然な供給源は日光です。しかし、日光に十分に当たっていない場合、サプリメントで補給すると良いかもしれません。ビタミンD評議会(Vitamin D Council)は、1日5000IUのビタミンD3が摂取できる経口サプリメントを勧めています。そして、医学研究所(Institute of Medicine)は、ほとんどの成人にとって安全な摂取量として4000IUまでを推奨しています。本当に重要なのは健康的なビタミンDの血中濃度を維持することです。これは、25-ヒドロキシビタミンDテストで確認できます。50〜70 ng/mlの測定値を維持すると免疫機能が最適な状態になります。

健康

アダプトゲン、ストレス管理と健康

健康

肝臓の健康を自然に改善する方法

健康

アミノ酸についての究極のガイド