beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

ブラシをナチュラルに掃除する方法

3月 7 2018

自家製のメイクアップブラシクリーナーを使って、ニキビを防ぎましょう。

化粧をすることで必ずしもニキビができてしまう訳ではありません。しかし、ブラシを定期的に掃除していない場合は化粧が害になってしまうことがあります。汚れたブラシにはバクテリアがつき、それが肌に移ることでニキビが広がってしまうかもしれません。

ブラシの毛が汚れると肌に悪いだけではなく、ブラシにも悪い影響を与えます。化粧品の残留物が徐々にたまっていき、それが繊維を破壊してしまう可能性があるのです。定期的に掃除されていないブラシと比べ、キレイに手入れされたブラシは長持ちするのはそのためです。

また、キレイなブラシの毛は汚れたものに比べていい働きをします。残留物のたまったブラシを使っていると、パウダーを顔に満遍なく広げにくくなります。きれいなブラシを使った方が化粧にムラがなくなるのです。

肌をキレイに保ちながらブラシの状態を維持し、化粧パウダーのムラをなくすためには、メイクアップブラシを12週間に1回掃除する必要があります。自家製の溶剤を使ってブラシを殺菌し、掃除しましょう。

材料

作り方

  1. アルコール、オリーブオイル、石鹸、ティーツリーオイルを8オンス(約240ml)のガラス容器に入れてください。かき混ぜるか、容器を回して混ぜてください。
  2. 水を加えます。容器を振って完全に材料を混ぜてください。
  3. できたものを容器の中に保管して下さい。
  4. このクリーナーは使用前に振って混ぜてください。
  5. メイクアップブラシを掃除する際はまずクリーナーを浅い皿に入れてください。ブラシをクリーナーにさっとつけます。この時、クリーナーの水位がブラシについている毛の部分より高くならないように注意してください。ブラシを下向けにして、きれいな水で軽く洗い流してください。毛を優しく絞り、ブラシを平らな所において乾かしてください。
美容

くつろぎの自家製オートミールバスで、荒れた肌を緩和

美容

自分の肌に最適なクレイマスクとは?

美容

自家製マスクで目のクマとむくみを解消