beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

適切なハンドサニタイザーの選び方

8月 2 2019

ハンドサニタイザーは伝染性の細菌の拡散を防ぐのに役立ちますが、その多くには体に良いよりも害があるかもしれない過酷な化学物質が含まれています。このため、市販の製品に代わる天然の代替品を探す人が多くなりました。それぞれのハンドサニタイザーについての事実を把握するには、ラベルを読むことが重要です。

ハンドサニタイザーの有害成分

ハンドサニタイザーには過酷な化学物質がたくさん含まれている場合がよくあるので、そのメリットを疑う人も少なくありません。これらの化学物質は、アレルギー反応、体の自然な免疫系の損傷、乾燥肌、ホルモン不均衡などを引き起こすことがあります。プロピレングリコールやエチルアルコールなどの成分は、発ガン物質であることもわかっています。米国の連邦医薬品局は、ハンドサニタイザーに含まれるいくつかの有害成分を禁止する過程にあります。特にサニタイザー製品に添加されるトリクロサンは、近年は論議の的となっています。しかし、多くの悪い化学物質はまだ禁止されていません。ハンドサニタイザーを購入する前に成分表を読むことが重要なのはこのためです。避けるべき他の成分には、産業用洗剤に使用される過酷な化学物質であるラウリル硫酸ナトリウム、そしてコールタールから作られる合成着色料などがあります。少なくとも穏やかで天然成分を使ったアルコールフリーのサニタイザーを探しましょう。

天然とオーガニックのハンドサニタイザー

「天然」と宣伝されるハンドサニタイザーは多いですが、これは微妙な言葉です。すべて天然成分だと考えられているサニタイザーの多くに有害成分が含まれているかもしれず、より求めやすい価格の製品よりもそこまで優れていないこともよくあります。一部のメーカーは、すべての製品がオーガニック認定されていない場合でもこの言葉を使っているため、オーガニックという表示にも気をつけなければなりません。成分表を確認すると、実際にどの成分が天然またはオーガニックであるかを把握できるようになるでしょう。オーガニック成分はすべて包装に明記されているべきです。

ハンドサニタイザーのラベルを読む

ハンドサニタイザーの購入前にラベルを読むと、その製品の成分をしっかり理解してから購入を決定することができます。しかし、すべての成分を常に記載する必要はないのです。香料の供給源とトリクロサンの添加は、そのハンドサニタイザーが完全に安全かどうかを確認するために調べなければならない情報の一部です。米国食品医薬品局のホームページには既知の発がん物質のリストが必ず示されているので、消費者は避けるべきハンドサニタイザーの成分を確認することができます。

皮膚は敏感です。そのため、市販のハンドサニタイザーの90%以上に含まれる有害な化学物質には絶対に触れないようにしましょう。常にラベルを読み、製造メーカーが消費者に気づいて欲しくない過酷な化学物質が含まれているか確認しましょう。探してください。数あるサニタイザーの中には、皮膚は清潔にして体は健康に保つことができる良質なものもあります。天然・オーガニックのハンドサニタイザーは健康に良い影響を与えます。ちょっと調べるだけで、体に良くて害を及ぼさないサニタイザーを見つけることはできるのです。

美容

オーガニック美容製品で最高の気分と外観を楽しむ

美容

レチノールの代わりに使える敏感肌用の製品

美容

暑い季節にぴったりな毎日のスキンケア