header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

気管支炎の民間療法

6月 28 2017

気管支炎は、気管支(気管)から肺への通路、気管支の感染または炎症を意味します。この疾患は、冬に一般的で、通常風邪のような上気道感染が生じます。米国胸部専門医学会の公式学術誌Chestは、2006年、「急性気管支炎は、かかりつけ医および救急医が診断する最も一般的な疾患である」と報告しました。 

気管支炎の時は抗生物質治療を医師に求めたくなるかもしれませんが、抗生物質は、この疾患に対し有効な選択肢ではないことに注意することが重要です。Chest誌の2006年のレビューによると、「急性気管支炎への抗生物質治療の広範な使用は正当ではなく、この治療方法を縮小する積極的取り組みが必要だ」としています。

幸いなことに、いくつかの民間療法を使用し、気管支炎やその他の気道障害を緩和することができます。

気管支炎の症状 

気管支炎の兆候には、咳、震え、悪寒、発熱や胸部の痛みなどがあり、通常風邪が先行します。肺炎も持続性の咳がありますが、浅い呼吸や異常呼吸音のような肺が関与する標準的兆候があるため、気管支炎とは異なります。さらに、胸部X線では肺に流動体やリンパが確認できます。気管支炎と肺炎を区別することは難しいので、肺炎を示すような肺の不調がある、または咳が1週間以上続く、再発する、高熱、発疹または持続性の頭痛を伴う場合は、医師にご相談ください。 

気管支炎は、特にウイルスやバクテリアなどの様々な微生物によって発症することがあります。健常な人の場合、気管支炎は、風邪やインフルエンザのような免疫系の不調、喫煙や有毒ガスの吸引、ガンによって発症することがあります。 

実証済み、正当な民間療法 

気管支炎、副鼻腔炎や肺炎の発症における主な治療の目的の1つは、肺や気道から余分な粘液を取り除くことです。今でも驚異的な効果を発揮する体位ドレナージと呼ばれる昔からの治療方法があります。気管支炎患者には、気管支炎が消散するまで1日2回これを行うことを提案しています。 

湿布、お湯のボトルや辛子湿布を胸部に20分以内使用するのも良いでしょう。辛子湿布の作り方は、乾燥マスタード小麦粉を1対3の割合混ぜ、それに水を加えペースト状にします。ペーストを薄手の綿布(古なった枕カバーで十分です)やチーズクロスに広げ、折りたたみ、胸に置きます。長時間放置するとマスタードによって炎症が生じるので、時々湿布を確認しましょう。 

ホットパックや湿布の使用後は、顔をベッドの方に向けて、上腕を支えにしながら上半身をベッドから離し体位ドレナージを行います。この姿勢を5分~15分維持し、咳をしながら痰を床に置いた洗面器や新聞紙に吐き出しましょう。 

瓶吹きとソルトパイプ 

1997年にScandinavian Journal of Infectious Diseasesに発表されたスウェーデンの研究は、肺炎で入院していた145名の成人を調査しました。患者に、1日10回起き上がり、プラスチックチューブで10mlの水が入ったボトルに1回に20の泡を吹き起こすよう指示したところ、入院期間が短縮しました。別の研究も、この方法によって、冠動脈バイパス手術を受けた患者の肺機能障害が改善し、全肺気量が向上することを明らかしました。瓶吹きや管楽器の演奏のようなそれと同様の活動は、呼吸器感染を発症しやすい患者における気管支炎や肺炎の頻度や期間を低下させる方法として有効であることが示されています。

瓶吹きとは別の方法にソルトパイプの使用があります。このパイプは、少量の塩粒子を含む吸引タイプの機器で、呼吸が楽になると言われています。この治療の発祥は中央ヨーロッパで、呼吸器官に不調がある人が塩洞窟や採掘場で過ごすと、呼吸器の問題が解消したそうです。

粘液溶解薬 

気管支炎になった場合、粘液溶解薬を使って粘液分泌の質を向上し、痰を外に出すことが重要です。最も有効な2つの方法を次に紹介します。 

  • グアイフェネシンは(グリセリルグアヤコール塩としても知られる)、ブナの木から分離した誘導体化合物です。多くは市販薬として購入できます。 
  • N-アセチルシステイン(NAC)は、急性と慢性の肺疾患治療における粘液溶解薬として広範囲に使用されてきました。NACは、全ての肺と気道障害、特に慢性的気管支炎と慢性閉塞性肺疾患に有効です。研究によると、気管支と肺機能を向上し、咳を止め、血中酸素飽和度が高くなることが明らかになっています。39件の試験の詳細な分析によって、プラセボと比較し、経口投与NACは慢性気管支炎が悪化するリスクを低減し、患者の症状を改善すると結論づけました。NACの通常投与量は、200 mgを1日3回です。 

去痰薬と免疫システムのサポート

 漢方薬は、体をサポートして気管支炎の症状を予防し緩和する最も良い方法の1つです。漢方も、粘液の量を増加し、粘性を低下させ痰を外に出す去痰薬として機能します。一般的に使用される去痰薬は、スペインカンゾウ(リコリス)、ペラルゴニウム・シドイデス(南アフリカゼラニウム)、ヘデラ・ヘリックス(セイヨウキヅタ)とセイヨウミザクラの樹皮等があります。 

最適な免疫機能には、フルーツ、野菜、穀物、豆類、種子やナッツのような生の未加工食品等の健康的な食事も重要であることを忘れないでください。免疫機能を高めるために、脂肪や精製糖の消費を減らし、1日に230mlの水(できる限り純水な濾過水)を5~6杯は飲むようにしましょう。

これらの気管支炎治療によって、咳のような重症な症状の緩和が開始48時間以内に確認できるはずです。症状の改善がなければ、医師にご相談ください。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症