checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

高血圧を「ビート(克服)」する

6月 26 2017

6000万人以上のアメリカ人が高血圧(高BP)で、65歳~74歳のアメリカ人の半数以上(54.3%)と、同年齢層の黒人アメリカ人の約3/4(71.8%)がそこに含まれます。高血圧は、心臓麻痺や脳卒中の主要リスク要因です。実際、最も重大な脳卒中のリスク要因として一般的に考えられています。 

最近、生のビートジュースを飲むと、臨床的に意味のある血圧低下をもたらすことがいくつかの研究によって明らかになりました。 

背景情報: 

ビートジュースは、何世紀にもわたって人気のある民間療法です。主な効果は肝臓障害でしたが、最近は抗がん作用と健康的な心臓機能の促進が認知されています。

 芳醇で深紅色がかっている紫色をビートに与える色素ベータシアニンは、強力な抗がん薬であり、天然の硝酸塩は、心血管系に有益な効果を与えると考えられています。これまでの研究で次のことが明らかになっています。

  • 新鮮なビートジュースを1日に454 ml飲むだけで、健常な被験者において最大で10 mm Hg血圧が有意に低下する。
  • ビートジュースは、摂取後わずか1時間以内に血圧が低下し、3~4時間でピークドロップが生じる。
  • 血圧の低下は、果汁に含まれる食事性硝酸塩の化学成分亜硝酸塩によるものである。
  • 全身循環が生じると、亜硝酸塩は、血管を取り囲む細胞によって酸化窒素(NO)に変換される。NOは、強力な血管拡張作用があり、それによって血圧の低下が生じる。
  • ビートジュースを飲むことは、硝酸塩を豊富に含む食事を多く摂るよりも、血中亜硝酸塩値の上昇に大きな効果がある。 

新しいデータ: 

メルボルンにある、ベイカーIDI心臓・糖尿病研究所で行った研究では、男性15名女性15名が、ビートとりんごのジュース(ビート 72%、りんご28 %)500 gを含むビートジュース飲料500 mlまたはプラセボジュースどちらかを飲みました。参加者は、自由血圧計を使って、血圧をベースライン時とジュース摂取後24時間で1時間ごとに測定しました。これと同じ測定を2週間後に繰り返しました。最初の試験でプラセボを飲んだ人は、2回目はビートジュースを飲むというように、ジュースを逆にして測定しました。結果は、ビートジュースを飲むと、わずか6時間後に収縮期血圧が平均4~5ポイント低下しました。この効果の意義は次の通りです。ビートジュースを飲むと、脳卒中と心臓発作の割合が約10%低下する可能性があります。寿命に関し、毎年アメリカで約6万人の命が助かることになります。 

参考:

  1. Coles LT, Clifton PM. Effect of beetroot juice on lowering blood pressure in free-living, disease-free adults: a randomized, placebo-controlled trial. Nutrition Journal 2012;11:106 doi:10.1186/1475-2891-11-106
症状

9つの自然な不安軽減法

症状

DHEA、テストステロンおよび加齢に伴う認知機能低下と認知症

症状

抜け毛対策に自然なアプローチ