beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

暑い季節にぴったりな毎日のスキンケア

7月 26 2019

この記事の内容:

一般的なスキンケアは、暖かい季節には問題となることが多いです。穏やかなクレンジングUV保護水分補給、そしてマットなお肌にすることにフォーカスした製品に変えるとスキンケアの効果が高まるかもしれません。

暖かい季節がお肌に与える影響

暖かい季節に向けてスキンケアを計画するには、暑い日には実際に肌がどうなるのかを理解しなければなりません。暖かい季節にはお肌がベトつきやすくなり、にきびや変色も生じやすくなることが多いのです。この原因は、体を冷やそうとして血流が増加されることにあるかもしれません。お肌を保護しながら体全体の熱を下げるために、暖かい季節には汗と皮脂が過剰に産生される場合があります。

もう一つの大きな影響は太陽そのものにあります。気温が上がると日が長くなるため、お肌にダメージを与える可能性がある紫外線にさらされる機会も増えます。日光によってビタミンDが生成されるので役立つこともあるのですが、皮膚細胞がかなり傷ついてお肌のきめが悪くなり、変色するかもしれません。

暖かい季節に合わせてスキンケアを変える方法

毎日のスキンケアを急に変えると、実際にはにきびや炎症などの問題が発生する可能性があることに注意しましょう。お肌を調整する時間が十分にあるように、1週間のうちに追加したり使用をやめたりするのは1つの製品のみにしてください。

スキンケアを決定する前に大事なことは、お肌の性質はそれぞれ異なるということです。すべての人に適した製品などはありません。オールインワンの美容製品を見つけようとする代わりに、人それぞれのニーズに対応する製品の組み合わせを選ぶことをお勧めします。ここでは、暖かい季節によくある問題を解決するのに役立つ美容製品をご紹介します。

1.暖かい日でもお肌のテカリを防ぐ

暖かい季節には顔の汗や皮脂が多くなることがあります。この問題に対処するにはいくつかの異なる方法があります。>脂性肌の方には、お肌の余分な皮脂を取り除く穏やかな顔用石けんを探すことをお勧めします。冬によく使用されるべとつきがちなクリームの代わりに、ホホバオイルなどのさらっとした製品で水分補給をすると良いでしょう。

お肌のテカリを防ぐメイクには、ルースミネラルパウダーをお勧めします。天然のミネラルパウダーはお肌のテカリが始まる前に皮脂を吸収します。そのため、顔のお肌を一日中なめらかに保つことができます。外出先で顔のテカリが気になったら、お肌をマットに見せるフェイスワイプをお勧めします。ウィッチヘーゼルなどの成分で皮脂をやさしく取り除き、お肌をマットに仕上げる製品を探しましょう。

2.皮脂を制御する製品でニキビを予防

暖かい季節には皮脂がより多く産生されるので、吹き出物が出るリスクも高まります。このため、アルガンホホバなどの非コメドジェニックオイルから作られたクレンジングオイルを試すことをお勧めします。この種類のクレンザーは、通常の石けんよりも穏やかで毛穴を詰まらせません。クレンザーのオイルが顔の皮脂と結合してそれを取り除きます。

ニキビ予防をさらに強化するには、ティーツリーオイルウィッチヘーゼルハチミツなどの抗炎症成分と抗菌成分を含むトーナーをお勧めします。これらは石けんで洗顔してモイスチャライザーを塗った後のお肌をさらに整えるのに役立ちます。すでにある吹き出物には、サリチル酸を含むニキビ治療用の製品や、他の天然のニキビ治療の製品をお試しください。

3.水分補給してお肌を冷房から保護

お肌のベトつきと発汗は暖かい季節に生じるいやな問題の一部ですが、寒い環境も問題になることがあります。これはエアコンを使う季節に起こるものです。エアコンは空気から湿気を取り除くので、お肌も脱水状態になってしまうことがあります。効果的なボディバターを使うと、乾燥した環境の中で膝や肘のかさつきを防ぐことができます。唇が乾燥したり皮が剥けたりしないようにするには、ビーズワックスなどの保湿成分で作られたリップクリームを選びましょう。

4.紫外線から保護する日常的な唇ケア

暑い日が続く季節は紫外線にさらされることも多くなるので、大事なお肌を日光から保護することをお勧めします。問題は日焼けだけではありません。日光に少し当たるだけでも皮膚細胞にダメージが及ぶことがあるので、徐々にコラーゲンの濃度が低下して新しい細胞の産生を遅らせることがあります。暖かい季節に生じるお肌のガサつきやシワ、変色などの問題の多くは、日光が原因なのです。

プールサイドで腕と脚を日焼けから守るには、酸化亜鉛から作られ固形のオーガニック日焼け止めを使いましょう。しかし、顔の保護には毛穴を詰まらせない日焼け止めが必要なので、見つけるのがちょっと難しくなります。この場合にも酸化亜鉛はお肌の保護に優れています。しかし、お肌をもっと健康にするためには、レッドラズベリーシードオイルシアバターアロエを含む製品を探すことをお勧めします。

5.暖かい季節でも角質除去でお肌のくすみを予防

暑い季節には角質除去を絶対にお忘れなく。角質を除去すると乾燥した皮膚や紫外線のダメージを受けた皮膚が取り除かれ、その下にある健康な細胞が現れます。パパイヤ、パンプキンや藻類のエキスが入った製品には、角質を優しく取り除くのに役立つ酵素が含まれます。角質除去が必要なお肌をきれいにする製品には、砂糖オーツ麦などが入ったものもあります。

6.化粧崩れしないメイクを探す

スキンケアがどんなに優れていても、暑い日の化粧崩れは避け難いものです。顔には皮脂と水分が多いので、メイクを長い時間つけたままにしておくと、メイクが剥がれたりべとついたりして崩れ始めることがあります。この問題に対処するには、メイクを少なめにつけることをお勧めします。例えば、顔全体にファンデーションを塗るのではなく、シミなどの部分のみを隠すように塗ることもできるのです。

メイクの下地としてプライマーを重ね塗りすると、さらにメイクが長持ちするようになります。アロエ、米澱粉、ホホバエステルが入ったプライマーを使うと、メイクを長持ちさせる下地になります。

7.こんがり日焼けしたお肌を楽しむ

いつものスキンケアを少し変えるだけで、かなりの効果が期待できるものです。暖かい季節のお肌に合ったスキンケアを使うと、元気でみずみずしいお肌に見えるようになります。そのため、たまには新しいメイク製品を加えて普段と違うルックスを楽しむとよいでしょう。マイカとサンドストーンが入ったブロンザーで、プラスチック製のグリッターを使うことなくきらきら輝くお肌に。アイシャドウなら、日焼けしたお肌を際立たせるゴールドとブロンズの輝かしい色合いが楽しめるクルエルティフリーですべて天然の製品もたくさんあります。癒し力のあるリップクリームにはザクロやビートなどの天然着色料で作られたものもあり、有毒な化学物質なしでも色鮮やかな唇に。

美容

くつろぎの自家製オートミールバスで、荒れた肌を緩和

美容

自分の肌に最適なクレイマスクとは?

美容

自家製マスクで目のクマとむくみを解消