header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

秋に行うヘルシーなキッチンのデトックス

11月 15 2017

著:セーラ・ベイカー(CHN)

季節が変わる度に私が絶対やりたいと思うことは… キッチンのデトックス。

暖かくなり始めると誰もが大掃除をしたり、新陳代謝に活を入れる目的で季節の変わり目に新しい旬の食材で体をクレンジングしたりしますが、キッチンも手厚く面倒を見る必要があります。季節が変わるから家の大変重要な場所を「リセット」させるという感覚で行ってください。

秋は変化の季節です。学校は新学期が始まり、家では押し入れから寒い季節向けの服を出して夏服をしまいます。秋は新たなスタートを感じる時期なので、この雰囲気を活かしてキッチンを頑張って大掃除するのは良いアイデアだと思います。

ジャンクフードや不用品を処分すれば、キッチンの中でヘルシーな食生活のインスピレーションとなる空間を作ることができ、悪の誘惑に負ける可能性が低くなります。新しいクレンジングダイエットを始めようとしている時期に絶対避けたいことは、ポテトチップスやクッキーが「食べて!」と訴えている様子をキッチンで目にすること。なので、このシンプルなクイックガイドで、秋のデトックス方法をぜひ学んでください。

まずは大きなゴミ袋を2枚用意してください。ヘルシーなライフスタイルにふさわしくない食品を誰かにあげるために1枚、賞味期限が切れた食品の処分のためにもう1枚。

キッチンのデトックスのルール

加工食品を処分して、その代わりにホールフードや加工の少ない食品をキッチンに蓄えるようにします。加工食品のラベルを読んでみてください。読み方がわからないものや正体が不明な原料はありませんか。不明なものはネットで検索してください。砂糖や余計な混ぜ物であることが判明したら、その食品は処分しましょう!

また、食品の原料は量が多い順に表示されているということを覚えておくと便利です。例えば、キッチンの棚にあるピーナツバターのラベルにある原材料リストの2番目か3番目にピーナツが記されているとしたら、そのピーナツバターにはピーナツよりも余計な混ぜ物がたくさん入っていることになります。

キッチンのデトックスの際に覚えておくべきその他のルールは、食品棚、冷蔵庫、冷凍庫などにあるパッケージを全てチェックして、古いものや期限切れのものは捨てること。6か月以上放置されているものは、捨てたり誰かにあげてください(食品だけでなく、野菜の水切り器やその他のキッチン道具も)。これで日々の生活に有用な物を置くスペースを確保できます。

エリア別のデトックスのガイドライン

まず初めに: 食品棚のメークオーバー

最初に、棚にあるアイテムをくまなくチェックして、余計な原料や訳の分からない原料が使われている食品を処分します。本気でヘルシーな生活を送りたいのであれば、次のものを含む食品をすべて捨てて、ヘルシーなものを代わりに使ってください。

トランス脂肪、飽和脂肪、水素添加油(硬化油)は捨ててください。脂肪について言いたいことは山々あるのですが、このような種類の脂肪の摂取が健康悪化の原因となります。もう一つ述べておきたいのは、飽和脂肪は全て同じ性質であるとは限らないことです。加工食品や脂っこい料理に含まれている飽和脂肪は避けるべきです。しかし、ココナッツオイルなどから採れる飽和脂肪には健康効果があるという結果の学術研究を基にアドバイスをしているヘルスエキスパートも大勢います。なので、マーガリン、ショートニング、菜種油は捨て、その代わりにオリーブオイルココナッツオイルアボカドオイルなどを使ってみてください。

もう一つの捨てるべき食品は砂糖。棚にある砂糖の袋を処分するのはもちろんのことですが、ソースドレッシングなどの加工食品にも砂糖が入っていることもお忘れなく。おやつやお菓子などに甘さを足したい時には、ココナッツシロップ、ココナッツシュガー、オーガニックの未加工ハチミツなどの天然甘味料を使ってください。

食品棚での交換:

棚にある精白穀物食品(小麦粉、パン、パスタ、シリアルなど)を以下の食品に換えてください。

上記の食品やその他のヘルシーな常温保存食品については、このページをご覧ください。

次にすべきこと: 冷蔵庫と冷凍庫のデトックス

冷蔵庫や冷凍庫の中身をチェックして賞味期限切れの食品を処分してから、新鮮なオーガニックの旬の生鮮食品を入れてください。鮮度を長持ちさせるために、私の家では発芽穀物入りのパンや穀物は冷蔵庫で保存しています。以下が冷蔵庫によくある食品の種類別のアドバイスです。これでキッチンがさらにヘルシーになります。

タンパク質:

動物性たんぱく質を食べる方は、牧草飼育牛をはじめとする倫理的な環境で育てられた動物のオーガニックの肉をいつも選んでください。ベジタリアンやビーガンの方は、テンペや豆腐などを常備してください。

乳製品:

私は乳製品に弱い体質なので、乳製品が原因で胃腸の具合が悪くなったり粘液の過剰分泌を起こしたりすることがあり、牛乳やチーズは控えています。これが理由で私の冷蔵庫には、乳製品の代用として、アーモンドミルク、ココナツミルク、乳製品不使用のチーズやスプレッドがいつもたくさんあります。

ヘルシーな定番調味料:

調味料には、栄養価が全くないもの、かさ増し用の混ぜ物、添加物などが原料としてよく使われています。しかし、マスタードマヨネーズケチャップなどは、身体に良い天然の原料を使用したヘルシーなものも数多く販売されています。

最後に: 掃除用品のデトックス

デトックスの仕上げとして、掃除用品環境に優しいナチュラルで安全なものに替えてください。私のように掃除好きの方は、毒性のない化学物質不使用の製品を使えば長期的な健康保護対策となるでしょう。調理台や木製のフローリングなどをきれいにするには、お酢、水、お気に入りのエッセンシャルオイルのミックスを使うのをおすすめします。万能洗剤や食器用洗剤をはじめとする日常使う製品のヘルシーな代用をお探しの方は、このページをご覧ください。

キッチンのデトックスを行う際、「これには栄養がある?」と常に問いながらヘルシーな食品を探してください。クッキーやポテトチップスに出くわしても、栄養価なしの買うべきでないものだとラベルが答えてくれるので、ヘルシーで美味しい他の物を買う確率が高まり、健康への努力を挫折なしで続けられるようになります!

栄養

風味豊かなスパイスブレンドで冬を暖かく

栄養

辛い食べ物に含まれるカプサイシンが健康にもたらすメリット

栄養

体を冷やさないようにする4つのビーガンスープのレシピ